EVENT

映画『ウエスト・サイド物語』(午前十時の映画祭)

MOVIE 2019.12.12 Written By 児玉 泰地

映画『ウエスト・サイド物語』が12月13日(金)~26日(木)まで、TOHOシネマズ 二条ほかで上映される。

 

特に素晴らしい傑作娯楽映画を選び、全国の映画館で1年間にわたって連続上映する『午前十時の映画祭』の一作。ニューヨークの下町を舞台に、不良グループ同士の抗争、その渦中で芽生える、トニーとマリア、グループの垣根を超えた許されない恋を描いたミュージカル大作。劇団四季が上演している舞台も有名だ。

 

現在、スティーヴン・スピルバーグが監督を手掛けるリメイク版が製作されている。ファーストルックも公開された。

リメイク版『ウエスト・サイド物語』ファーストルック

中央で手を繋いでいるのが、主役のトニーとマリア。映画『ベイビー・ドライバー』や『クリミナル・タウン』に出演したアンセル・エルゴートがトニーを演じる。マリア役として抜擢されたのは、3万人のオーディションから選ばれたレイチェル・ゼグラー。以前からYouTubeやSNSで名曲のカバーを歌う動画を公開している。映画やテレビドラマなどへの出演経験はないものの、下の動画を見るだけでも歌唱力は素晴らしい。ミュージカル映画である本作でも、その歌声を発揮してくれるだろう。

 

リメイク版が公開される前のこのタイミングで、ぜひオリジナル版を観に行ってもらいたい。

 

オリジナル版で私が印象的なのは、高架下での決闘のシーンだ。真新しく、鮮やかな朱色に塗装された高速道路の下、灰色の汚れた空き地に集まる不良グループの若者たち。経済的な成長から取り残された彼らが、仲間との馬鹿騒ぎや敵対するグループとの喧嘩にしか日々の楽しさを見いだせないことを示唆しているように思えた。鮮烈な赤と汚れたグレーのコントラストも、高架がのしかかるように覆いかぶさる構図もとてもうつくしい。映画館という暗闇でこそ、その美しさに圧倒されることだろう。

タイトル

ウエスト・サイド物語

上映期間

2019年12月13日(金)~26日(木)

毎朝午前10時より上映

上映館

TOHOシネマズ 二条
TOHOシネマズ なんば
TOHOシネマズ くずはモール
ほか

料金

1作品につき、一般 ¥1,100 / 学生 ¥500(税込み)

※特別興行につき、各種サービス・割引なし。
※劇場判断により、料金変更の場合あり。
(劇場判断とは、特別な音響での上映、トークショー付き上映または、映画の日などのサービスデイ)

上映館など詳細

午前十時の映画祭公式サイト

WRITER

Recent Posts

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio …
REVIEW
FNCTR – five
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ③大和郡山 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – folknia
SPOT
京都みなみ会館
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ②役者でない 編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ①靴屋のゴジラ 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – 無料の音楽

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
CIFIKA – HANA

動き続けて、自分の在りかを射止めた第1章 動き続…

REVIEW
Homecomings – Herge

Homecomingsが5月12日にメジャーデビューアルバム『Moving Days』をリリースする…

COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって

出会いと別れ、それぞれが人生につきものですが「はなればなれ」になるからこそ持っていたものの価値に気が…

INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』

シャンモニカのライブを初めて観たのは2019年6月。吉祥寺シルバーエレファントで行われた、ANTEN…