REVIEW
Hidden Figures Soundtrack
Various

抑圧され、立ち上がった女性たち

肉体的なリズムや音を楽曲に持ち込むことを得意としているファレル・ウィリアムスではあるが、ここに来て女性に着目をした作品作りを行っている。
本作は、全曲書き下ろしとプロデュースを行った映画「Hidden Figures」(邦題:ドリーム、2016年アメリカ制作、2017年公開)のサウンドトラック。映画のテーマが黒人女性数学者の知られざる全米初の有人宇宙飛行への貢献ということで、彼女たちの葛藤と意志の強さ、そして成功を、ゴスペルやR&B、黒人の肉厚的なボーカルや躍動感あるリズム、そしてストレートな歌詞で彩る。ファレル自身が彼女たちの気持ちになりきって歌った「Runnin’」は、当時NSAで起こっていた黒人女性の不当な扱いを自明の下にしている。

 

他方、ファレルがプロデューサーとして参加したジャスティン・ティンバレイクの『Man of the Woods』の1曲、”Supplies”のMVは、ジャスティンが見ているモニターには「Me too」が映し出され、かつ、女性が活躍するストーリーとなっている。これは、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラに対する告発を発端として、女性の権利や人権に対する世界的な動きとなった「Me too」を示し、女性たちが世界をより良い方向に導こうとしている姿のように見受けられる。
両者に共通しているテーマである女性たち。ファレルとジャスティンは、強いものがより強く権力を発する時代に、力のある弱者がやがて、強者を脅かす存在になることを示唆している。

第一回 :Justin Timberlake - Man Of The Woods

選定者:ki-ft

The Velvet Rope「Got 'til It's Gone」 - Janet Jackson
Purple Rain - Prince
24K Magic - Bruno Mars
Musical Massage - Leon Ware
Justin Timberlake - Man Of The Woods
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」) - Various
Traveller - Chris Stapleton
Hidden Figures Soundtrack - Various
Wanderlust - Little Big Town

その他のレビューも見る

WRITER

RECENT POST

REVIEW
Julien Baker – TURN OUT THE LIGHTS

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …