REPORT

ボロフェスタ2023 Day1(11/3) – 蓄積で形成される狂気と奇跡の音楽祭

今年22年目の開催を迎えた、京都のフェスティバル『ボロフェスタ』。今年は11月3日~11月5日の3日間に渡って〈KBSホール〉、また4日の夜には〈CLUB METRO〉で開催された。2014年から毎年ライブレポートを掲載してきたANTENNAでは今年も編集部あげて総力取材!ライター独自の目線でボロフェスタを綴っていく。本記事では初日の11月3日の模様をハイライトでお届けする。

MUSIC 2023.11.20 Written By マーガレット 安井

トラブルさえも面白さに変えるフェス

いつも楽しみにしていた『ボロフェスタ』の名物、まーこおばちゃん※のドライカレーが今年で最後になるらしい。話を聴いたところ、どうやら来年は違うメニューを出すらしく、まーこおばちゃんがボロフェスタからいなくなるわけではないとのこと。ホッとしたのと同時に、よくよく考えるとこれだけ年月が経てば何があってもおかしくないなと感じる。〈京都大学西部講堂〉で始まった『ボロフェスタ』も、気がつけば今年で22年目。その間、東北で大きな地震が起き、元号が平成から令和へと変わり、新型コロナウイルスという未知なる病原菌が生まれた。

 

22年あれば何か変わる。だからこそ同じマインドを持ち続けて1つの物事に取り組むのは大変な努力がいることだ。DIYでの運営を貫き、ボランティア・スタッフが主体となり、ゲリラ的なイベントを次々と行いながら化学変化を楽しむ。アクシデントを嫌うイベント業界において、リスクを背負いながらも、それすらを面白さへと変えてやろうとする『ボロフェスタ』のマインドは狂気であり、それを22年も続けることは、もはや奇跡とも言える。

だがそれも長年、トライ&エラーを蓄積し続けたからこそできることだと考える。今年は主催者の一人であり、パーティーナビゲーターのMC土龍が『スーパーマリオブラザーズ』のマリオに扮して、『THE FIRST SLAM DUNK』ばりのフリースローをするというオープニングからスタートした『ボロフェスタ2023』の1日目。その中で「経験の蓄積」を感じられるライブを数多く観た。

※杉浦真佐子:MC土龍が店長を務める〈livehouse nano〉のオーナー

活動し続けることで得られた武器と境地(フリージアン、Superfriends)

神戸のバンド、フリージアンが『ボロフェスタ』に初見参。ライブ冒頭、マエダカズシ(Vo)が“仰げば尊し”の一節をアカペラで披露。その歌声に、彼ら目当てではなかった観客も足を止めて、ステージへと視線を向ける。そして会場いっぱいにロック・サウンドを轟かせれば、もはや〈KBSホール〉は彼らの独壇場だ。“Mayday”、“ノンアルコール”と、水を得た魚のように、瑞々しくも重厚感のある音楽が観客のもとへと届けられる。そのサウンドに感化されたのか無数の拳が挙がり、どんどんヒートアップしていく。

 

結成は2021年だが、メンバーのキャリアとしては10年以上の長きにわたり関西のインディーズシーンで活動しているフリージアン。今回のライブで披露された“お願いダーリン”や“悲しみの全てが涙ならば”は、マエダが10年前に所属していたバンド・逢マイミーマインズ時代の楽曲だ。だが今の方が多くの人に突き刺さっているように感じる。それは10年の間に培われた感情や技量が楽曲に反映され、より厚みのあるものへ仕上がったからだ。彼らに熱狂した観客を見ながら、活動をし続けることの重要性をひしひしと感じた。

活動し続けるという意味では、〈街の底STAGE〉に登場したSuperfriendsも忘れてはいけない。結成18年目にして初の『ボロフェスタ』出演。開始早々“Let go”、“My Donna”といったナンバーを披露する。アメリカのオルタナティブやインディーの空気をいっぱいに吸い込んだサウンドが、街の底を温かく包み込む。気負いせず、自然体のままでライブをする姿に、会場からは自然と手が上がったり、曲を口ずさんだりする観客も見られた。

