INTERVIEW

挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田 パワー・ポップ対談 –

MUSIC 2019.01.11 Written By マーガレット 安井

パワー・ポップという音楽ジャンルがある。そもそもは60年代にザ・フーのピート・タウンゼントが「僕たちが演奏しているのはパワー・ポップだ」と発言したことに端を発するが、この言葉がジャンルとして定義されたのは1978年。『Bomp』誌のパワー・ポップ特集で雑誌の創始者であり、BOMP!RECORDSの主宰者でもあったグレッグ・ショウがザ・フーをルーツとして、ラズベリーズが完成させた音楽スタイルをパワー・ポップと定義付けし紹介。以降、40年以上の長きにわたり、脈々と受け継がれてきている。

 

そんなパワー・ポップを、日本の地で演奏している2つのバンドがある。1つはナードマグネット。大阪で誕生し、今や大型フェスにも出演する今年で結成12年目のバンドである。もう1組は京都で誕生し、今は群馬にその活動の拠点を移しているSuperfriends。観ているものをピュアな気持ちにさせてくれるライヴが魅力的な今年で結成13年目のバンドだ。

 

関西という場所で生まれ、同じパワー・ポップを愛した2組のバンド。今回アンテナではSuperfriendsが自身初のフル・アルバムである『Superfriends』をリリースしたタイミングで、各フロントマンである須田亮太(ナードマグネット)と塩原(Superfriends)との対談を実施。対談の中で、彼らは10年以上の歩みの中で経験してきた挫折と葛藤、そしてその末に出てきた「愛」と「開き直り」が今の原動力になっていると語る。流行りより自分の好きを貫き通す精神。彼らの言葉は行き詰まりを感じるすべての人へ、解決の糸口を与えてくれるはずだ。

パワー・ポップからはみ出し続ける旅路にあるのかなと思います

──

お二人は10年以上の付き合いと伺いましたが?

須田

最初にナードマグネットの元メンバー谷村京亮(現Pictured Resort)に「ライヴハウスで、Superfriendsというめっちゃ良いバンド見つけたんです」と力説されて、音源を聴いたら「これはライヴ観に行かないと」と思ったんです。それで二条nanoで初めてライヴを観て「素晴らしい」と思い、その後に何回かライヴへ行くなかで話をするようになり、対バンに至りました。

──

二人は2011年3月12日に対バンされてましたね。

塩原

前日に地震が起きて、やるべきか中止すべきか分からないままライヴをしました。だけど、あの時はお互いWeezerの曲をカヴァーしたり、ナードが僕らの曲をカヴァーしたりしてすごく良いイベントになった。その後、ナードマグネットがドンドン先に行くなかで、僕と須田君はたまに再会するという感じですね。

──

Superfriendsは先日、新しいアルバム『Superfriends』をリリースされましたが過去の楽曲を再録した、まさに集大成的な作品かと思います。本作をリリースしようとした経緯を教えていただけますか?

塩原

長いことバンドを続けていくなかで、Second Royal Recordsの小山内信介さんが声を掛けてくれて、ベスト盤を出そうという話になったんです。小山内さんは「今までの音源そのままでもいいから」と言ってくれたのですが、各曲の録音の音質が違うし、節目節目で音源を作っていると曲と自分たちの間で距離というか温度差が出来て、「今の自分たちとズレが生じている音楽なのに、それをアルバムとして出してもいいのかな?」という気持ちになったんです。ベースが谷くん(Ba / 谷 健人)に変わったりもしたし。だから自分たちの温度感とか、テンションを今と一致させて「これが僕たちです」と胸を張って言える作品が欲しいなと思い、全部作り直そうという話になった、というのが今作ができるまでの経緯です。だからここからSuperfriendsを知ってもらえたら嬉しいし、そういう物が作れたと思ってはいます。

──

今のテンションと昔のテンションの違いはどのような部分に現れていますか?

