カルト映画研究会

COLUMN
【カルト映画研究会:第8回】オンリー・ゴッド(Only God Forgives)

それはなぜか?なぜならそれらの暴力には「正当性」という免罪符が与えられているからである。『ドライヴ』…

COLUMN
【カルト映画研究会:第7回】デュエリスト/決闘者(The Duellists)

『エイリアン』(1979)『ブレードランナー』(1982)の監督として有名なリドリー・スコット劇場映…

COLUMN
【カルト映画研究会:第6回】ベニスに死す(Death in Venice)

名匠ルキノ・ヴィスコンティ監督の代表作にして耽美映画の金字塔、『ベニスに死す』。この回はゲストスピー…

COLUMN
【カルト映画研究会:第5回】断絶(Two-Lane Blacktop)

アメリカ映画に見る若者と車の切っても切れない関係 …

COLUMN
【カルト映画研究会:第4回】エクス・マキナ(Ex Machina)

AIが人類の能力を超える特異点がこれから来るかどうか、というのをシンギュラリティ問題という。わかりや…

COLUMN
【カルト映画研究会:第3回】ライフ・アクアティック(The Life Aquatic with Steve Zissou)

今は大変な世の中である。COVID-19による世界的な疫禍で誰もがナーバスになっている。自分勝手な行…

COLUMN
【カルト映画研究会:第2回】ドニー・ダーコ(Donnie Darko)

カルト映画の文脈は時代性とリンクしており、表現や動機もそこから読み解ける部分も大きい。あらゆる情報が…

COLUMN
【カルト映画研究会:第1回】2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)

カルト映画の文脈は時代性とリンクしており、表現や動機もそこから読み解ける部分も大きい。あらゆる情報が…

MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
キュレーター
フラスコ飯店 編集長 川合 裕之
100人程度の主観なら、たった1冊の客観で瞬殺。思います、思います、思います。なあんて語尾ばかり散らかさないのが文筆家の仕事。筆を握る前から勝負が決まっている。