 

ハイライトはラストで演奏された“1994”であろう。バンドのソングライターである塩原(Vo / Gt)が最も敬愛するバンド Weezerへの偏愛を詰め込んだこの曲。演奏されるやいなや歓声が上がり、シンガロングが沸き起こる。 以前塩原にインタビューした際に、Weezerに憧れてバンドをやろうとしたが目指していた音楽にならず、以降パワーポップからはみ出し続ける楽曲を作ってきたと語っていた。そんな彼らが自分の敬愛するバンドのことを、パワーポップで歌う。それもまた18年という歳月を経たからこそ、歌えているのではないかと感じた。

参照点の先に獲得した、オリジナリティー(The Slumbers、幽体コミュニケーションズ)

活動年数こそ短いが、さまざまな蓄積が音楽へと反映された若手バンドも多数登場した。その一例が〈街の底STAGE〉に出演したThe Slumbersであろう。

その音が会場になり響いた瞬間「なんて、いぶし銀のバンドなのだ!」と驚いた。“レトロカー”、“ロマンス”など次々に繰り出されるサウンドは、サザン・ロックが持つ土臭さや、オルタナティブ・ロックの壮大さを兼ね備えている。さらに佐々木智則(Vo / Gt)の昭和歌謡的なこぶしを効かせた歌唱はサウンドとマッチし、まさに「日本のロックンロール」という言葉が最高に似合う音楽へと仕上がっている。特にライブの最後に演奏された“さらば、憧れ”はその真骨頂だと感じた。

 

その文脈はクリエイションやザ・ルースターズなどから連なるものではある。だが先人たちよりも派手さを狙わずに、じっくり腰を据えたロックを令和に鳴らそうとする姿勢はむしろ新しささえ感じてしまう。「ロックンロール歴史の美学を集積したバンド、それがThe Slumbersである」と言いたくなるようなアクトであった。

同じ理由で幽体コミュニケーションズも素晴らしかった。“巡礼する季節”や“幽体よ”などライブが進行するにつれて、その音楽に釘付けになる。アンビエントなサウンドかと思えば、ブレイクビーツが入り、ヒップホップに変化。かと思えば、いつの間にかトイ・ポップのようなカラフルさをまとい、気がついたら再びアンビエントな音楽へと回帰する。また繊細ながら浮遊感のあるpaya(Vo / Gt)、いしし(Vo)の二人の歌声はサウンドと溶け合い〈KBSホール〉全体を包み込みこむ。観客も変化してゆく幽体の音楽に、身を委ねながら体を揺らしていく。

 

彼・彼女らの音楽にも参照点みたいなものはあるとは思う。フィールド・レコーディングとヒップホップをミックスする形は口ロロの『everyday is a symphony』(2009年)。カラフルなポップサウンドはceroやトクマルシューゴ。アンビエントなサウンドと生楽器をあわせるのは2000年代のコーネリアスを思い起こさせる。だがこれらの要素を掛け算した結果、そのどれにも似ていない音楽として目の前にたたずんでいる。歴史の蓄積の末に生まれた、まさに異分子というべき音楽集団、それが幽体コミュニケーションズなのだと感じた。

長年のこだわりがバンドの強みに変化(Base Ball Bear、夜の本気ダンス)

『ボロフェスタ』も中盤に差し掛かり登場したのは、Base Ball Bear。まずは“17才”、“海になりたい part.3”と立て続けに軽快なサウンドを披露する。今年で結成22年。結成当初は4人で活動していたが、2018年より3ピースで活動。“17才”も、もともとは4人編成の曲ではあるが、今ではまるで3人のためにあるかのように仕上がっている。

 

22年あれば「変化をしよう」または「変化をせざるを得ない」という場面にぶち当たる。逆から言えば、柔軟に変化をしたからこそ今のBase Ball Bearがあるともいえる。“Endless Etude”では本来であればもう一人のギタリストが演奏するかのようなフレーズを、ルーパーエフェクトを使用することで、三人でも演奏できる楽曲へと仕上げる。またRHYMESTERとのコラボ曲である“The Cut”のラップパートは小出祐介(Vo / Gt)がライムする。この「いない」状況を逆手に取り音楽を作るという姿勢こそ、今まで活動を続けられた強みであるとライブを観ながら感じた。

 

ラストナンバーは代表曲“BREEEEZE GIRL”。楽曲中盤では舞台後方のステンドグラスが登場し、観客も大盛り上がり。22年目の強さを感じるライブであった。

夜と本気ダンスもまた、「バンドの強み」を感じさせるライブを披露していた。デビュー当初から「踊る」にこだわり続けて、素晴らしいダンスナンバーを生み出してきた。米田貴紀(Vo / Gt)が開口一番「踊れる準備はできていますか、京都!」の叫びと共に“WHERE?”からライブがスタート。会場全体を踊らせたなら、“LOVE CONNECTION”、“fuckin’ so tired”と惜しげもなく代表曲を乱打する。

 

結成15周年、現在もロックシーンの最前線に立つ。だがインタビューにて、コロナ禍を期に「踊るとは?」という原点に立ち戻ったと語っていた。もともと00年代以降のロックンロール・リバイバルやダンス・パンクなどを軸にしてきたバンドだが、コロナ禍以降はEDMやニューウェーヴなど今まで自分たちの文脈になかった踊れる音楽も取り込んできた。今回披露された“審美眼”や、水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミが制作に参加した“ピラミッドダンス”などは、「踊るとは?」ということを考えてきた夜の本気ダンスの答えだと感じる。

 

同時に、これらの曲が過去曲と並んだ時に「夜の本気ダンスの楽曲」として違和感がなく仕上がっているのは、それまで培われた音楽とEDM、ニューウェーブが上手くミックスされていることを証明している。自らの軸を崩すことなく、自身の音楽性を拡張し、徹底的に観客を踊らせる。「踊る」ということに対して、強いこだわりを感じさせるライブであった。

 

制約からの解放 水曜日のカンパネラが作り出す、あるべきライブの姿

「『ボロフェスタ』と相性のいいアーティストは?」そう質問されたら、まず挙げるのが水曜日のカンパネラである。同フェスの面白さは「予測不可能なゲリラ的な部分」に集約される。突然開始されるアトラクションの数々や、アクシデントすら面白さへと変えるマインド。予期せぬ事態をあえて引き起こそうとする姿勢は、水曜日のカンパネラにこそ当てはまるように感じる。

 

「皆様どうも。前からのスタートとなりま〜す」と言い、“ティンカーベル”に合わせ、『ボロフェスタ』ではおなじみ“移動式CENTER STAGE”に乗って登場した詩羽。その登場方法に観客からも歓声が起こる。注目を引かせたら、後は彼女の独り舞台。“バッキンガム”では高速ラップを難なくこなして無数の拳を挙げさせると、“ディアブロ”では「いい湯だね!」と会場が割れんばかりのコール&レスポンスを決めていく。さらに“赤ずきん”ではオオカミも登場してダンスを披露したなら、“桃太郎”ではウォーターボールに入り、観客の頭上を遊泳していく。何が飛び出すかわからない、まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのようなパフォーマンスで会場を圧倒していく。

 

詩羽になってから、水曜日のカンパネラが『ボロフェスタ』でライブするのは『ナノボロ』を含めると今回が3回目。そして過去2回はコロナ禍であったため、発声ができないなどの制約が課された。“ディアブロ”もコール&レスポンスではなく、振付で対応していた。制約が解除された今、水曜日のカンパネラは鬼に金棒。今まで以上に、観客が楽しめるパフォーマンスに仕上がっていると感じた。ラストには“マーメイド”、“エジソン”、“招き猫”と代表曲を3曲続けて披露。大きな招き猫もステージに登場し、熱狂のままライブは終了。まさに何でもありのエンターテイメントの真髄を見るかのようなステージであった。

LOSTAGEが音楽で語るロックバンドとしての生き様

「なんだこの音は!」1曲目に演奏された“巡礼者たち”の音を聴いた瞬間、そんなことを思った。今年アルバム『PILGRIM』を発表し、現在全国ツアー中の最も脂の乗った状態なのはわかってはいた。だが『ボロフェスタ』で観た彼らのライブは重厚なサウンド、力強いビート、攻撃的なギター・フレーズ、などの一挙手一投足が圧倒的すぎるのだ。まるで「最高のロックとはこういうこと」と、ライブをもって体現してるかのようである。

 

五味岳久(Ba / Vo)が「キャパ80人のライブハウスでも、『ボロフェスタ2023』のトリでも、いつもと同じようにを演奏します」と、土龍が運営する収容人数80名の〈livehouse nano〉にもリスペクトを捧げ、“窓”を演奏。オーラのような圧倒的なサウンドスケープが会場を侵食し、自然と歓声が沸き起こる。“平凡”では岩城智和(Dr)のビートと五味拓人(Gt / Cho)のソリッドなギターリフが絡みつき、観客を沸かせる。終盤では代表曲である“SURRENDER”も披露。あきらめずに戦い続けるその音楽は、地元奈良でインディペンデントに活動を続ける彼ら自身に言い聞かせているかのようであった。

 

本編ラストに演奏をされたのは最新アルバム『PILGRIM』から“瞬きをする間に”。曲のクライマックスにあわせてカーテンが開き、見事なステンドグラスが登場。演奏終了後も会場は鳴りやまず、拍手に応えて再度登場した。「いいイベントに出れて良かった」「もう一曲だけやって奈良に帰ります」と言い、イントロが鳴り始めると歓声が沸き上がる。初期の代表曲“手紙”だ。五味の叫びにも似た歌声が、この日一番の盛り上がりをみせる。「どうもありがとう、LOSTAGEでした」とだけ言い、ステージを後にした。

この1日もまた、ボロフェスタの血肉となる

他にも忘れられないライブはたくさんある。ハッピーで、心が温かくなるようなサウンドが印象的であったズーカラデル。エントランスにある〈どすこいSTAGE〉をミラーボール煌めくクラブへと変えたKENT VALLEY。シリアスなサウンドと変則的なリズムで会場を侵食したPeople In The Box。「年齢なんて、関係ねえ!」とばかりにパワフルなステージングで観客を沸かした怒髪天。挙げだすときりがないくらい、素晴らしい演奏の数々が繰り広げられていた。

 

そしてそれらの演奏はコピーできたとしても、生き様や人柄を内包したパフォーマンスは決して真似できるものではない。なぜなら何年もあきらめず、真摯に音楽活動を積み重ねてきたことでしか得られないオリジナリティだからだ。活動してきた年月や経験はライブでこそリアルに反映される。

 

