REVIEW
24K Magic
Bruno Mars
MUSIC 2018.03.07 Written By 小川 あかね

スターたちのルーツと土台

先だっての第60回グラミー賞にて、主要3部門を含む6部門を受賞したブルーノ・マーズ。年間最優秀アルバム受賞時のスピーチでは、10代の頃、故郷のハワイで観光客を楽しませるためにショウで歌っていたこと、当時好んで披露していた曲の多くが、ベイビー・フェイスやジャム&ルイス、テディ・ライリーなど、80年代から90年代に活躍したR&Bアーティストたちが作った曲であったこと、そして、そこに自分なりの味付けをしたのが『24K Magic』だと語り、「僕の礎を作ったヒーローたちにこの賞を捧げる」と繰り返していた。

 

『Man of the Woods』を、メンフィス生まれのジャスティン・ティンバーレイクの出自を見つめた作品と捉えるなら、『24K Magic』もまた、ハワイの地でエンタティナーとしての才能を開花させたブルーノ・マーズの、ルーツに根ざした作品と捉えることができる。それにこの二人は、ショウビズの世界に身を置く男性ソロシンガーとして、スターという役割を請け負っている面でも共通している。また、先日のスーパーボウルのハーフタイムショーで、ジャスティン・ティンバーレイクはプリンスの「I Would Die 4 You」をカバーしたが、昨年グラミー賞の舞台で、プリンストリビュートのステージを任されたのがブルーノ・マーズだったことも記憶に新しい。

第一回 :Justin Timberlake - Man Of The Woods

選定者:ki-ft

The Velvet Rope「Got 'til It's Gone」 - Janet Jackson
Purple Rain - Prince
24K Magic - Bruno Mars
Musical Massage - Leon Ware
Justin Timberlake - Man Of The Woods
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」) - Various
Traveller - Chris Stapleton
Hidden Figures Soundtrack - Various
Wanderlust - Little Big Town

その他のレビューを見る

WRITER

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …