EVENT

Kyoto Crafts Exhibition DIALOGUE

ART OTHER 2024.02.11 Written By 竹内咲良

2024年3月6日(水)〜3月9日(土)、〈ホテル カンラ 京都〉にて工芸や手仕事の作り手を紹介する展示販売会『Kyoto Crafts Exhibition DIALOGUE』が開催される。出展するのは、京都を中心に国内外から多様なものづくりの背景を持った66ブランド。陶芸、和紙製品などの工芸品、寝具、化粧品に至るまで幅広いラインアップが展開される。

この販売会は、「伝統文化」や「手仕事の技」「販路・流通」などを議論し、 相互交流を深めることを目的とした京都府のプロジェクト『KYOTO KOUGEI WEEK』の一環で、2018年に初開催されて以降今回で7回目となる。

 

会期のうち、3月6日・7日は買付や商談などを目的とするビジネス向けの展示会で、招待客のみ入場可の『BUYERS DAY』、8日・9日は誰でも入場できてショッピングを楽しめる『MARKET DAY』となっている。また、ホテルの客室を展示会場として利用している点も大きな特徴の一つ。各ブランドが趣向を凝らした展示や装飾を行っていて、作り手とも顔を合わせることができる貴重な機会だ。

 

人の手で丁寧に作られているものだからこそ、それぞれに異なる表情を見せてくれる工芸品。日々の生活を彩ってくれる、世界に一つのお気に入りの一品を見つけに行きたい。

Kyoto Crafts Exhibition DIALOGUE

日程

2024年3月6日(水)~ 3月9日(土)
BUYERS DAY:6日・7日(ご招待の方のみ入場可)
MARKET DAY:8日・9日(一般の方入場可 入場料:¥1,000)

会場

ホテル カンラ京都

公式サイト

https://dialoguekyoto.com/

WRITER

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…