塩原

言葉にするのは難しいですね。例えばちょっとしたアレンジ、ちょっとしたテンポの違いなどですが、当時の音源の中には今ならやらないアレンジもあったりするんです。昔の音源を聴き比べて「あんま変わってないな」と思う人もいるとは思いますが、やってる側はちょっとしたズレを感じるんですよね。

須田

僕は小さな差異に気づくのが楽しかったです。“Jet Jet Jet”の前田さん(Dr)のかけ声のテンションが全然違うとか・・・(笑)ここに月日が流れた感じがあると思いましたね。

塩原

録音の時「ワン・ツー・スリー」の掛け声ひとつをやってもらうのに凄く時間がかかったもんね(笑)。前田さんが「そういうテンションになれない」って言って。今作は、自分たちの歴史をまとめる、というある意味では片を付けないといけない禊的な作品だったので、やっとけりがついて今は早く次のことをやりたくて仕方がないんです。メンバーも「やっとこれで新しいアルバム作れるぞ!」というムードですね。

──

本作を聴くとブルー・アイド・ソウルやネオアコ、はたまたビーチボーイズを思わせる曲もあったりとパワー・ポップ以外のジャンルと接続しようとする試みが随所に感じられますが、別ジャンルとの接続というのは意識されていますか。

塩原

The Wannadiesというスウェーデンのバンドがいて、Superfriendsはそこからすごく影響をうけたんです。彼らの曲の中にはいろんなジャンルの音楽が溶け込んでいて、それでいて出ている音はとてもポップなんです。僕らの音楽性ってそれに近くて、始まりはパワーポップだったけれど、曲を作るごとに毎回自分が好きなものを昇華して音楽を作っているような感じなので、「パワー・ポップからはみ出ていく」ことをずっと意識しているとは言えるかもしれません。あるジャンルが代名詞になっているバンドもいるとは思いますが、僕らはパワー・ポップからはみ出し続ける旅路にあるのかなと思います。

俺はカリスマとか才能じゃなくて、愛で勝負しようって

──

塩原さん、ブログにも書いていましたが、そもそもはWeezerに憧れてバンドをやろうとした。にもかかわらず、やり続けると壁にぶつかった。その原因は自分たちの音楽がニセモノであると気づいたことにあった、という風に語っていましたね。

塩原

僕は「自分の憧れるいろんなものと同じようになりたい」という動機で音楽を始めたので、自分たちの楽曲はその憧れの真似から入っていった部分も多かったんです。ただライヴハウスで演奏していく中で、「人間そのものが発している音楽」みたいなものに打ちのめされることがあったんです。そこで自分たちは「加工された音楽をやっている」「本物になり切れないのにステージに立っている」と感じるようになり、「人間そのものが発している音楽をやっている人達と僕は肩を並べていいのか?」と考えるようになりました。

須田

この感覚、メチャクチャわかります。自分は天才でもないし、カリスマでもない。そのようなことを散々思い知らされた果てに、僕も今の形にたどり着いたので。だからSuperfriendsとよく対バンしていた頃と、今とでは音楽性が違うんです。前はもっと捻くれてグチャグチャな音楽で「俺の中には何かあるはずだ」ともがいていたんです。しかしそれが上手くいかなかったので、「俺は憧れを全面に押し出していこう。カリスマとか才能じゃなくて、愛で勝負しよう」と思い、今に至りました。

──

そう思ったタイミングはいつだったのですか?

須田

劇的な切り替わりは無かったのですが、バンドとしてうまくいかない時期がずっと続いていて、「どうしたらいいのかな。全然ダメなんじゃないかな」と思っていたタイミングで“アフタースクール”や“いとしのエレノア”が出来たんです。それが周りから評判が良かったんで「あ、こっちの方が良いのかもしれない」と思った時に、ギターが脱退したんです。そこで「メンバーチェンジもするし、このタイミングで自分の趣味を全開にしていこう」と思い、“プロムクイーン”や“ばくだんベビー”といった楽曲を書いて「僕らはもうWeezerです」と開き直りました。

──

開き直るのは怖くなかったですか。

須田

いや逆にこっちのほうが向いてると思っていたし、やり始めたら凄く楽しかったんで怖くはなかったです。それに、それを始めたのが若手とも言えない年齢だったので、青臭い悩みを抱え続けても仕方がないと割り切りましたね。今思うと、若い頃の感じで評価されていたらバンドを続けてないかもしれません。

