REVIEW
You / うたを歌えば
MASS OF THE FERMENTING DREGS
MUSIC 2020.06.11 Written By マーガレット 安井

MASS OF THE FERMENTING DREGS を最初に観てから、もう10年以上の月日が経過した。記憶が曖昧な部分はあるが、FUJI ROCK FESTIVAL ‘07の”ROOKIE A GO-GO”に出演した神戸出身の3ピースバンド、それくらいの知識しか持たずに観たライブは今でも色濃く印象に残っている。轟音で渦巻くギターと、力強いドラムビート。そして、攻撃的でありながらグルービーなベースラインと、そこに融合する宮本菜津子(Vo / Ba)の伸びやかでハリのある歌声が魅力的なバンドであった。

 

それからも僕は彼女たちを観にライブハウスへ行き、2012年に活動休止をした時には悲しみに浸り、2015年に活動再開した時には喜びに打震えた。そして時は流れて2020年。7インチ・レコードのシングル『You / うたを歌えば』を買った僕は、家に帰りすぐレコード・プレイヤーで本作を聴いた。

宮本の落ち着いた歌声と抑制のあるサウンドで男女の何気ない日常を歌にしている“YOU”。90年代オルタナティブロックの出で立ちで、ノイズを効かせたギターと、どっしりとしたアンサンブルを聞かせてくれる。ただ決してうるさくはならず、宮本の歌声を浮き出たせる作りになっている。

宮本菜津子のソロアルバム『なまみ』(2017年)にも収録されていた“うたを歌えば”は、宮本がメイン、ユニゾンで小倉直也(Vo / Gt)が歌う軽快なギター・ポップである。ディストーションをきかせたギターからスタートし、輪郭が際立ったベース・ラインと吉野功(Dr / Cho)の軽やかなドラムビートが心地よい。

 

2曲聴いて10年前の彼女たちを思い返すと全体的にサウンドが明るくなったことに気がつく。1stアルバム『MASS OF THE FERMENTING DREGS』(2008年)はダークながら攻撃的で、初期衝動の塊をそのまま音にした作品であった。そして衝動をむき出しにし、鋭くアグレッシブに立ち回るサウンドは『ワールドイズユアーズ』(2009年)、『ゼロコンマ、色とりどりの世界』(2010年)と作品を重ねるごとに、エモーションはそのままに徐々に丸みを帯び、交通整備の行き届いたサウンドへと仕上がっていった。2012年からの活動休止を経て2018年に出したアルバム『No New World』では、それまでやらなかった打ち込みを使用し、小倉をボーカルとして起用するなど、更に新しいMASS OF THE FERMENTING DREGS像を打ち出してきた。

 

こうして見ていくと彼女たちは急に変わったわけではなく、ひとつひとつを積み重ねて、今のサウンドに辿り着いたことに気がつく。しかしその積み重ねの裏にはメンバーの脱退や活動休止といった、バンドの歩みを止める出来事が幾度となくあった。そしてその度に彼女たちは音楽をやり続けることを選択し、新しいバンドへと生まれ変わったような衝動を手にしていたように感じる。現に再結成をした際のインタビューで宮本は、新しいバンドを結成したような感覚だと語っている。それに活動するフィールドをメジャーからインディーズに移したことで、自分たちのかっこいいと思える音楽を制約なく自由に作れていることも、変化の一因なのかもしれない。『You / うたを歌えば』は10年以上、自分たちと向き合うことでできた音楽であり、MASS OF THE FERMENTING DREGS というバンドの歴史を感じる1枚だ。

 

『You / うたを歌えば』

 

 

アーティスト名:MASS OF THE FERMENTING DREGS

仕様:LP

発売:2020年6月3日(水)

価格:¥1,650(税込)

 

収録曲

 

1.You

2.うたを歌えば

 

発売:FLAKE RECORDS

MASS OF THE FERMENTING DREGS

 

 

2002年、兵庫県神戸にて結成。ベースボーカルの宮本菜津子を中心に、女性メンバーのみの3ピースロックバンドとして活動をスタート。その後、メンバーチェンジを経て現在は宮本と小倉直也(Gt&Vo)、吉野功(Dr&Cho)の3人編成で活動をしている。轟音のすごみを押し出すオルタナティブなサウンドと宮本が描く叙情的な歌が融合したときに生まれるカタルシス。その音楽性と完全燃焼を信条とするライブパフォーマンは唯一無比の求心力に満ちている。2007年にEMIミュージック・ジャパン主催のオーディションで最優秀アーティストに選ばれ、その特典としてデイヴ・フリッドマンによるプロデュースでUSレコーディングを実施。2008年に1stアルバム『MASS OF THE FERMENTING DREGS』、2009年に『ワールドイズユアーズ』、2010年に初のフルアルバム『ゼロコンマ、色とりどりの世界』をリリース。2012年に活動停止を経て、2015年に再始動ライブを行う。2017年に再始動後、初となる音源『スローモーション リプレイ』をFLAKE RECORDSよりリリース。そして、2018年7月4日にフルアルバム『No New World』をリリース。

 

Webサイト:https://www.motfd.com/

Twitter:https://twitter.com/MOTFD_official

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
CIFIKA – HANA

動き続けて、自分の在りかを射止めた第1章 動き続…

REVIEW
Homecomings – Herge

Homecomingsが5月12日にメジャーデビューアルバム『Moving Days』をリリースする…

COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって

出会いと別れ、それぞれが人生につきものですが「はなればなれ」になるからこそ持っていたものの価値に気が…

INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』

シャンモニカのライブを初めて観たのは2019年6月。吉祥寺シルバーエレファントで行われた、ANTEN…