22年目の『ボロフェスタ』もまたその歳月を感じさせるものだった。冒頭にも書いたがDIYでトライ&エラーを続け、ゲリラ的に観客を楽しませる姿勢は全国探しても、このフェスくらいだろう。そして今年の経験も、また血となり肉となり、次の年へと引き継がれる。パーティーナビゲーターの土龍はインタビューで「80歳になってもフェスを続けたい」と語っていたが、その未来も夢物語ではないと思えてくるのだ。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
全員が「ヤバい」と思える音楽に向かって – 愛はズボーンが語る、理想とパーソナルがにじみ…
REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい…
REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』
INTERVIEW
今はまだ夢の途中 – AIRCRAFTが語る『MY FLIGHT』までの轍
COLUMN
編集部員が選ぶ2023年ベスト記事
REVIEW
Qoodow『水槽から』 – 「複雑さ」すらも味にする、やりたいを貫くオルタナティヴな作…
REVIEW
The Slumbers『黄金のまどろみ』 – 先人たちのエッセンスを今へと引き継ぐ、昭…
COLUMN
サステナブルな理想を追い求めるバンド – (夜と)SAMPOが会社員でありながらバンドを…
REPORT
ボロフェスタ2023 Day2(11/4)- タコツボを壊して坩堝へ。ボロフェスタが創造するカオス
INTERVIEW
物語が生み出すブッキング – 夜の本気ダンス×『ボロフェスタ』主宰・土龍が語る音楽フェス…
INTERVIEW
自発性とカオスが育む祭 – 22年続く音楽フェス『ボロフェスタ』の独自性とは?
REVIEW
てら『太陽は昼寝』 – 人間の内面を描く、陽だまりのような初バンド編成アルバム
REPORT
ナノボロ2023 Day2(8/27)‐ コロナからの呪縛から解放され、あるべき姿に戻ったナノボロ…
REVIEW
鈴木実貴子ズ『ファッキンミュージック』- 自分ではなく、好きになってくれたあなたに向けられた音楽
REVIEW
オートコード『京都』 – “東京”に対する敬愛が生んだ25年目のオマージュ
INTERVIEW
Nagakumoがポップスを作る理由 – 実験精神を貫き、大衆性にこだわった最新作『JU…
INTERVIEW
町のみんなと共生しながら独自性を紡ぐ。支配人なきシアター、元町映画館が考える固定観念の崩し方
INTERVIEW
つながりと問題のなかで灯を守り続ける – シネ・ヌーヴォの2023年
INTERVIEW
壁を壊して、枠組みを広げる映画館 – あなたの身近なテーマパーク〈塚口サンサン劇場〉とは…
REVIEW
ここで生きてるず“彗星ミサイル” – 愚直ながらも、手法を変えて人生を肯定し続けるバンド…
REPORT
坩堝ではなく、共生する園苑(そのその) – 『KOBE SONO SONO’23』ライブ…
INTERVIEW
僕らがフリージアンになるまで – リスペクトと遠回りの末に生まれたバンドの軌跡
REVIEW
パンクを手放し、自己をさらけ出すことで手にした 成長の証 – ムノーノモーゼス『ハイパー…
REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Re…
REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ
REVIEW
ステエションズ『ST‐2』 - 千変万化でありながら、それを感じさせない強靭なポップネス
REVIEW
揺らぎ『Here I Stand』- 型にはまらない姿勢を貫く、どこにも属さない揺らぎの一作目
REVIEW
くつした『コズミックディスク』 - 変わらずに歌い続けた空想の世界
REVIEW
台風クラブ『アルバム第二集』 - 逃避から対峙へ、孤独と絶望を抱えながらも前進するロックンロール
INTERVIEW
経験の蓄積から生まれた理想郷 ー ASR RECORDS 野津知宏の半生と〈D×Q〉のこれから
REPORT
ボロフェスタ2022 Day3(11/5)-積み重ねが具現化した、“生き様”という名のライブ
REVIEW
ベルマインツ『風を頼りに』- 成長を形に変える、新しい起点としての1枚
REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」
REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春
REVIEW
糞八『らくご』 – 後ろ向きな私に寄り添う、あるがままを認める音楽
REPORT
マーガレット安井の見たナノボロ2022 day2
INTERVIEW
おとぼけビ〜バ〜 × 奥羽自慢 - 日本酒の固定観念を崩す男が生み出した純米大吟醸『おとぼけビ〜バ〜…
INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成…
INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー
REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REVIEW
藤山拓 – girl
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
INTERVIEW
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
INTERVIEW
Live Bar FANDANGO
INTERVIEW
扇町para-dice
INTERVIEW
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
INTERVIEW
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…