EVENT

OKAZAKI PARK STAGE 2023

MUSIC ART 2023.09.29 Written By 大城咲和

〈ロームシアター京都〉にある「ローム・スクエア」は、市民の憩いの場でありながら、時にはステージとして野外イベントの場となる劇場の中庭だ。この広場を舞台に、2019年からつづく野外イベント『OKAZAKI PARK STAGE 2023』が2023年9月30日(土)〜10月28日(土)​​に開催される。岡崎地域を中心とした市民ステージや、音楽フェスティバル、野外での演劇企画や美術家の小山田徹との焚き火​​が行われる予定だ。

 

9月30日(土)、10月1日(日)、10月7日(土)の3日間に渡って開催される市民ステージ『ローム・スクエアライブ​​』は、京都市岡崎いきいき市民活動センターの協力のもと、市内で活動する音楽サークルが集まる賑やかなイベントだ。10月14日(土)に開催される『岡崎ワールドミュージックフェスタ2023』は2014年から岡崎エリアで続く音楽フェスティバル。長唄三味線やタイ音楽、バリ舞踊、朝鮮舞踊など、世界各国の音楽が集う空間で、おいしいフードやドリンク​​と一緒に楽しみたい。

 

今年は10月16日(月)20時より、俳優の小菅紘史とチェロ奏者の中川裕貴による演劇企画『「山月記』」​​も上演される。中島敦の短編小説​​「山月記」を舞台作品として表現する本作は、2020 年より〈寺田倉庫〉や〈京都UrBANGUILD〉​​での上演と各地の演劇祭の参加など、さまざまな場所で上演を重ねてきた。各地で大きな反響を得た同作品は、ローム・スクエアでどのように描き出されるのだろうか。

 

また10月15日(日)以降、会期の後半の土日では、アーティストの小山田徹氏をホストに『ちっちゃい焚き火(薪ストーブ)を囲んで語らう会​​』が催される。「火」を囲みながら、飲み物など片手にゆるやかに語りあうことによって、肩書きや所属に関係なくゆるやかに集える場を創出する。

 

日常的な公共空間を、非日常を体験する装置であるステージに仕立て、パフォーマーと観客、日常や非日常といった境界がゆるやかに溶け合う本イベントで、新しい出会いや創造を見つけてみてはいかがだろうか。

OKAZAKI PARK STAGE 2023

日時

2023年9月30日(土)~ 10月28日(土)

会場

ロームシアター京都内ローム・スクエア

プログラム

ローム・スクエアライブ

9/30(土)、10/1(日)、10/7(土)13:00~16:00

 

岡崎ワールドミュージックフェスタ2023

10/14(土)11:00~18:00

 

小菅 紘史×中川祐貴「山月記」

10/16(月)20:00~(上演時間:約50分)

 

ちっちゃい焚き火(薪ストーブ)を囲んで語らう会

10/15(日)、21(土)、22(日)、28(土)各日17:30~20:30

料金

無料・申込不要

※一部投げ銭制

Webサイト

OKAZAKI PARK STAGE 2023

WRITER

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年5月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして

沖縄出身の4人組バンド、aieumが初となるEP『sangatsu』を2024年3月20日にリリース…