REVIEW
Purple Rain
Prince
MUSIC 2018.03.07 Written By 岡村 詩野

第一回 :Justin Timberlake - Man Of The Woods

プリンスに誓うエンターテイナーとしての華やかさやエロス

第52回スーパーボウルがミネアポリスで開催されると知った時から、そして、そのハーフタイムショーにジャスティン・ティンバーレイクが登場することがアナウンスされた時から、どこかでこうしたパフォーマンスになるのではないかと想像していたところもある。言うまでもなくミネアポリスはプリンスの出身地。これまでの活動の集大成のようなステージでもあったこの日のジャスティンのライヴで、プリンスの「I Would Die 4 U」のカヴァーを披露すること自体が絶対的な敬意の表れであったことは間違いないだろう。その「I Would Die 4 U」が収録されているのはプリンスの最強時代を象徴する1枚である『パープル・レイン』。あのアルバムには高い身体能力を伴ったしなやかでグルーヴ感ある音楽としてのブラック・ミュージックに真っ向から向き合い、さらにはスター性や華やかさ、エロティシズムなどを纏ってそれをエンターテインメントとして昇華させようとするプリンスがいる。そして、それを現代において、あくまで白人の立場からリスペクトを込めて継承している一人がジャスティン。紫色の照明に照らされたあの日のパフォーマンスはそんな彼のスタンスを証明してもいたのである。

選定者:ki-ft

The Velvet Rope「Got 'til It's Gone」 - Janet Jackson
Purple Rain - Prince
24K Magic - Bruno Mars
Musical Massage - Leon Ware
Justin Timberlake - Man Of The Woods
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」) - Various
Traveller - Chris Stapleton
Hidden Figures Soundtrack - Various
Wanderlust - Little Big Town

その他のレビューを見る

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
マドナシが語るキツネの嫁入りの新作と 企画イベントの歴史
COLUMN
京都暮らし2度目のリアリティ

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …