EVENT

私の描く京都展

ART DESIGN BOOKS 2022.04.20 Written By 太田明日香

京都の平安神宮近くにある「店と催し 雨露」で、4 月 22 日(金)~5 月 28 日(土)「私の描く京都展」が開催。

 

「店と催し 雨露」は、編集・ライティング事務所、「株式会社文と編集の杜」が運営するショップ。不定期で京都や旅、本に関する展示を企画している。今回の「私の描く京都展」はさまざまな地域に住んでいる9人のイラストレーターが「京都」をテーマにしたイラストを展示。画風もモチーフも違う個性ある描き手たちが、それぞれの京都への思い出やイメージを膨らませた作品が並ぶ。

 

作品はすべて今回のために描き下ろしたもので、オープンは毎週金曜日と土曜日の 12 時~17 時のみ。お気に入りの作品を見つけにぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

INFORMATION

会期

2022年4月22日(金) ~ 5月28日(土)
  金曜・土曜の 12 時~17 時のみ

会場

店と催し 雨露
 京都市左京区聖護院山王町18 メタボ岡崎106 建物一階奥

・京阪電車「神宮丸太町」駅4番出入口から、東へ徒歩約10分
・地下鉄「東山」駅出入口から、北へ徒歩約15分
※地下鉄「東山」駅からバスに乗る場合
市バス「東山三条」停から「熊野神社前」停下車、徒歩約3分

料金

入場無料

お問い合わせ

株式会社文と編集の杜
TEL:075-354-5373
bhnomori5@gmail.com
FAX:075-320-2679
イベント概要はこちらをご確認ください

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
個として存在できる街とは?『街は誰のもの?』阿部航太監督インタビュー

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理

京都・吉田寮を舞台にしたドラマ・映画『ワンダーウォール』(2020年)に出演した俳優・須藤蓮が、映画…

REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” - 灯台の光のように、目的地を照らす歌

直線の定義は“端”がないことらしい。福岡出身、都内を拠点に活動するシンガーソングライター・かりんちょ…

REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽

「こんなロックンロールが聴きたかった」私は初めて観た2ピースバンドに胸を揺さぶられていた。彼女たちの…

COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…