COLUMN

“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞

特集『言葉の力』の企画「#テーマで読み解く現代の歌詞」。サブスクリプションでのリスニング・ライフが主流となる中で、歌詞を見ながら音楽を聴くことが以前と比べて少なくなった気がする。逆に気になった楽曲を調べて歌詞を見ることは増えた。つまり「歌詞を味わう」ことがより能動的な行為になってきているのかもしれない。ならばいっそ、その能動性にフォーカスして、歌詞を軸にして現代の音楽を紐解いてみようじゃないか。

 

本企画では8人のライターがそれぞれ現代のポップ・ミュージックの歌詞を捉えるためのテーマを上げ、それを象徴している4曲と共に解説してもらった。

MUSIC 2021.05.20 Written By マーガレット 安井

2010年に生まれたtofubeatsの“水星”は閉鎖的な空間でスマートフォン1つあれば、無限の世界へと飛び立てると歌った。そしてこの曲の根源には彼の住んでいたニュータウンが存在する。tofubeatsは2018年のインタビューでもニュータウンについて「ネガティブなイメージと隣り合わせの感じがある」と語っていた。たしかに建物の老朽化や、居住者の高齢化などの問題を抱えてはいる。しかしニュータウンにポジティブな光を当てるような音楽が近年も登場しているのも事実だ。

 

例えばayU tokiOの“恋する団地”は東京の巨大ニュータウンでの彼女との生活をカラフルに描く。横浜の港北ニュータウンを遊び場とし、この場所で育ったメンバーもいるSuchmosの“Pacific”は〈cityなんかよりtownだろ 日に焼けた肌で歌うんだろう〉と自分たちが住む郊外を肯定的に歌う。関西のズッコケ3人組、アフターアワーズは“ニュータウン”で哀愁も交えながらもエモーショナルにニュータウンでの思い出を歌に乗せる。

 

ニュータウンについて考える時、私は、岡崎京子の『リバース・エッジ』と宮藤官九郎の『木更津キャッツアイ』を想像する。『リバース・エッジ』が郊外の閉鎖的で、つながりの薄い世界を描いたのに対し、『木更津キャッツアイ』は郊外での仲間たちとの理想郷的な生活を描き出した。そう考えた時に、tofubeatsは『リバース・エッジ』、ayU tokiO、Suchmos、アフターアワーズは『木更津キャッツアイ』の視点でニュータウンを捉えている。つまりニュータウンは理想郷でありながら閉塞的で居心地の悪さも共存した“歪な町”であるのだ。そしてその歪さゆえ、多くのアーティストを虜にしているのではないか。

 

そういえば2019年にtofubeatsが上京した。これについて彼はコメントを出してはいないが、上京する前に「ニュータウン育ちをいかに手札として使うか考えたい」と朝日新聞のインタビューで答えている。ひょっとすれば彼は離れた地点で、第三者的にニュータウンを捉えたいのではないだろうか。“水星”が更新される日も、そう遠くはないのかもしれない。

tofubeats “水星 feat.オノマトペ大臣”(2012年)

2008年ごろにtofubeatsはTwitterでニュータウンポップの定義を「友達が多くない・いなさそう」「最低限のポップさと物悲しいメロディの同居」と語っていたが、まさにそれを体現させた音楽こそ、“水星”であった。〈めくるめくミラーボール乗って水星にでも旅に出ようか〉と閉鎖的な世界でもインターネットさえあれば、生きづらさから抜け出せる。tofubeatsの体験談的なこの曲を聴きながら、岡崎京子の「平坦な戦場」を彼も感じていたのではと考えてしまう。

ayU tokiO “恋する団地”(2014年)

東京都でも屈指の巨大ニュータウンである光が丘団地(光が丘パークタウン)。そこでの恋人との生活を描いた作品がayU tokiOの“恋する団地”である。「赤いポスト」「黄色いイチョウの葉」と光ヶ丘団地に実際ある情景を色彩豊かに描いていく。その書き方はニュータウンをtofubeatsが描いた閉鎖的なニュータウンの姿とは違った理想郷的な姿を私たちに見せてくれる。

Suchmos “Pacific”(2015年)

Suchmosの音楽は“STAY TUNE”をはじめとして都市への批評的楽曲が多かった。また彼らの活動拠点も地元神奈川から東京へは移さなかった。そう考えた時に“Pacific”における〈cityなんかよりtownだろ〉という言葉は自分たちの遊び場であるニュータウンだと容易に変換できる。その姿は宮藤官九郎が木更津という郊外をテーマに、生き生きと開放感満ちて描かれた『木更津キャッツアイ』のことを思い浮かべてしまう。

アフターアワーズ “ニュータウン”(2017年)

ロックのもつ熱量と、ブルースの持ついぶし銀な味わいを醸し出す大阪の3ピース・バンド。大阪モノレールの車窓から流れる風景を見ながら、過去に思いをはせる本作は過去の自分と今の自分を対峙させることで自分が生活したニュータウンでの生活を描き出す。そういえば本作の歌詞に〈君を連れ去っていった星が今夜もきれいに見えるよう〉とあるが、〈めくるめくミラーボール乗って水星にでも旅に出ようか〉と歌う“水星”を聞いた後だと、「逃避する者」と「とどまり続ける者」の対比にも聞こえて面白い。

「#テーマで読み解く現代の歌詞」の記事に登場する楽曲プレイリスト

 

 

WRITER

RECENT POST

REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【カルト映画研究会:第9回】華氏451(Fahrenheit 451)

SF映画でしばしば使われるサブジャンルの「ディストピア」。理想郷を意味する「ユートピア」の対義語であ…

REVIEW
くるり – 天才の愛

〈愛って何?歌にして判るの?〉と“ラブソング”をメジャーデビューシングルのカップリングで歌っていたこ…

COLUMN
【2021年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
YMB 作品ガイド 2014~2020

3rdアルバム『トンネルの向こう』をリリースしたYMB。宅録、アコースティック・ユニット、バンドと紆…

REVIEW
YMB – トンネルの向こう

ここには〈人生はトントン拍子〉(“人生は”)といく達観した能天気さもなければ、“君が一番”や“若いふ…