INTERVIEW

HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュー

MUSIC DESIGN 2017.07.10 Written By 安尾 日向

関西を中心にネット販売・ディストロとして活動しているHOLIDAY! RECORDSが、今年の夏に販売する新Tシャツのデザイナーを募集。デザイナーとして選ばれた山﨑めぐみさんと制作を進め、ついにそのデザインが完成しました。

 

 

 

 

販売決定したTシャツ
──

早速ですが、今回お二人はどのような形で連絡をとられていたか教えていただいてもよろしいでしょうか。

山崎

主にLINEでやり取りしていました。

──

スムーズに進みましたか?

植野

そうですね。山崎さんがどんどん案を送ってくれたので助かりました。

──

山崎さんは筆が早いタイプなんですか?

山崎

集中モードに入るとアイデアが浮かびやすくなるので、その時に一気にわーって描いて植野さんに送っていましたね。

──

山崎さんは普段なにをされている方なんでしょうか。

山崎

普段は会社務めをしています。あと私はEupholksっていうバンドのサポートメンバーをやっていて、実は植野さんがやっていたバンドのライブも何度か見に行ったことがあります。だから一方的に情報は追いかけていました。

植野

そうだったんですね!今回、今までのHOLIDAY!っぽさとは違った感じにしたいなと思って、山崎さんに選ばせていただきました。製作途中で「今のHOLIDAYっぽさ」を逆提案いただけたこともあり、良いものができたんじゃないかと思っています。

──

では早速一番最初のデザイン案から振り返っていきましょう。

──

これセグウェイに乗っているんですか?

山崎

はい。一番最初にこれで提案しました。

──

ちなみにどうしてセグウェイなんですか?

山崎

実は最初、海沿いで動物たちがサイクリングをしている絵を描こうとしたんですけど、自転車がうまく描けなくて、それでセグウェイにしようと思いました。

──

簡単ですもんね。

山崎

イメージは動物の夏のお散歩という感じで描きました。私はシュールなイラストを描くことが多いんですが、今回は事前に植野さんの方から「キャッチーで、スタンダードなものを描いて欲しい」という要望をいただいていたので、その中で自由に描かせてもらったのがこのイラストです。

植野

Instagramなどで山崎さんの作品を見ていると、シュールなものから可愛らしいものまで、かなり幅広い作品があったんです。だから今回はキャッチーで可愛いものを見てみたいなと思ってそうリクエストしました。

──

他には植野さんの方から何かリクエストはありました?

山崎

1つ目を提案した後に、「夏だからアイスコーヒーを持っている感じにしたい」というリクエストがありましたね。

植野

Tシャツを作るときにいつもHOLIDAY! RECORDSの名前にちなんで、休日をテーマにデザインをお願いしていたんですね。今回、山崎さんは動物をモチーフにした作品をたくさん描いいるので、「動物たちの夏の休日」をテーマに、っていうのを一番最初にお願いしたんですよ。それでアイスコーヒーは、山崎さんのInstagramでもコーヒーを動物が持っているイラストがよく出てきていたので、「夏だからアイスコーヒーでどうですか?」という提案をしました。

山崎

それで描いたのが2つ目と3つ目の、動物たちがアイスコーヒーを持っているイラストです。

──

なぜこの2作品はボツになってしまったんですか?結構可愛いと思うんですが。

植野

僕の好みですね。

山崎

植野さんが私のInstagramの中では、冬にコアラがコーヒーを飲んでいるシンプルな絵が好きだとおっしゃっていたので、もっとシンプルなものがいいのかなと思いました。

植野

それでそのコアラのイラストの夏バージョンをお願いして描いてもらったのが4つ目の作品です。

──

期待通りのイラストに見えますが、どうしてこれはボツになってしまったんですか?

植野

やっぱり冬のバージョンが好きだったんですよね(笑) 。それで山崎さんのイラストの中でも一番メイン、主人公っぽい犬一匹に絞ろうという話になりました。

山崎

確かに犬を一番たくさん描いてますね。それでその犬一匹に絞って描いたのが5つ目のイラストです。

──

これは植野さん的にはどうだったんでしょう。

植野

うーん、ちょっとリアル過ぎるかなーと(笑)

山崎

私もこの犬、すね毛とか結構生えてて「すね毛はやっぱりNGかな」と思いました(笑)

──

そこの生々しさだったんですね(笑) 。そう言えばフォントは途中から手描きで統一されていますね。

植野

そうですね。結構早めの段階で手描きに決めました。

──

細めのフォントで、そこは今までのHOLIDAY! RECORDSのデザインを踏襲しているようにも感じます。そのあとはどのように進んでいったんでしょう。

植野

この辺りはいくつかの案を同時期に送ってもらって、そこから選んで方向性を決めていった感じです。

山崎

それでこの犬が海の中に入っているイラストが方向性の軸になっていきました。

──

これは最終決定したデザインにかなり近づいてきましたね!

山崎

植野さんがナードマグネットのグッズで、こういう感じのレイアウトが好きだというものを見せてくださったんです。それが背景が黒塗りの四角を使ったものだったので、じゃあ海を四角く黒塗りにして、そこに動物が入っているイメージにしようということになっていきました。

──

なるほど。それで出来上がったのがこのパターンなんですね。

山崎

最初猫で描いて送って、やっぱり犬にしようということになって、固まっていきました。

──

そして最終完成版になるわけですね。

──

とてもかわいいデザインだと思います!他に今回悩んだポイントはありますか?

植野

印刷の大きさは悩みましたね。最初に山崎さんから送られてきたものを見た時は「デザイン部分が大きすぎるかな」、と思ったんですけど、山崎さんが販売してるTシャツを見たら、大きいのもかっこいいなと思えてきて。それにいつも「僕より若い子の方が絶対センスがいいよな」、と思っているので今回は大きめにしました(笑)

──

じゃあそこは山崎さんのセンスに任せたんですね。今回のTシャツは白一色なんですよね?

植野

今の所はそう考えています。サイズはSからXLの四種類展開です。

──

みなさんに気に入ってもらえるといいですね。本日はどうもありがとうございました!

Tシャツの購入はこちらから!

販売価格:¥2,490

http://holiday2014.thebase.in/items/7269398

WRITER

RECENT POST

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年5月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして

沖縄出身の4人組バンド、aieumが初となるEP『sangatsu』を2024年3月20日にリリース…