EVENT

ナノボロ2023

京都の夏の音楽フェスティバル、『ナノボロ2023』が〈livehouse nano〉とその周辺店舗にて8月26日(土)、27日(日)の2日間で開催される。

 

11月に行われるボロフェスタに先駆けて、前哨戦という立ち位置で開催されてきたが近年はそうしたところから一歩独立したイベントとしての色を確立しつつある。2020年には新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会場を〈KBSホール〉へ移して実施していたが、4年ぶりに再び〈livehouse nano〉に戻ってくる。本イベントの醍醐味でもある、小規模な会場だからこそ味わえる演者と客の距離の近さを今年はたっぷりと味わえそうだ。

 

現在、第三弾出演アーティストが発表され、いちやなぎ、かずき山盛り、水平線、メシアと人人、周辺住民などジャンル問わず、幅広いラインナップとなっている。これから続々と情報が解禁される予定のナノボロ、そして11月に開催を予定しているボロフェスタの発表も楽しみだ。

開催にあたって、主催コメント

今年のナノボロは4年ぶりに会場をLivehouse nanoとその周辺店舗に戻して開催します。コロナ禍が始まった2020年、小さなライブハウスでのサーキットフェスだったナノボロをどうするべきか頭を抱えていたときに、「ボロフェスタと同じ会場でできひんかな?」という一言から始まったKBSホールでのナノボロ。様々な制限はあるものの無事にイベントを開催できたことは、自由に音楽を楽しめる場所を奪われていた私たちに大きな感動と自信を与えてくれました。 あれから3年が経ち社会情勢も変化してきた中で、やはり狭いライブハウスならではの空気・熱狂を体感したいというスタッフの強い想いから、今回従来の会場に戻す決断をしました。

ライブハウスに行ったことのない若者も増えている中、ここにはこんなにも美しくて泥臭くてキラキラした瞬間が溢れているということを知ってほしい、と我々スタッフは願っています。みんなの好き!を詰め込んで生まれ変わったナノボロにどうぞご期待ください!

ナノボロ2023

日時

2023年8月26日(土)、27日(日)

open 12:00 / start 12:30

会場

livehouse nano / □□□ん家
〒604-0041 京都市中京区押小路通西洞院東入ル二条西洞院町632-3
喫茶マドラグ
〒604-0035 京都市中京区押小路通西洞院東入ル北側

出演

8月26日(土)

THEティバ / ゆっきゅん / Subway Daydream / かずき山盛り / No Fun / hananashi / アフターアワーズ / 超右腕 / 周辺住民 / メシアと人人 / 橙々 / びわ湖くん / 花柄ランタン / てら(band set) / いちやなぎ / 余類 / Khaki / 高山燦基(band)
and more

 

8月27日(日)
MASS OF THE FERMENTING DREGS / ULTRA CUB / Noranekoguts / Set Free / the seadays / 半袖セミナー / みっちー (シンガロンパレード) / クボタカイ / bed / 眞名子 新 / 水平線(acoustic set) / 焼き鳥 / カトラ井和寿 / ザ・シスターズハイ / blondy / いくみfrom歌うピンクトパーズ / 立川dancing / ミノウラヒロキ・マジックショー
and more

料金

2日通し入場券:¥6,500(前売のみ)
学割2日通し入場券:¥5,500(前売のみ)
1日入場券:各日¥3,500(前売) / ¥4,000(当日)
学割1日入場券:各日¥3,000(前売) / ¥3,500(当日)
※1日券種につき1ドリンク代別途。2日通し券はご来場初日のみドリンク代が必要。

チケット

イープラス https://eplus.jp/sf/word/44386
HP予約    https://borofesta.jp/nanoboro/nanoboro_ticket/

主催

株式会社にしき屋

お問い合わせ

mail:info@borofesta.jp
tel : 075-254-1930 (Livehouse nano 12:00-19:00)

WRITER

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…