ALL POSTS

COLUMN
【2021年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる

揺らぐ定義、移ろう概念。作曲家、サウンドデザイナーとして活動する主宰・増田義基を中心とする、かさねぎ…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。…

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio Pakistan

パキスタンの音楽的背景と、その再興に挑み続けるテレビ番組 CokeStudioについて。

COLUMN
Vol.3 Sovietwaveトラックガイド

Vol.1 Sovietwave – 時代の移り変わりでねじれるソ連のノスタルジーのリンクはこちら。…

COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前口上

“はじめぼくはひとりだった”。筆者が日本のフォークを聴き始めたのは忌野清志郎やMichael Jac…

INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020

特集『文化の床』の企画「#JAPANESE NEWEST FOLK」では、着実に従来のイメージを跳ね…

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは

人によって育まれる文化。そこで生まれたアイデンティティは常に不変であるとは限らない。時代、場所、環境…

COLUMN
Vol.1 Sovietwave 時代の移り変わりでねじれるソ連のノスタルジー

カルチャーは多様な側面を持ち、楽しむ人々はそれぞれの視点から価値を引き出している。時代や環境、言語や…

NEWS
マンチェスタースクール≡、2013年リリースの全国流通盤『雨の匂いEP』のサブスクリプション解禁

2005年頃結成、大阪を拠点に活動する4ピースバンド・マンチェスタースクール≡。2013年にリリース…

MONTHLY RECOMMEND
何者でもなく自分になる
MONTHLY RECOMMEND
何者でもなく自分になる