1990s

REVIEW
羅針盤 – らご

想い出波止場の楽曲を聴いたあとで、改めて『童謡』『Palm』といった今の山本精一の音源を聴くと、「本…

REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法

『こどもと魔法』に出会ったのは、今から7年くらい前だ。「色んな音楽を聴いてみたい」と思って買ったディ…

MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
MONTHLY RECOMMEND
冷静と情熱, その狭間にて.
キュレーター
フラスコ飯店 編集長 川合 裕之
100人程度の主観なら、たった1冊の客観で瞬殺。思います、思います、思います。なあんて語尾ばかり散らかさないのが文筆家の仕事。筆を握る前から勝負が決まっている。