INTERVIEW

今はまだ夢の途中 – AIRCRAFTが語る『MY FLIGHT』までの轍

MUSIC 2024.01.29 Written By マーガレット 安井

大阪出身のAIRCRAFTは関西インディーズシーンにおいて注目すべき4人組若手バンドだ。全員20代の目線から描かれる等身大な歌詞と男女二人のコーラスワーク、そして熱量の高いオルタナティブサウンドでリスナーを魅了する。関西インディーズシーンの案内人的存在であるHOLIDAY! RECORDSも「大阪のライブシーンで1番勢いがあるバンドは?と聞かれたら、多分このバンドの名前を答えると思います」とコメントを残し、アマチュアアーティスト発掘番組『MUSIC GOLD RUSH ∞』による『MGR∞ High-fiveオーディション』では SEASONⅢでグランプリを獲得。今もっとも脂が乗っているバンドだと言っても、過言ではない。

そのAIRCRAFTが2023年12月13日に1stフルアルバム『MY FLIGHT』を配信リリースした。ANTENNAではこのタイミングで、ソングライターである石川翔理(Vo / Gt)、田中優衣(Vo / Ba)の二人に過去のキャリアや音楽性についてインタビューを実施。その中で印象的だったのは、モラトリアムの終わりと直面しながらも音楽の道へ進もうとする青年の、言葉にできない惑いと不安であった。今はまだ夢の途中。だが確実にアーティストへの階段を駆け上がっている若きバンドマンの声をぜひ受け取ってほしい。

AIRCRAFT

2021年1月1日に結成し、大阪を中心に活動しているオルタナティブガレージポップバンド。石川翔理、田中優衣、尾形颯馬(Gt)、松川文哉(Dr)の四人で編成されている。

 

X(旧Twitter):@AIRCRAFT_band_

Instagram:@aircraft_official

 

音楽と距離を置いていた自分がAIRCRAFTでグランプリを取るまで

ボーカルとギターの石川翔理(以下、石川)は、もともと親がピアノの先生だったこともあり、4歳のころからピアノを習っていた。しかし「楽譜を読むのがめんどくさかったし、ミスとかするとすごく怒られる」という理由から演奏することが嫌だったと語る。2年ほどでピアノを辞め、しばらく音楽とは距離を置いた生活だったそう。その石川がまた音楽をやり始めたきっかけは自身の姉の影響だった。

石川

僕の姉が軽音楽部に入っていて、ドラムをたたいていたんですけど、ある日『スニーカーエイジ』(高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト)でグランプリを取ったんですよ。それを見て「バンドってかっこいいな」と思って。その時、僕はまだ中学生でテニス部だったんですが、高校からは軽音楽部に入部しました。

石川翔理(Vo / Gt)

石川は後にAIRCRAFTとなるメンバー全員と高校の軽音楽部で出会う。当時はSUPER BEAVER、9mm Parabellum Bullet、DOESのコピーをやっていた。そして石川と松川文哉(Dr)は同じ大学に入り、軽音楽サークルに入り、さらなるバンド活動に意気込んでいたが、ここで一つの問題がでてくる。

石川

新型コロナウイルスの影響で大学に行けなくなったんです。でも音楽活動はやりたいから、当初は松川とパソコン音楽クラブみたいなことをやろうと思っていました。でもやっていることが自分には難しくて挫折してしまって。やっぱり「バンドをやりたい」と思い、高校の同級生だった優衣に連絡をしたんです。その時は自分が好きなSUPERCARやキイチビール&ザ・ホーリーティッツのように自分と女性のツインボーカルみたいな形のバンドにしたいという思いがありました。

田中

今はベースをやっていますが、高校のころはドラムをやっていて。それと4歳から大学1年まで電子オルガンを習っていました。だから当初バンドではキーボードをやる予定だったんですが、曲を作る際にフレーズが思い浮かばなくて。ただその時、ベースなら答えを出せそうと感じて、高校の友達に借りて練習を始めました。

田中優衣(Vo / Ba)

後に高校の後輩であった尾形颯馬(Gt)もメンバーに加わり、AIRCRAFTが結成。名前の由来は石川が好きだったバンド・SUPERCARを超えたいという思いから「SUPERCARよりも速いのは飛行機」という発想で名付けられた。石川のSUPERCARに対する愛は高校時代のこのようなエピソードからも伝わってくる。

石川

体育大会の前日に予行演習があって。僕は放送委員長をやっていてサウンドチェックで「一曲流してほしい」と先生に言われたので、SUPERCARの“Lucky”をかけたんです。最初は規定値の音量で音楽を流していましたが、僕の好きなバンドの音楽を大きな校庭で多くの人たちに向けて聴かせるという行為が気持ちよくなってきて。いつの間にかフェーダーをどんどんと上げてしまい、規定値を大幅に超える音量になっていました。校長先生にはすごく怒られましたが、校内でSUPERCARのことを知っている生徒会長と、社会科の先生とは仲良くなりました。

