INTERVIEW

ART ROCK No.1

MUSIC 2016.03.01 Written By Dino

京都の変わった通り名ランキングがあるとすればそこそこ上位に食い込んできそうな麩屋町通と三条通が交わったところから南に少し歩いて行くと現れるビルの四階に位置するのがART ROCK No.1だ。

 

品揃えは基本的には新譜と中古買取の二本柱で、最近は徐々に新譜よりも中古買取の方が増えてきているらしい。アンビエントなどのジャンルに力が入っているが、基本的には幅は広く、ドメスティック・インディーなんかも多数取り揃えている。最近はレコードブームもあり若い女性のお客さんも増えているそうだが、「どんなお客さんでも何か発見できるお店でありたい」、と店主の村松さん。そんな彼が僕らに勧めてくれたのは”Twigs&Yarn”の『still forms drift』だ。 生楽器と電子音のバランスも良く、ポップすぎず微睡みながら聴ける良質なアンビエント・ミュージックだ。

 

好立地で商品数も多く、夜10時までと遅くまで営業しているので、仕事帰りや学校帰りにふらっと立ち寄って好みのアイテムを見つけて帰るにはもってこいなのではないだろうか。

ART ROCK No.1

住所

京都市中京区麩屋町通三条下る白壁町442 FSSビル4F

定休日

無休

営業時間

12:00~22:00

電話番号

075-212-0113

HP

http://www.artrock-1.com/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ASAYAKE 01 – S S W
REVIEW
揺らぎ – Still Dreaming, Still Deafening
INTERVIEW
京都シネマ
SPOT
革工房Rim

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…

INTERVIEW
南堀江Knaveに人が集まる理由 – 真面目と誠実さが生んだライブハウスの在り方

今年で22年目になる〈南堀江knave〉(以下、〈Knave〉)。過去にはハンブレッダーズ、ヤバイT…