REPORT

【SXSW2019】「ボーダーを越えていく」いまの時代のインディーミュージックのあり方

MUSIC 2019.06.13 Written By 長井 和裕

SXSWミュージック・フェスティバルの取材テーマに「いまの時代のインディーとは何か?」を与えられた。先に断っておくと、私は音楽の造詣が浅い。長年音楽イベントの運営を手伝っているものの、バンドはしてこなかったし、知識やルーツにも弱い。その視点なりで答えを見出してみよう。

 

そもそも、インディー音楽を最初に認知したのはいつだろうか?と思い出してみる。すると、BUMP OF CHICKENやGOING STEADYがグイグイ来ていた2002年が思い浮かんだ。BUMP OF CHICKENはメジャーデビューをしていたわけだけど、片田舎に暮らす自分にとっては、聞いたこともないバンドのCDが音楽番組のランキング上位に突然と現れたこと、最寄りのCDショップのレンタルコーナーにもまだ並んでいないことに興味を駆り立てられていた。知らなかった音楽を、大勢の人が支持しているのだ。

このときに、インディーとは、誰もが知っているわけではない(=局地的に知られている)音楽の定義付けが自身にされたように思う。誰もが知っているわけではないが、知る人ぞ知る音楽であり、誰もが知るには、大衆的な場が必要であった。

SXSWのミュージックフェスティバルでは、2000組を超えるアーティストが参加する “大衆の場”のようなものかもしれない。名の知れ渡ったアーティストやベテランアーティストも参加するが、そのほとんどはまだ聞いたことのないアーティストである。当日を迎えるまでに、レコードをディグるかのように公式のWebサイトやプレイリストをあさり目星をつけていく。また、事前に狙っておいた目当てを見る流れで、当日知り、目にしたアーティストも多数存在する。

 

今年のSXSWで特にお気に入りで紹介をしたい2トップはこちら。

FRITZ

オーストラリアのニューカッスルを拠点とするTilly Murphyのソロプロジェクト・バンド。オーストラリアの飲食物やアーティストのショウケースであるオーストラリアハウスで彼女のライブをみてドハマリし、会期中の3回のライブすべてに足を運んだ。今年の一押し枠。

浮遊感あるサウンドの「Biggest Fool In The World」が心地よい。

Ferris & Sylvester

イギリスを拠点とするIssy FerrisとArchie Sylvester 男女デュオ。SXSWのアプリでプッシュするメッセージをもらい見に行く。昨年の一押しとして紹介したJade Birdのライブでオープニングアクトを務めていたことをあとから知り、ツボにハマるわけだと納得をする。ふたりのやりとりやMCからは思わずふふっと笑顔になってしまう。例えるならばハンバートハンバートのライブの雰囲気に近いかもしれない。

 

2組とも日本を発つ前にはノーマーク。現地で知り、目にしたアーティストである。この感覚は、かつての「ランキング上位に突然と現れた知らない音楽」との出会いに近いものがあった。FRITZは別のお目当てのライブの流れの中で、Ferris & SylvesterはSXSWアプリでレーベルマネージャーからメッセージをもらって知ることができた。

 

さて、「いまの時代のインディーとは何か?」のテーマに戻ってみる。やはり、過去の自分が定義した「誰もが知っているわけではない」は、インディーの考え方としてあると言える。しかし、2002年はアンテナを巡らす手段がまだ乏しかった。インターネットはまだまだ発展途上、テレビやラジオがメディアの中心だった。届ける手段がなく、知る人ぞ知るで留まった音楽も多くあるのだろう。

 

現在では、SpotifyやYoutubeを使えば世界中の音楽と繋がることができる。SXSWに参加する多くのアーティストはインターネット上に楽曲を公開しているし、SNSを通じてメッセージやツアーの様子も伺える。昨年のSXSWを経てウォッチしているJade BirdのSNSからは、精力的にツアーを重ね、ついにメジャーデビューするに至ったことをリアルタイムに知ることができた。FRITZもSNSから新曲の配信が始まったこと、とある日のライブの様子が届いてくる。

 

アーティストは世界中の誰かを対象に音楽を届けることができ、リスナーは世界中の音楽の中から新しい出会いを掴むことができる。「誰もが知っているわけではない」が、「世界中に開かれている」のだ。これこそ「いまの時代のインディーのあり方」ではないだろうか。

WRITER

RECENT POST

REPORT
【SXSW2019】インタラクティブの「変化」を読み解くと、そこにはSXSWからのメッセージがあった
REPORT
【SXSW2018】「テクノロジーが扉を開けてくれた」インタラクティブ・アワードをレポート R…
REPORT
【SXSW2018】SXSWを彩るシンガーソングライター、一押しはJade Bird
REPORT
【SXSW 2018】結果だけではつまらない?イノベーション・アワードのショーケースを覗いてみた
REPORT
【SXSW2018】 レトロから最新ゲーム、eスポーツまで『Gaming Expo』はSXSWの新し…
REPORT
【SXSW2018】最先端の技術を直に体験『SONY WOW Studio』レポート

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…