ティモシー・シャラメ

EVENT
『君の名前で僕を呼んで』

『君の名前で僕を呼んで』が大阪は十三、第七藝術劇場にて上映。8月11日(土)からの一週間限定で、いず…

COLUMN
『君の名前で僕を呼んで』 アンチ・バイブル ~21世紀のルネサンス~

『君の名前で僕を呼んで』もうご覧になっただろうか。アンドレ・アシマン原作の同名小説を映画化した本作は…

MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
キュレーター
フラスコ飯店 編集長 川合 裕之
100人程度の主観なら、たった1冊の客観で瞬殺。思います、思います、思います。なあんて語尾ばかり散らかさないのが文筆家の仕事。筆を握る前から勝負が決まっている。