REVIEW
満ち汐のロマンス
EGO-WRAPPIN'
MUSIC 2020.10.14 Written By マーガレット 安井

時代が生んだ無国籍ポップス

音楽誌『snoozer』の2002年4月号で『98年の世代』という特集があった。特集されていたアーティストは、くるり、SUPERCAR、NUMBER GIRL、中村一義の4組。全員が98年頃にデビューし、名付けられたが同雑誌の編集長であった田中宗一郎は後に『くるりの一回転』のレビューにて、彼らは積極的に過去の海外の音楽作品を聴きこみ、参照し、自らのアティチュードとして作品へと反映していったと語っている。またその要因として、90年代半ばにCDショップが一般化し、アナログ・レコードでは手に入らなかった膨大な過去の名盤がCDで一斉に復刻され、誰でも気軽に手に入るようになったからだ、とも言及している。

 

しかし海外の過去の作品が簡単に手に入るということとは、日本の過去の作品も手軽に入るわけであり、この時代以降、昭和歌謡のエッセンスを感じるアーティストも増えてきた。大阪出身のEGO-WRAPPIN’もそのアーティストの一組だ。中納良恵(Vo)と森雅樹(Gt)の2人により1996年に大阪にて結成された音楽ユニットで、結成時から関西を中心に活動をし、 現在は拠点を東京に移している。彼らの音楽はブルースや、ボサノバ、ジャズといった音楽に影響を受けたサウンドであり、特に『BLUE SPEAKER』(98年)はその色を濃く感じる作品だ。だが彼らは自身のサウンドに飽きたらず、キャバレー音楽や昭和歌謡を自分たちの音楽として融合。その結晶がミニ・アルバム『色彩のブルース』(2000年)として顕在化する形となった。

EGO-WRAPPIN’独自の音楽を軸に昭和歌謡を足すスタンスは、当時としては珍しかった。同時期だと椎名林檎も昭和歌謡の影響を色濃く受けているが、彼女の場合は昭和歌謡を軸にオルタナティブ・ロックをミクスチャーしている。しかしEGO-WRAPPIN’はそもそもミクスチャーされた音楽にキャバレー音楽や昭和歌謡を足す。それにより彼らのサウンドは昭和歌謡ぽいが、よくよく聴くとひとつのジャンルとしての形容が困難で、新鮮な音に溢れたポップミュージックであった。

 

この『色彩のブルース』が全国のラジオ局にてオンエアされ、外資系レコード店のインディーズ・チャートで1位を獲得する。その後ポリドールにてメジャー・デビューし、メジャー第1弾となったフルアルバム『満ち汐のロマンス』(2001年)で、彼らはさらにジャンルレスな路線へと舵を切った。

 

 

 

そうかと思えば表題曲であり本作唯一のアコースティックナンバー“満ち汐のロマンス”では悲しげな歌詞の中にボサノバを入れ込む。鈴木清順監督の映画『ピストルオペラ』の主題歌であり、中納のパンキッシュな歌声と血沸き肉躍る演奏が素晴らしい“サイコアナルシス”に感じるのはスカやパンクなどのエッセンス。その他にもスウィング、ロカビリー、ジプシージャズ、R&B、ハワイアン、ロック・ステディなど、さまざまな音楽要素が本作には詰め込まれている。

それが咀嚼され、昇華された後に繰り出すサウンドはなじみがあるのに、類似したバンドがみつからない、まさに無国籍ポップスというべき音楽に仕上がっている。このアルバムがリリースされて以降、クレイジーケンバンド、椿屋四重奏、フジファブリックなど、昭和歌謡を参照したバンドが次々と現れた。しかし、EGO-WRAPPIN’のように参照する音楽の一つとして日本の歌謡曲を影響を受けながら、どこの国にも存在しない無国籍ポップスに昇華した音楽は日本のみならず海外を見渡しても存在しないのではないだろうか。また本作はセールス面でも、オリコン週間チャートトップ10に入りし、彼らの音楽が大衆へ受け入れられたことを証明していたようにも思える。

 

本作以降、『Night Food』(2002年)ではラテン音楽やトイボックスなども使用し、『merry merry』(2004年)では80年代ニューウェーブを取り込むなど、彼らは編成、ジャンルにとらわれずに雑食性に磨きをかけている。98年の世代以降のミクスチャーサウンドを作り上げたバンドは数多くあれど、そのなかで異端児として他の追随を許すことなく、無国籍ポップスをメジャーの第一線で発信し続けてきているEGO-WRAPPIN’。その原点として『満ち汐のロマンス』は記録に残すべき作品だ。

 

満ち汐のロマンス

 

 

アーティスト:EGO-WRAPPIN’

発売:2001年5月30日

 

収録曲

 

1.かつて..。
2.Room #1102
3.サイコアナルシス
4.Crazy Fruits
5.Calling me
6.満ち汐のロマンス
7.KIND OF YOU
8.Wherever You May Be
9.PARANOIA

WRITER

RECENT POST

REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…

INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌

平成生まれのシンガーソングライター・鈴木青(すずきじょう)。2018年から年に1作のペースで作品を作…

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…