4人組バンドとして始動した、AIRCRAFT。デモではあるがオリジナル曲はある程度できていたため、すぐにバンドメンバーでアレンジを行い、高校時代に出演していた〈寝屋川Vintage〉で初ライブを行った。その後〈寺田町Fireloop〉〈SOCORE FACTORY〉に出演。順調な活動をスタートさせる。そんなある日、彼・彼女たちにチャンスがめぐってくる。アマチュアアーティスト発掘 TVプロジェクト『MUSIC GOLD RUSH ∞』(J:COMテレビ)への出演である。

同番組では若手インディーズバンドを中心にフックアップしており、なかでも優勝賞金100万円をかけた『MGR∞ High-fiveオーディション』は人気コンテンツの一つだ。過去にはKroi、尾崎リノ、Set Freeなどが出演したこのオーディションにAIRCRAFTも参加。見事、グランプリを獲得する。

田中

とりあえずなんでもいいからオーディションみたいなの受けてみようという話になり、『ROOKIE A GO-GO』とかにはエントリーしていました。その中で本選まで行ったのが『MGR∞ High-fiveオーディション』だったんです。

石川

オーディションの時は根拠のない自信がありました。今までサウンドの点で助言をいただくことは多かったですが、音楽の方向性に関しては「そのままやりたいことをやったらいい」と言われたので。だからそのままやれば結果は出ると思っていました。

田中

ファイナルが行われた〈Zepp Haneda〉は、私たちがこれまで演奏したことがない規模感のステージで。しかも無観客で審査員だけがいる状況でした。でも演奏して、広い空間で音を鳴らせるのってすごく楽しいと思ったんです。

石川

むしろ準決勝の方が緊張しました。僕ら以外にも、たくさんバンドがいて殺気立っていたし、たなしんさん(グッドモーニングアメリカ)、原昌和さん(the band apart)も観ていたのでプレッシャーを感じました。グランプリがとれた時は痛快でしたね(笑)。賞金が出たことで、それまで行ってない場所でライブをすることも増えたし、アルバム含めた音源制作にも当てることができた。

個性の違う二人が織りなす詩の世界

『MUSIC GOLD RUSH ∞』でグランプリを獲得し、関西の音楽シーンで勢いに乗るAIRCRAFT。そのソングライティングの特徴は石川、田中というソングライターが二人いる点だ。そしてそれぞれの個性が活かされた歌詞は魅力の一つでもある。

石川

僕は本当ならストレートに伝えられそうなことを、あえてぼやかして描きます。リスナーが聴く日によって、歌詞の持つ意味が変わってほしいなと思って。ストレートな歌詞を自分が書いたら、ありきたりすぎてつまらないものになってしまう。そして断言しすぎないようには気をつけています。歌で「こうしたほうがいい」と強くメッセージを伝えるのはおこがましいなと思っていて。だから「僕はこう思うけど、君はどう?」とあくまで提案として留めるようなバランスで詞を書いています。

田中

私は性格的に頑固なところがあるので、それが歌詞になっている。信念は曲げない、芯の強さみたいな部分を歌にしています。

今回リリースされた『MY FLIGHT』に収録された曲だと、石川が担当した“IKIISOGI”では「終わりを待つのは辛いから / 背伸びをしながらいきたいね」、“MY FLIGHT”では「望むこと叶えること / 出来ないとしても / その時また一緒に遠回りしませんか」と強く断言する言葉を使わず、自分の考え方を他者にゆだねる。対して田中が担当した楽曲だと“STOKED!!”では「世界中が壊れて / 残るのが綺麗な星だけならば / 僕はまだ歌える / 君と共に笑える」とどんな困難があっても力強く自分自身の在り方を肯定していく姿が描かれる。

 

「自身の考えを他者にゆだねる」と「自身の在り方を強く肯定する」。違った価値観が分裂することなく、一つに混ざり合う。それがこのバンドの面白さでもある。

またサウンド面では急激な変化も特徴として挙げられる。“何も考えたくない”の中間部における急激なテンポの変化、“NEKOMUSUME”でのオルタナティブなフレーズとジャジーな箇所をパッチワークのようにつなげるなど、特に石川が作曲をした楽曲はテンポやビートを性急に切り替えていく構成が目立つ。この理由について尋ねると、アイドル好きが影響しているのではと語ってくれた。

石川

僕はWACK系(BiS、BiSHなど)とかBABYMETAL、解散はしましたがsora tob sakana※がすごく好きです。アイドルの楽曲って急に転調したり、過剰にテンポを変えたりすることが多い。おそらくそこが自身の音楽に影響を与えているように感じます。

※日本の女性アイドルグループ。 《残響レコード》に所属しているバンド・ハイスイノナサなどで活動する照井順政が音楽プロデュースを手掛けていた。

BiSやBABYMETALはハードロック、sora tob sakanaはポストロックの流れをくむアイドルたちだ。AIRCRAFTのサウンド面でみられる急激な変化は、まさにこれらのジャンルが持つ音楽的特徴に合致する。

 

しかしAIRCRAFTの音楽から、ハードロック、ポストロックを如実に感じることはない。それよりもすっと耳に入っていくメロディ、エモーショナルだが爽快感も残すバランス感覚などポップス的な要素を感じることの方が多い。それはBiS、BABYMETAL、sora tob sakanaの楽曲が各々のジャンルの直系に属するのではなく、ポップスを軸にしながらジャンルを解体して再構成された音楽であるからだ。そういう意味ではアイドルソングでしか得られない養分を、石川は吸収して音楽に反映させているのではないだろうか。

「確実に人と違う生活をしている」バンドマンとして夢を追い続ける

今回リリースされたフル・アルバム『MY FLIGHT』。その構想は2022年の年末ごろから考えていたとのことだ。「とりあえずアルバムとして形のあるものがほしかった」という思いと、グランプリで賞金を獲得したことで、制作を決意。2023年からシングル曲の配信を重ねながら、2023年12月にリリースまで辿り着いた。

 

 

本作には先ほど言及した“IKIISOGI”、“MY FLIGHT”、“STOKED!!”、“NEKOMUSUME”も収録。ライブでの定番曲を盛り込んだ、まさに今のAIRCRAFTのモードを詰め込んだ一枚になっている。そのアルバムの中でも特に時間をかけて作ったのが、田中が担当した”blUr”だ。

田中

最初の段階では、自分の中であまり納得ができる曲ではなかった。ある日、ライブ映像を見返した際に「何か足りない」と思って、メンバーにお願いをして作り直し、今の形になりました。メロディーは変えていないんですが、リズム、音色は「魔改造」と言われるくらい作り直しました(笑)。曲名も当初は“いろうつり”というタイトルでしたが、さらにかっこいいタイトルにしたいなと思って、にじませるという意味の“blUr”にしました。

また同作に対して石川は「どの曲にも不安が入り交ざっている」という風に答えた。その原因はモラトリアムが終わりに近づいていることや、周りとの差異であるという風に語る。

石川

もうすぐ大学を卒業するんです。僕たちは今、音楽をやっているけど、同級生はもう社会人になっている。そういう人たちと自分たちとの生活にギャップを感じ始めていて。「このままでいいのかな?」という焦りみたいなものはないんですが、確実に人と違う生活をしているという実感はあります。本当は「これから生活できるか?」という不安や怖さがあるべきでしょうが、今の自分自身はそれを全く思っていない。そしてそんな危機感のない自分自身が怖い。

 

ただ自覚していないだけであって、不安は感じていると思う。僕、すぐに忘れるんです。過去に感じていたこととか。だから自分の曲を聴いていると「あ、あの時はこんなことを自分自身に言い聞かせていた」と思い返すことが多くて。だからこのアルバムは俺以上に俺のことをわかってくれている楽曲たちが集まった作品だなと思います。

学生から社会人へ。これからに向けてのさまざまな感情が詰め込まれた形でリリースされた『MY FLIGHT』。そういう意味では、このアルバムは結成してから3年間の彼・彼女たちの日記だと言ってもいいのかもしれない。最後にAIRCRAFTの今後について聞いてみた。

石川

2023年はライブを70本以上やりましたが、今年は音源制作に力を入れていこうと思います。音源って、自分たちを知ってもらうきっかけになるし、ライブへ行けない地域の人にも届けられる。

田中

私たちもメジャーの舞台に立ちたいし、大きな会場でライブもしたい。オーディションの時に「また〈Zepp Haneda〉で演奏したい」と思ったので、その夢は実現したいです。

音楽で生きるため、さらなる高みを目指すAIRCRAFT。審査員ではなく、愛するファンで埋めつくされたZeppの会場でライブをする。それはまだ絵空事なのかもしれないが、その日は意外と早くにやってくるだろう。インタビューをしながら、そんなことを考えていた。

MY FLIGHT

 

アーティスト:AIRCRAFT

仕様:デジタル / CD

発売:2023年12月13日(デジタル)

   2024年1月10日(CD)

 

収録曲

1.MY FLIGHT

2.何も考えたくない

3.STOKED!!

4.逆光

5.Origin

6.blUr

7.IKIISOGI

8.スーブニール

9.NEKOMUSUME

10.memoria

11.MY FLIGHT (DX ver.) ※CD盤のみ

 

配信はこちら

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
南堀江Knaveに人が集まる理由 – 真面目と誠実さが生んだライブハウスの在り方
REVIEW
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代 – 加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録
INTERVIEW
全員が「ヤバい」と思える音楽に向かって – 愛はズボーンが語る、理想とパーソナルがにじみ…
REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい…
REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』
COLUMN
編集部員が選ぶ2023年ベスト記事
REVIEW
Qoodow『水槽から』 – 「複雑さ」すらも味にする、やりたいを貫くオルタナティヴな作…
REVIEW
The Slumbers『黄金のまどろみ』 – 先人たちのエッセンスを今へと引き継ぐ、昭…
COLUMN
サステナブルな理想を追い求めるバンド – (夜と)SAMPOが会社員でありながらバンドを…
REPORT
ボロフェスタ2023 Day2(11/4)- タコツボを壊して坩堝へ。ボロフェスタが創造するカオス
REPORT
ボロフェスタ2023 Day1(11/3) – 蓄積で形成される狂気と奇跡の音楽祭
INTERVIEW
物語が生み出すブッキング – 夜の本気ダンス×『ボロフェスタ』主宰・土龍が語る音楽フェス…
INTERVIEW
自発性とカオスが育む祭 – 22年続く音楽フェス『ボロフェスタ』の独自性とは?
REVIEW
てら『太陽は昼寝』 – 人間の内面を描く、陽だまりのような初バンド編成アルバム
REPORT
ナノボロ2023 Day2(8/27)‐ コロナからの呪縛から解放され、あるべき姿に戻ったナノボロ…
REVIEW
鈴木実貴子ズ『ファッキンミュージック』- 自分ではなく、好きになってくれたあなたに向けられた音楽
REVIEW
オートコード『京都』 – “東京”に対する敬愛が生んだ25年目のオマージュ
INTERVIEW
Nagakumoがポップスを作る理由 – 実験精神を貫き、大衆性にこだわった最新作『JU…
INTERVIEW
町のみんなと共生しながら独自性を紡ぐ。支配人なきシアター、元町映画館が考える固定観念の崩し方
INTERVIEW
つながりと問題のなかで灯を守り続ける – シネ・ヌーヴォの2023年
INTERVIEW
壁を壊して、枠組みを広げる映画館 – あなたの身近なテーマパーク〈塚口サンサン劇場〉とは…
REVIEW
ここで生きてるず“彗星ミサイル” – 愚直ながらも、手法を変えて人生を肯定し続けるバンド…
REPORT
坩堝ではなく、共生する園苑(そのその) – 『KOBE SONO SONO’23』ライブ…
INTERVIEW
僕らがフリージアンになるまで – リスペクトと遠回りの末に生まれたバンドの軌跡
REVIEW
パンクを手放し、自己をさらけ出すことで手にした 成長の証 – ムノーノモーゼス『ハイパー…
REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Re…
REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ
REVIEW
ステエションズ『ST‐2』 - 千変万化でありながら、それを感じさせない強靭なポップネス
REVIEW
揺らぎ『Here I Stand』- 型にはまらない姿勢を貫く、どこにも属さない揺らぎの一作目
REVIEW
くつした『コズミックディスク』 - 変わらずに歌い続けた空想の世界
REVIEW
台風クラブ『アルバム第二集』 - 逃避から対峙へ、孤独と絶望を抱えながらも前進するロックンロール
INTERVIEW
経験の蓄積から生まれた理想郷 ー ASR RECORDS 野津知宏の半生と〈D×Q〉のこれから
REPORT
ボロフェスタ2022 Day3(11/5)-積み重ねが具現化した、“生き様”という名のライブ
REVIEW
ベルマインツ『風を頼りに』- 成長を形に変える、新しい起点としての1枚
REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」
REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春
REVIEW
糞八『らくご』 – 後ろ向きな私に寄り添う、あるがままを認める音楽
REPORT
マーガレット安井の見たナノボロ2022 day2
INTERVIEW
おとぼけビ〜バ〜 × 奥羽自慢 - 日本酒の固定観念を崩す男が生み出した純米大吟醸『おとぼけビ〜バ〜…
INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成…
INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー
REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REVIEW
藤山拓 – girl
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
INTERVIEW
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
INTERVIEW
Live Bar FANDANGO
INTERVIEW
扇町para-dice
INTERVIEW
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
INTERVIEW
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…

INTERVIEW
南堀江Knaveに人が集まる理由 – 真面目と誠実さが生んだライブハウスの在り方

今年で22年目になる〈南堀江knave〉(以下、〈Knave〉)。過去にはハンブレッダーズ、ヤバイT…