塩原

そういうのは、長くやっていたからたどり着けた部分なのかもね。開き直ったという意味では僕も同じです。昔は「ホンモノになりたい」「人気者になりたい」という気持ちがありましたが、それがドンドン減って「自分の好きな事をやらなきゃな」ということの優先順位がドンドン高くなっていったように感じます。結果的に昔感じていたようなコンプレックスもどうでもよくなっちゃった。

須田

あと僕らの世代のリスナー感覚からすると、こういうパワー・ポップをやっていたバンドは一昔前には流行ったけど、今はなくなったじゃないですか。だから、「僕が今聴きたいバンドはこういうバンドなのに、どこにもいない。だったら自分でやるか」みたいな感じです。今はそうでもないですけど、新しいギター(Gt / 藤井亮輔)が加入した時期なんかは「全然好きな音楽がない!」と凄く絶望的な気分で日本のバンドシーンを観ていたんで、その反動もあると思いますね。

(ルーツが見え隠れしちゃうのは)愛が勝っちゃうから

──

ナードマグネットと言えば音楽だけでなく、ジャケットや曲のタイトルにも映画や海外ドラマのオマージュが見られますよね。

須田

ナードマグネットを聞くお客さんが色々と掘っていく中で、そこにぶち当たってもらえたら嬉しいかなと思い、前のアルバムから意図的に色々ちりばめています。僕が昔、日本のバンドを聴いて色々探っていく中で、「あ、これやったんだ」と元ネタにぶち当たることがあり、それが楽しかったんです。そういう見つける楽しさ、みたいなことを自分の作品でも出来たら良いよね、と思いやっています。

──

ミュージシャンはオリジナリティや自分らしさを表現したい人が多いと思うのですが、お二人の話を聞いているとそうではない気がします。

塩原

愛が勝っちゃうんじゃないですか。

須田

ははは(笑)。でも、映画監督でクエンティン・タランティーノっているじゃないですか。自分の好きな物を全部ぶち込んでサンプリングして、でも結果的に自分らしさが出ている。それで元ネタも全部自分で解説しちゃう。あの感じに近いかもしれないですね。

──

須田さんは純粋に人に何かを薦めるのが好きなのかなと思います。

須田

自分の好きなものが広まるのは楽しいし、一人でも興味持ってくれたら嬉しいです。素晴らしい映画、音楽、小説。色んな物の影響で、今の自分は出来ているので、そういう物に対して少しでも恩返しができたら、と思います。

塩原

そのてらいのなさは凄いなと思いますね。

──

塩原さんも先日ブログで新アルバム『Superfriends』の元ネタを解説してましたよね。今の須田さんの話はその部分に当てはまると思ったのですが。

塩原

そうですね。結局、僕は好きな物を自分も同じようにやりたい、と思いながらやってきたので。ホントのこと言うと、自分が作った曲の元ネタをずっと言いたかったんです。だからアルバムが出たタイミングで「全部言ってしまえ!」と思ったんです。「これなんです、僕が好きなのは!みんな、どう思う?」という感じで。

──

反響はありましたか?

塩原

いや、あんまり(笑)。だけど、あれを見て「元ネタ聴いたよ」と言ってくれた人がいて、それは嬉しかったです。「広めたい!」というわけでもないけど、自分が好きな音楽を好きになってくれる人は増えてほしいですし、自分がその音楽を好きという事に対しての自信は凄く持っていると思います。多分、自分が作った音楽に対する自信より、「自分が好きなものが絶対良い」と思う自信のほうが強い気がします。

──

ブログを読むと、塩原さんはリスナー的な感覚を忘れていないなと感じます。

塩原

「良い曲見つけたから、こういう曲やりたい」みたいな流れは変わっていないです。音楽が好きだから音楽をやっている、それしかないですね。

NEXT PAGE

ダメな日本語の僕の歌を、僕は聴きたくなかったんです

WRITER

RECENT POST

REVIEW
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代 – 加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録
INTERVIEW
全員が「ヤバい」と思える音楽に向かって – 愛はズボーンが語る、理想とパーソナルがにじみ…
REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい…
REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』
INTERVIEW
今はまだ夢の途中 – AIRCRAFTが語る『MY FLIGHT』までの轍
COLUMN
編集部員が選ぶ2023年ベスト記事
REVIEW
Qoodow『水槽から』 – 「複雑さ」すらも味にする、やりたいを貫くオルタナティヴな作…
REVIEW
The Slumbers『黄金のまどろみ』 – 先人たちのエッセンスを今へと引き継ぐ、昭…
COLUMN
サステナブルな理想を追い求めるバンド – (夜と)SAMPOが会社員でありながらバンドを…
REPORT
ボロフェスタ2023 Day2(11/4)- タコツボを壊して坩堝へ。ボロフェスタが創造するカオス
REPORT
ボロフェスタ2023 Day1(11/3) – 蓄積で形成される狂気と奇跡の音楽祭
INTERVIEW
物語が生み出すブッキング – 夜の本気ダンス×『ボロフェスタ』主宰・土龍が語る音楽フェス…
INTERVIEW
自発性とカオスが育む祭 – 22年続く音楽フェス『ボロフェスタ』の独自性とは?
REVIEW
てら『太陽は昼寝』 – 人間の内面を描く、陽だまりのような初バンド編成アルバム
REPORT
ナノボロ2023 Day2(8/27)‐ コロナからの呪縛から解放され、あるべき姿に戻ったナノボロ…
REVIEW
鈴木実貴子ズ『ファッキンミュージック』- 自分ではなく、好きになってくれたあなたに向けられた音楽
REVIEW
オートコード『京都』 – “東京”に対する敬愛が生んだ25年目のオマージュ
INTERVIEW
Nagakumoがポップスを作る理由 – 実験精神を貫き、大衆性にこだわった最新作『JU…
INTERVIEW
町のみんなと共生しながら独自性を紡ぐ。支配人なきシアター、元町映画館が考える固定観念の崩し方
INTERVIEW
つながりと問題のなかで灯を守り続ける – シネ・ヌーヴォの2023年
INTERVIEW
壁を壊して、枠組みを広げる映画館 – あなたの身近なテーマパーク〈塚口サンサン劇場〉とは…
REVIEW
ここで生きてるず“彗星ミサイル” – 愚直ながらも、手法を変えて人生を肯定し続けるバンド…
REPORT
坩堝ではなく、共生する園苑(そのその) – 『KOBE SONO SONO’23』ライブ…
INTERVIEW
僕らがフリージアンになるまで – リスペクトと遠回りの末に生まれたバンドの軌跡
REVIEW
パンクを手放し、自己をさらけ出すことで手にした 成長の証 – ムノーノモーゼス『ハイパー…
REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Re…
REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ
REVIEW
ステエションズ『ST‐2』 - 千変万化でありながら、それを感じさせない強靭なポップネス
REVIEW
揺らぎ『Here I Stand』- 型にはまらない姿勢を貫く、どこにも属さない揺らぎの一作目
REVIEW
くつした『コズミックディスク』 - 変わらずに歌い続けた空想の世界
REVIEW
台風クラブ『アルバム第二集』 - 逃避から対峙へ、孤独と絶望を抱えながらも前進するロックンロール
INTERVIEW
経験の蓄積から生まれた理想郷 ー ASR RECORDS 野津知宏の半生と〈D×Q〉のこれから
REPORT
ボロフェスタ2022 Day3(11/5)-積み重ねが具現化した、“生き様”という名のライブ
REVIEW
ベルマインツ『風を頼りに』- 成長を形に変える、新しい起点としての1枚
REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」
REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春
REVIEW
糞八『らくご』 – 後ろ向きな私に寄り添う、あるがままを認める音楽
REPORT
マーガレット安井の見たナノボロ2022 day2
INTERVIEW
おとぼけビ〜バ〜 × 奥羽自慢 - 日本酒の固定観念を崩す男が生み出した純米大吟醸『おとぼけビ〜バ〜…
INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成…
INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー
REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REVIEW
藤山拓 – girl
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
INTERVIEW
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
INTERVIEW
Live Bar FANDANGO
INTERVIEW
扇町para-dice
INTERVIEW
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
INTERVIEW
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

REPORT
【SXSW2024】再起や復活とは距離をおく、中堅バンドと継続のすごみ

毎年、アメリカのテキサス州・オースティンで行われる世界最大の音楽・映画・ITの祭典SXSW。恒例とな…

REVIEW
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代 – 加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録

加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録 加藤和…

COLUMN
【2024年5月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…