EVENT

Kimpomme & Four Pens Japan Tour 2023

KimpommeとFour Pensの来日ツアーが、9月3日(日)から9月10日(日)にわたって兵庫、名古屋、東京で開催される。

 

Kimpommeはソウルのシンガーソングライター。彼女の楽曲はピアノをはじめ主にアコースティックな楽器を用いたシンプルな構成で、声や音の響きがまっすぐに届く。今年5月には日本独自企画のアナログレコード『안개속에서 霧の中で』をリリースした。

 

 

Four Pensは台北の3ピース・インディー・バンド。昨年、1stアルバム『And I believe in eternal 我也相信了永久』をリリース。過去にはharuka nakamuraをリミキサーに迎えたりツアーにて君島大空と共演したりなど、日本での活動も活発に行っている。

 

 

KimpommeもFour Pensも、作品からは生活の明るいだけではない緊張感や孤独、心細さを掬い上げているさまが聴こえてくる。Kimpommeであれば、たとえば芯のあるピアノの音、鮮明なブレスや打鍵の音、少ない音数と間の存在感。Four Pensであれば、たとえばやわらかく重なるボーカル、あたたかな管楽器の音、遠くで鳴るグロッケン、猫の鳴き声や水滴の音。そして両者は来日公演を前にリモートでコラボレーション楽曲の制作を始めており、今回のツアーでの披露も予定しているというから楽しみだ。

 

まだまだ暑い日々が続きそうだが、眩しかった夏が終わり一年の終わりにも意識が向き始める9月。もの寂しさも凛とした空気も入り混じって漂うこの時期は、このツアーにきっとぴったりのタイミングだろう。

Kimpomme & Four Pens Japan Tour 2023

 

9月3日(日)兵庫・神戸公演〈旧グッゲンハイム邸〉

9月7日(木)名古屋公演〈Live lounge Vio〉 

9月8日(金)東京・渋谷公演〈代官山NOMAD〉※

9月9日(土)東京・新宿公演〈真昼の月 夜の太陽〉※

9月10日(日)東京・世田谷公演〈Fluss〉

 

公演詳細:https://fastcut.jp/feature/kimpomme-four-pens-japan-tour-2023/

※配信チケットあり

Kimpomme(from 韓国)

 

 

本名、キム・ジヘ。 韓国ソウル出身のシンガーソングライター。ソロ活動以前はバンド、Ravie Nuageのヴォーカリスト/コンポーザーとして活動。
2020年にEP『여인에게 女性に』をリリースしソロキャリアをスタート。着実にリリースを重ねている。2023年5月にfastcut recordsより日本独自企画のアナログレコード『안개속에서 霧の中で』をリリース。今回が初めての来日公演となる。

Four Pens 四枝筆(from 台湾)

 

 

日本のインディー・ミュージック・ファンにもその名を知られる台湾のインディー・バンド、Four Pens。2011年春、ソングライターのBiboを中心に、シンガーのCandace、キーボードのSunnyの3名で結成。バンド名の四枝筆(Four Pens)の由来は、メンバーの名前の組み合わせによるもの。
台湾と日本を主な活躍の舞台として幾度も日本ツアーを敢行し、Ann Sally、haruka nakamura、Lamp、miaou、市川和則(羊毛とおはな)、君島大空、曽我部恵一ら優れた日本のミュージシャンとの共演も果たしている。また、インディー・レーベル、fastcut recordsより日本盤CDやレコードのリリースも行なっている。
彼らは欧米のインディー・フォークと日本のインディー・ポップが融合した独特なサウンドを紡ぎ出す。日常における葛藤や回顧を描いた曲が多く、透き通った演奏と暖かい歌詞、時には躍動的なピアノ、またある時にはエレクトリック・サウンドも少し交えた様々なFour Pensの顔を映し出すが、そのどれもが聴く者をそよ風の様に優しく包み込む。

WRITER

RECENT POST

REPORT
ワークショップ「視覚に障害のある人とめぐるKYOTOGRAPHIE」- 継ぎ目につまずき、言葉を重ね…
ART

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…