INTERVIEW

町のみんなと共生しながら独自性を紡ぐ。支配人なきシアター、元町映画館が考える固定観念の崩し方

2010年、映画をこよなく愛する数人の出資によって生まれた神戸の〈元町映画館〉。この場所はオープンしてから10年以上が経った今でも、ボランティアを含め、多くの人が関わりながら「私」ではなく「みんな」の映画館として上映を続けている。

MOVIE 2023.08.09 Written By マーガレット 安井

神戸・元町にある元町商店街。その一画に〈元町映画館〉がある。この場所ができてからそろそろ13年目になろうとしているが、『映画チア部』や『元町プロダクション』といった組織の創設や、同商店街内にある〈まち活拠点まちラボ〉でのスピンオフ企画や監督と観客が映画について同じ目線で話を交わす『元町映画館オープンダイアローグ』など映画をさらに楽しむための、さまざまな取り組みを行っている。また運営面では2023年からは支配人制度を撤廃。現在は4人のスタッフがそれぞれの役割を持ち、業務を行っている。

 

今回、ANTENNAでは元支配人であり、現在は企画・広報などを担当する高橋未来さんと番組編成を行う石田涼さんに、同映画館の「斬新さ」がどのように生まれているのか話を聞いた。そこにあったのは「私」や「営利」にとらわれないミニシアターのひらき方と、スタッフ全員がシネフィルではないからこそやれるというしなやかなスタンスだった。だからこそ〈元町映画館〉は映画業界の固定観念を壊すことがたやすいのかもしれない。取材後、そんなことを思わずにはいられなかった。

役割が変化した映画チア部の今

L⇒R 高橋未来さん、石田涼さん

〈元町映画館〉といえば、さまざまな取り組みを行っている映画館であるが、なかでも関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された、学生による学生のための映画宣伝隊『映画チア部』は同映画館を代表するものといってもいいだろう。もともと2015年に学生の映画鑑賞料金を500円にする『え~がな500』をスタートさせることとなり、その宣伝目的のため映画チア部が結成されたのが活動のはじまりだ。

高橋 未来(以下、高橋)

私が青春時代を過ごしていた90年代と比べると、今は若い世代が一向にミニシアターに来ない。学生の入場料を1000円にするなど、来てもらえるようにいろいろ工夫もしたんですが、それでもなかなか集客にはつながらなくて。他の劇場に聞いても「全然、学生が来ない」という話も聞いていたし、私たちが若い人を呼ぼうと努力しても、そもそもその声が届いていない感じがありました。

 

ある時、「学生が学生に向けて映画の宣伝をした方が、響くのではないか?」と会議でアイデアが出てきて。それで、Twitterで「映画の宣伝に興味のある学生さんはいますか?」というツイートを投稿して、「いいね」を推してくれた学生にDMを送ったんです。実はスタッフである石田がそうして声をかけた一人で、映画チア部の一期生なんです。

石田 涼(以下、石田

俳優さんや映画監督と仲良くなりたかったんで、とりあえず「いいね」を押したら「宣伝隊を結成するための説明会をするので、よかったら来てください」みたいなメールが届いたんです。一期生は映画を応援する展示物を作ったり、舞台挨拶の司会進行、あとは監督個人から「取材してください」という依頼を受けてインタビュー記事を作ったり、そんなことをやっていました。

そうした活動から徐々に成長し、現在映画チア部は、自主運営の団体となって〈シネ・ヌーヴォ〉を拠点とした大阪支部、〈出町座〉を拠点とした京都支部など他の関西圏の映画館にも波及、その存在感を増している。それぞれ、世代や拠点によって取り組みは形を変えていくというが、近年、神戸本部の映画チア部は自らが企画した上映会『チアシアター』や短編映画『KOBE OF THE DEAD』の制作などに力をいれてきた。しかしまだまだ、若い世代のお客さんを引っ張ってこれているという実感は薄いという。どちらかといえば、映画チア部はミニシアターに来ている上の世代から「学生が頑張っている」という評価を受けることが多い。だが高橋さんはそうした現状にも希望を感じているようだ。

高橋

ミニシアターがすごく好きで、この文化を存続させたいという学生が、毎年途切れずに映画チア部に入部し、部活動が存続していることこそミニシアター業界にとっては希望なのかなと思っています。それにチア部の卒業生の中には、石田みたいに関西の映画興行界で働いている人もいて、バトンをつなげているという点では私にとっての希望ですね。ただ、映画チア部がどんどん飛躍するようなことをやろうとしているのに、私たちが忙しくてそのサポートを十分にできていないという悩みもあります。

「私」ではなく「みんな」の映画館だからこその支配人廃止

『映画チア部』という斬新な取り組みを行った〈元町映画館〉。そんな同映画館は今年、運営においても斬新な取り組みを行った。「支配人を廃止」したのだ。支配人は各映画館に必ず一人はいるのが通例で、主な業務には「配給会社とのやり取り」「予算管理」「番組表の決定」「スタッフの管理」などがある。元町映画館は、その業務を他部署が引き継ぐことで営業している。実は、この出来事は映画業界に驚きをもって受け止められた。なぜなら、小売店でいえば、お店の顔となる店長を廃止するようなものだからだ。

 

それまでは高橋さんが支配人を務めていたが、病気になったことがきっかけで、当所は支配人を石田さんにバトンタッチしようと考えていたという。自分のようにキャリアを重ねてしまった人間ではなく、今の時代を俊敏にキャッチし、フラットな目線で物事を見られる人に変わりたいという考えから声をかけた。しかし石田さんからは「(番組編成は)やってみようかな、でも支配人は嫌ですよ」との回答が返ってきた。

高橋

私の中で支配人と番組編成という役職はくっついていたので「どうしようかな」と思い、代表理事に相談をしたんです。そしたら「それなら支配人をやめたらいいんちゃう?」と言われて。それで経営メンバーである一般社団法人の社員たちと会議した際にこの話をしたら「いいんやない」となり、今年から支配人を廃止し営業しています。

支配人を撤廃して半年近く経過するが、〈元町映画館〉は問題なく営業を続けている。もともと同映画館ではスタッフそれぞれに人事、経理などの役割が定められているので、仕事内容を振り分けるだけでトップがいなくても各々が仕事を全うすることで運営ができる仕組みができていた。現在、高橋さんは書類や物品の発注管理、企画・広報を担当しており、石田さんは番組編成を担当。新しく編成を担当することになった石田さんは現状についてこう語る。

石田

私はもともと〈元町映画館〉のお客さんだったから、私の思い描く〈元町映画館〉のラインアップは高橋が編成してたもの。なので、それをそのままやっている感じです。だから意識的には今までの編成とは全く変えてない。しばしば好きなサメ映画を入れる以外は(笑)

ミニシアターは基本的に付き合いのある配給会社がいくつかあり、配給された映画を順番に出していくだけでも年間のラインアップは7〜8割は埋まる。そうした背景もあり、実は編成が変わっても大きな変化は起こりにくいが、高橋さんは積極的に映画祭に足を運び、「今」の情報を集めてくる石田さんに期待をしているという。

 

「支配人を廃止」をした〈元町映画館〉であるが、高橋さんの話を聞いているとそもそも同映画館にとっては、支配人制度が必ずしも必要でもなかったということに気がつかされる。その理由は元町映画館は「私の映画館」ではなく「みんなの映画館」という意識が強い場所という点にあった。

高橋

そもそもこの映画館ができたきっかけは一人の映画マニアの医者、堀忠が「映画館を作りたい」という思いで、この場所を見つけたことです。そこから自分一人では映画館は作れないからと映画好きの仲間を集めて、みんなでお金を出しあい機材を購入し、映画館がオープンできる状態にしたんです。でもお金を出した人たちは普段別の仕事をしている人たちばかりだから、現場で働ける人を探した末に私たちやボランティアが集まり運営がスタートした。だからそもそも〈元町映画館〉は「私が作った」という人がいなくて、「みんなで作った場所」という意識が強いんです。

 

私も9年、支配人をやったけれども、「私の映画館」だと見られることが多くて、それに抵抗感があった。だからこそ〈元町映画館〉では支配人とその他スタッフという関係性ではなく、スタッフが担当を持って、それぞれの責任のもと仕事をやるようにしていたんです。そういうこともあって支配人を廃止はしたけど、スムーズに引き継ぎは行えています。

アイデア出しの根源は自分たちがシネフィルではないから

〈元町映画館〉のオープンは2010年。思えば、ミニシアターが街から少しずつ姿を消しはじめていた時期でもある。そういう現状を目の当たりにしてきたからか、みんなで寄ってたかって面白い場所を作り上げようとする意識が強いと感じる。その他のユニークな取り組みでいえば、冒頭で紹介した映画チア部の他にも、『蟻の兵隊』(2006年)『先祖になる」(2013年)などの映画監督・池谷薫とタッグを組みできた一般の人がドキュメンタリーを作るプロダクション『元町プロダクション』を開設などがあげられる。

 

またイベントでは無声映画にピアノの生演奏を付けて楽しむ『SILENT FILM LIVE』や、ジャン=リュック・ゴダールの作品上映中にゴダール研究の第一人者である堀潤之が実況解説をする『ゴダール実況上映』など、さまざまなことを行ってきた。だが高橋さんも、石田さんもまだまだやりたいことはたくさんあると語る。

石田

なかなか他のことで手が回らず、実現しなかった企画の方が多い。映画館運営がうまく機能しているかどうかはさておき、自分たちがやりたいことを一番にしてイベントは行っています

高橋

最近だと『元町映画館オープンダイアローグ』という企画をやっていますが、それはゲストに来てもらってトークをしてもお客さんが話を聞くだけになるのがもったいないと感じたからなんです。でも、そうしたイベントの終演後のサイン会で、監督に長い質問や、感想を言っているお客さんを見かけることもありました。それを見て、みんな映画の感想を自分一人のものにするのではなく、誰かに話したいし、話をしながら自分の考えを深めたいのではと気づいたんです。それで私が石田と自分たちが観た映画について、お喋りをした時に「そうだみんなでお喋りをする場を作ればいい」と思ったんです。

高橋

そもそも私たちの映画館にはシネフィルがいないんですよ。私も全然映画マニアじゃない。だから映画の力を信じきれてないところがあるんです。「いい作品だから、人は来るはず」みたいな信用ができず、あの手この手でなんとか映画のことを知ってもらおうとしているんですね。それにミニシアターが次から次と閉館していった時期にできた映画館だからこそ、何かをしないといけないという想いも強い。

 

あといろいろ企画を行うことで、映画館への入り口を作りたい。私はシネフィルではないけど、私たちが今上映している映画が世の中には必要だし、自分を成長させてくれるという想いはある。ただミニシアターの映画が今「無駄なもの」として切り捨てられようとしていることを実感もしていて。そういう意味でもじっと待つのではなく、入口はいろいろと増やしておきたいですね。

〈元町映画館〉は「こうじゃないと、いけない」というこだわりが少ないのかもしれない。だからこそ映画館に風を通すようなイベントを次々と行えるし、新しい運営方法を行っても柔軟に対応できたように感じる。同時に主体が「私」ではなく「みんな」であるがゆえ、一人だけの価値観で動くのではなく、全体の価値観で運営ができている。時代は常に変化していく。だからこそ固定観念を捨て、環境の変化に合わせて運営することは重要だ。「みんなの映画館」である〈元町映画館〉の取り組みを見ていると、今あるべきミニシアターの姿を体現しているように感じた。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
全員が「ヤバい」と思える音楽に向かって – 愛はズボーンが語る、理想とパーソナルがにじみ…
REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい…
REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』
INTERVIEW
今はまだ夢の途中 – AIRCRAFTが語る『MY FLIGHT』までの轍
COLUMN
編集部員が選ぶ2023年ベスト記事
REVIEW
Qoodow『水槽から』 – 「複雑さ」すらも味にする、やりたいを貫くオルタナティヴな作…
REVIEW
The Slumbers『黄金のまどろみ』 – 先人たちのエッセンスを今へと引き継ぐ、昭…
COLUMN
サステナブルな理想を追い求めるバンド – (夜と)SAMPOが会社員でありながらバンドを…
REPORT
ボロフェスタ2023 Day2(11/4)- タコツボを壊して坩堝へ。ボロフェスタが創造するカオス
REPORT
ボロフェスタ2023 Day1(11/3) – 蓄積で形成される狂気と奇跡の音楽祭
INTERVIEW
物語が生み出すブッキング – 夜の本気ダンス×『ボロフェスタ』主宰・土龍が語る音楽フェス…
INTERVIEW
自発性とカオスが育む祭 – 22年続く音楽フェス『ボロフェスタ』の独自性とは?
REVIEW
てら『太陽は昼寝』 – 人間の内面を描く、陽だまりのような初バンド編成アルバム
REPORT
ナノボロ2023 Day2(8/27)‐ コロナからの呪縛から解放され、あるべき姿に戻ったナノボロ…
REVIEW
鈴木実貴子ズ『ファッキンミュージック』- 自分ではなく、好きになってくれたあなたに向けられた音楽
REVIEW
オートコード『京都』 – “東京”に対する敬愛が生んだ25年目のオマージュ
INTERVIEW
Nagakumoがポップスを作る理由 – 実験精神を貫き、大衆性にこだわった最新作『JU…
INTERVIEW
つながりと問題のなかで灯を守り続ける – シネ・ヌーヴォの2023年
INTERVIEW
壁を壊して、枠組みを広げる映画館 – あなたの身近なテーマパーク〈塚口サンサン劇場〉とは…
REVIEW
ここで生きてるず“彗星ミサイル” – 愚直ながらも、手法を変えて人生を肯定し続けるバンド…
REPORT
坩堝ではなく、共生する園苑(そのその) – 『KOBE SONO SONO’23』ライブ…
INTERVIEW
僕らがフリージアンになるまで – リスペクトと遠回りの末に生まれたバンドの軌跡
REVIEW
パンクを手放し、自己をさらけ出すことで手にした 成長の証 – ムノーノモーゼス『ハイパー…
REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Re…
REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ
REVIEW
ステエションズ『ST‐2』 - 千変万化でありながら、それを感じさせない強靭なポップネス
REVIEW
揺らぎ『Here I Stand』- 型にはまらない姿勢を貫く、どこにも属さない揺らぎの一作目
REVIEW
くつした『コズミックディスク』 - 変わらずに歌い続けた空想の世界
REVIEW
台風クラブ『アルバム第二集』 - 逃避から対峙へ、孤独と絶望を抱えながらも前進するロックンロール
INTERVIEW
経験の蓄積から生まれた理想郷 ー ASR RECORDS 野津知宏の半生と〈D×Q〉のこれから
REPORT
ボロフェスタ2022 Day3(11/5)-積み重ねが具現化した、“生き様”という名のライブ
REVIEW
ベルマインツ『風を頼りに』- 成長を形に変える、新しい起点としての1枚
REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」
REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春
REVIEW
糞八『らくご』 – 後ろ向きな私に寄り添う、あるがままを認める音楽
REPORT
マーガレット安井の見たナノボロ2022 day2
INTERVIEW
おとぼけビ〜バ〜 × 奥羽自慢 - 日本酒の固定観念を崩す男が生み出した純米大吟醸『おとぼけビ〜バ〜…
INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成…
INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー
REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REVIEW
藤山拓 – girl
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
INTERVIEW
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
INTERVIEW
Live Bar FANDANGO
INTERVIEW
扇町para-dice
INTERVIEW
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
INTERVIEW
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…