REVIEW
MAGNOLIA
AIRCRAFT
MUSIC 2022.04.11 Written By マーガレット 安井

何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽

大学生の頃の話。僕は地元大阪を離れ、宮崎の大学へ入学した。一人暮らしをするアパートから慣れないスーツ姿で大学に行き、入学式へ出席。「仲良くなれるのかな……」と思いながら隣に座った子に話しかけ、式が終わった後はサークル勧誘のチラシをたくさんもらい、「オリエンテーションの会場はどこだっけ」と道に迷い、右往左往する僕。土地勘のない場所での初めての大学生活。そして初めての一人暮らし。大学から帰って、スーパーで買った半額値引きシールが貼られたお惣菜とごはんを一人で食べながら、「これから僕はどうなるんだろう」という不安と、それとは逆に「これから僕は何者になれるのかな」という期待を抱いたことを今でも覚えている。そこから僕は友達にも、サークルの先輩にも恵まれて充実した生活を送ることができた。僕にとって、あの大学時代は確実に青春と呼べるものであった。

 

大学を卒業してから10年以上が経過した。いくつもの将来の可能性を妄想し、宮崎で不安と期待を抱いていた青年は、三十代半ばとなり中間管理職と呼ばれるポストに就いていた。理不尽なことで怒られることが増え、成績や立場を考えて話すようになった。もちろんこの仕事を辞めたいと思うこともあったのだが、最終的にはこの仕事が好きだし、自分にはこの仕事しかないと思い、今に至っている。「何者にでもなれる」と感じた僕の青春は、今では遠い記憶の隅に追いやられていた。でもある日、僕にあの頃の記憶をよみがえらせてくれた作品があった。AIRCRAFTの最新EP作品『MAGNOLIA』だ。

AIRCRAFTは2021年に大阪で結成された、4人組オルタナティブガレージポップバンドである。グランジ、ポップ・パンク、パワーポップ、シューゲイズ、それらをすべて飲み込み、吐き出されたポップながら軽快なロックサウンド。そして石川翔理(Vo / Gt)と田中優衣(Vo / Ba)の男女2人が織りなすツインボーカルが特徴的なバンドだ。特に田中の歌声はしなやかで可愛らしく伸びのあるものから、強くストレートなものまで多彩に変化し、楽曲をカラフルに染め上げる。

 

そんな AIRCRAFT だが、その歌詞は「青春を生きる私たち」をストレートに描いている。それは言い換えれば「これからの不安を抱えながらも、何者かになれる可能性が開けていた、そんな時期の私たちの歌」といったところか。だが AIRCRAFT は卒業、友、桜のような青春を感じさせるような、わかりやすいモチーフをちりばめたりはしない。例えば“orange色とalumi缶”では少年時代のキラキラした自分たちを回想しながら、あの頃の思い描いた大人に自分はなれているのかと歌い、“Magnolia”では誰かの決めつけた価値観には乗らず、私は私として今を生きていきたいという思いを力強く歌う。つまりAIRCRAFTは青春時代を思い起こす記号ではなく、自分たちが抱いている欲求や葛藤を素直にリスナーへ提示することで「青春を生きる私たち」を歌にしている。

 

ではなぜ AIRCRAFT は素直に歌として表現できているのか?もちろん AIRCRAFT 自身が「何者かになれる可能性が開かれた状態」というのはあるかもしれないが、もう一つあるとすれば、自分たちの作るものに自信があるのではないか。若いころは自分を良く見せたいと思いカッコをつけたりすることもあるが、それは自分自身の自信のなさの表れだったりもする。ところが AIRCRAFT は“strship”のなかで〈眠れない日がもしあるのならば こんな曲がさ 過去も未来も照らしたらいいね〉と自身の曲に対して歌詞にしている。自分の曲について誰かの支えになれればと言葉にできる、それはつまり自分たちの作る音楽に対して迷いがなく素晴らしいものを作れているという表れなのではないだろうか。

 

僕はそんな AIRCRAFT の音楽に、懐かしさだけでなく、なにか特別な感情が湧いた。人生の中で本当にわずか数年しかなかった何者にでもなれると感じていた時代。でも、そんな開かれた可能性の中からひとつずつ可能性にお別れを告げて今に至っている。その中には才能がないと感じてあきらめたもの、努力が続けられなかったもの、などさまざまな要因がある。「人生とは小さなさよならの積み重ねだ」、Tennessee Williams(テネシー・ウィリアムズ)の戯曲『Long Good Bye』でのセリフだが、そんなさよならを積み重ねた結果が、僕の今である。だからこそ何者にでもなれる可能性をもっているAIRCRAFTの音楽を聴くと、かつてあった可能性たち、そして選ばれた今の人生を思い起こし、愛しさを感じてしまうのだ。そういう意味では、本作は単なるノスタルジーを感じる作品ではなく、青春の本質を体現した音楽なのかもしれない。

 

その他の配信サイトのリンク

https://friendship.lnk.to/MAGNOLIA

MAGNOLIA

 

発売:2022年2月2日

フォーマット:CD

価格:¥1,500(税込)

 

収録曲

1.キネマトグラフ

2.starship

3.IKIISOGI

4.Magnolia

5.orange色とalumi缶

 

購入サイト

Holiday! Records:https://holiday2014.thebase.in/items/57970498

The Domestic:https://ttosdomestic.thebase.in/items/58654471

AIRCRAFT

 

2021年結成。石川翔理(Vo/Gt)田中優衣(Vo/Ba)尾形颯馬(Gt)松川文哉(Dr)の4人編成で、大阪を中心に活動しているオルタナティブガレージポップバンド。

WRITER

RECENT POST

REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REVIEW
藤山拓 – girl
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理

京都・吉田寮を舞台にしたドラマ・映画『ワンダーウォール』(2020年)に出演した俳優・須藤蓮が、映画…

REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” - 灯台の光のように、目的地を照らす歌

直線の定義は“端”がないことらしい。福岡出身、都内を拠点に活動するシンガーソングライター・かりんちょ…

REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽

「こんなロックンロールが聴きたかった」私は初めて観た2ピースバンドに胸を揺さぶられていた。彼女たちの…

COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…