REVIEW
TURN OUT THE LIGHTS
Julien Baker
MUSIC 2018.08.23 Written By 杢谷栄里

このレビューは、計8枚のアルバムから、中心に配置した1枚のアルバムのバックグラウンドを紐解く、ki-ft・アンテナ共同企画【3×3 DISCS】のレビューの中心となる1枚です。

 

企画詳細はこちらをご確認ください。

純粋な気持ちのパッケージング

2018年1月28日、Homecomingsはジュリアン・ベイカー来日公演のオープニングアクトを務めた。淡々と歌う畳野彩加(Gt./Vo.)、一方で、全身全霊で声を張り上げ、緩急をつけて歌い上げるジュリアン・ベイカー。ともにエリオット・スミス、デス・キャブ・フォー・キューティ、マンチェスター・オーケストラといったアメリカのギターロックからの影響を受けているが、一聴しただけでは、全く違う音楽性を持っているような印象を抱いてしまう。

 

しかし、彼女たちに共通するのは、今この瞬間感じた気持ちをいかに表現するか、ということにあるように思う。Homecomingsの「Songbirds」は、季節の変化と共に気持ちが揺れ動く様や人を好きになった一瞬をとどめておきたいといった歌詞が象徴するように、今この瞬間に感じた気持ちを大事にしたいという意図が見える。一方ジュリアン・ベイカーは、押さえきれない気持ちが高揚する様を、歌詞はもちろん、何よりも歌で示す。歌詞のストーリーが淡々としているときは淡々と、しかし、気持ちが大きく揺れ動くときは、叫ぶように歌う。今この瞬間感じた気持ちを、歌い方を合わせることで表現しているのだ。

 

純粋な気持ちを歌うこと、それは彼女たちが参照点とするアメリカのギターロックバンドが代々と行ってきたことである。

第三回【3×3 DISCS】:Homecomings『Songbirds』を中心とした9枚のアルバム

Teenage Fanclub - Bandwagonesque
Easycome - お天気でした
原田知世 - music & me
Julien Baker - TURN OUT THE LIGHTS
Homecomings - Songbirds
少年ナイフ - Brand New Knife
Laura Gibson - Empire Builder
相米慎二 - 台風クラブ
NYAI - OUT PITCH

これまでの【3×3 DISCS】

WRITER

RECENT POST

REVIEW
Hidden Figures Soundtrack – Various

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …