COLUMN

【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2024.04.19 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • livehouse nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

ゆ~すほすてる

もはやレコメンドするまでもないかもしれませんが、京都随一の4人組インディポップバンド。そりゃサウンドは様々なバックグラウンドがあり、pavementが好きなあなたも、フリッパーズギターが好きだったあなたも、ヴェルベットクラッシュにときめいたあなたも、きっとハッとするナードでポップなロック。

 

「自分、やる気あります」から始まり畳みかける3分間の興奮と感涙の応酬、もうこちらの感情ぐちゃぐちゃです。武器を持たず、盾も持たない。日常の荒波をノーガードでボコボコに受け、日常で垣間見える些細な幸せを見逃さず。日記や手紙のように綴られた歌詞はなぜか自分にも多くあてはまり、庶民の小さくも大きい心の動きを代弁してくれてるかのよう。ただ音だけをまとい本気で遊ぶほんとの大人とは、こんなにも愛おしい。

 

ふらっと来てさらっとやるカジュアルなスタイルで、これから幾つになっても共に拳をあげて泣き笑いしたい。そんなゆ~すほすてるは自身のレコ発ファイナル&GROWLYの12周年イベントでみんなをあっと驚かしてくれます!多幸感に満ちあふれること間違いなしの夜、寄り添いにおいでください!

ゆ〜すほすてる「バカンスの夢を見る」(Official Music Video)

X(旧Twitter)

@theyouthhostel

Instagram

theyouthhostel

ゆ~すほすてる 関連イベント:【GROWLY 12th Anniversary!!】 ゆ~すほすてる「引っ越ししたい」リリースツアーファイナル "みんなのことあっと驚かせるパーティ"

日時

2024年5月4日 (土)

open 17:00 / start 17:30

会場

京都GROWLY

出演

ゆ〜すほすてる / 踊る!ディスコ室町
メシアと人人 / ムルヒバンド(名古屋) / Puff(東京) / ナードマグネット

 

food: らぁ麺 とうひち / 喫茶室ラハト

料金

¥3,500(共に+1drink)
※高校生以下無料(1drink代のみ)

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

livehouse nano 店長:土龍の注目アーティスト

RAINCOVER

京都を中心に活動する4ピースのパンクバンド。とでもいっておくか。というのは、パンクやロックと言われるマインドはもちろん大事にしたいし大好きだけど、そういう形や概要はどうでもよく、飽くまで大事にしたいのはRAINCOVERという「バンド」であり、その「バンド」が唄う歌。

 

Vo.辻出が唄いたいのは、色を付けるならば「青い」感情の歌。透き通った青。カラッと気持ちいい歌。拳と拳をトンッと合わせるような、冷えたジョッキに注がれたビールで乾杯するような、友達同士でゲラゲラと笑い合うような、そんな何のしがらみもない透き通った感情で、大切にしたい場所や人や音楽のことを精一杯でかい声で唄う。

 

でもバンドを続けることや、そのために営む生活の中には、どうしてもモヤつく思いは生まれてしまう。それを「そういうこともあるやん!生きてたらしゃーないやん!」って肯定しながらも、それを振り切って、その濁りをどこまで濾過できるかってことに対して必死にもがく。さらに「日々しんどい奴らも俺らの歌で元気になってや!」と周囲の人も勇気づけようとすらする。

 

少年漫画の主人公には憧れている。でもそんな風にはなれる気がしない。じゃあ、なれなくってもいいやん。そうなりたいねん!って正直な自分を叩きつける。

 

「聖者になんてなれないよ。だけど生きてるほうがいい。だから僕は唄うんだよ。精一杯でかい声で。」

 

なんともこの有名なパンチラインが似合うじゃないか。透き通らなくてもいいよ。汗と泥にまみれて、ぶっとい芯を、色んな人と場所にぶっさしてやろうぜ。それが「RAINCOVER」ってバンドだろ?

RAINCOVER -sleeps- 【Official Music Video】

X(旧Twitter)

@RAINCOVER_kyoto

RAINCOVER:RAINCOVER pre. 会場限定single「sleeps」release 4ヶ月連続ツーマン企画 『羅武羅武』京都編

日時

2024年5月3日 (金・祝)

open 19:00 / start 19:30

会場

livehouse nano

出演

RAINCOVER / Some Life

料金

前売り・当日 ¥3,000(+1drink¥500)

チケット

https://eplus.jp/sf/detail/4026720001

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

livehouse nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日
COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Summer Whales “Burden” – 新しい兆しを感じる、スローバラード
COLUMN
【2023年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
HOT UP MUSIC 2023 ニューカマーPICK UP
REPORT
2日目の『京都音博』に感じた“らしさ”の理由 -『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay2
REPORT
邂逅の先に芽吹いた、 新しい景色-『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay1
REPORT
ボロフェスタ2023 Day3(11/5)- 違う景色を“DO IT YOURSELF”で描く。それ…
COLUMN
【2023年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
この先もCHAINSとしてバンドを続ける決意の1枚 ー『decades on』インタビュー&全曲解説
COLUMN
【2023年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ナノボロ2023 Day1(8/26)‐ 4年振りに体感した熱量、これが『ナノボロ』
INTERVIEW
“捨てる”は、あの場所にかえる動機になる? 集う人と『森、道、市場』をつなぐ…
COLUMN
【2023年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ターニングポイントは『るろうに剣心』。映画のまち京都で、時代劇のつくり手と奮闘する映画祭のはなし
COLUMN
【2023年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
自由な即興と枠組みの楽曲。三者三様の即興アーティストが矛盾を昇華させるバンドkottをはじめた理由と…
COLUMN
【2023年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
くるりの原点に戻れる場所〈拾得〉でみせたバンドとしての最新型
COLUMN
【2023年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
3年越し、初の磔磔のワンマンでCuBerryが開いた未来への扉
COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
COLUMN
【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
人と人をつなぎ価値を創る。『京都音楽博覧会』を起点に拡がる、足立毅が目指すまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年5月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして

沖縄出身の4人組バンド、aieumが初となるEP『sangatsu』を2024年3月20日にリリース…