REVIEW
girl
藤山拓
MUSIC 2021.12.20 Written By マーガレット 安井

『girl』は奈良県出身のシンガー・ソングライター藤山拓の初となるフルアルバムだ。ライブでは弾き語りをメインに活動しているが、本作ではバンドアレンジに挑戦。アフターアワーズのタミハル(E.Gt)やsoratobiwoのキャプテンOG(E.Gt / Ba)、senoo ricky(Dr)らが参加し、彩を添えている。また収められている楽曲は既にライブで何度も披露されてきた鉄板のナンバーばかりであり、そういう意味では自信をもって送り出すベストアルバム的な作品だともいえる。しかし本稿で語りたいのは、そういう部分ではない。もっと根本的な、臭いの話である。

 

藤山の楽曲は男性目線でありながら男性臭さがあまりしていない。妄想の彼女像を描いているが、銀杏BOYZが持っていた性春の香りはしないし、かといってback numberのような未練がましく、女々しい感じもない。彼の歌は男の持つ生々しさがなく、対象者や自身に対してネガティブさをぶちまけたりしない。男性内の多様性にも配慮された、優しい歌なのだ。その根元を紐解けば、例えば歌詞の一人称を俺ではなく僕で徹底していたり、セクシュアルな表現自体をあまり使わず、使うとしてもリアリティラインを上げすぎず抽象度の高い書き方(例えば“夏の庭”における女性の胸を「小さく揺れる桃源郷」と表現するなど)をすることで、男性的な妄想をさらっとスムーズに聴ける音楽へと昇華させる。また藤山の歌声は優しい。表題曲でもある“girl”では、柔らかくささやくように語りかける。一方で別れた後の悲しみの心境を紡いだ“girl2”では情緒的でがなるように歌われるが、その声からは悲痛さよりも温かさがにじみあふれる。

 

「男性内の多様性に配慮された歌」という点では藤山は大江千里に似ている。ピアノを軸にしたきらびやかなポップサウンドの大江と、フォーキーな藤山のサウンドは対極かと思われるかもしれない。しかし大江の歌詞は代表曲である“かっこ悪い振られ方”や“rain”にも表れている通り、男性臭さをあまり出さず、弱さも見せる男性像を提示している。

 

 

また男の弱さを見せても未練がましさを押し付けたりはしない。どんな対象にもネガティブを向けることはないし、もちろんその矛先を自己にも向けようともしない。そんな姿勢が藤山にも引き継がれている。ただし藤山は大江のようなアイコンとしてではなく、どこにでもいる青年という立ち振る舞いでギター片手に歌う。男性内の多様性を考えながら、特別ではなくごく身近な存在として歌われる音楽。それが藤山拓の『girl』というアルバムではないか。

girl

 

アーティスト:藤山拓
仕様:CD
発売:2021年10月2日
価格:¥2,500(税込)

 

収録曲

1.飛行機雲

2.引き出しの手紙

3.girl2

4.きみのいた部屋

5.夏の庭

6.台風10号

7.港

8.国境は身体

9.刺青

10.girl

 

購入先リンク

https://fujiyamano.stores.jp/items/61a50fccb91b7565b90d92ed

藤山拓

Photo by katsunori abe

 

奈良在住。SSW。

2017年より本格的に音楽活動を始める。

関西を中心に全国のライブ会場へ積極的に足を運び精力的に活動中!

Twitter:https://twitter.com/tochanto

HP:https://neko-fujiyama.jimdofree.com/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
おとぼけビ〜バ〜 × 奥羽自慢 - 日本酒の固定観念を崩す男が生み出した純米大吟醸『おとぼけビ〜バ〜…
INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成…
INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー
REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
たけとんぼ 平松稜大・きむらさとしに影響を与えたアルバム5選

1stアルバム『たけとんぼ』のリリースを果たした、二人組フォークロック・バンドたけとんぼ。本記事では…

INTERVIEW
伝道と更新を目指すアコースティック・サウンド – たけとんぼインタビュー

ついつい凸凹コンビという安易な表現を使ってしまいそうな、一度見たら忘れられないキャラクターだ。199…

REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波

「波」と聞くと、始めに思い浮かぶのは海で砂浜に打ち付ける波だ。時に津波ともなり、人が及ばない程大きな…

REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?

シンガー・ソングライター kiss the gamblerの音楽は自身に立ち昇った感情をただ歌にする…