COLUMN

【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2023.01.17 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • livehouse nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

tip top nap

2017年京都で結成の4ピースバンド。実験性、美的感覚、歌心、いずれにもキラリと才能を感じる3トップの攻撃性を持つドリームポップバンド。

 

「映画や小説などの創作物、淡々と過ぎる日々の生活から抽出したフラグメントを繋ぎ合わせることで、それを音楽へと昇華させる。」と自身のプロフィールにあるように、日常と夢が交錯しつつ溺れるような楽曲を表現。その力強さは朝靄のようで、脆さは夕暮れのよう。ライブは双方を大きく円弧を描きながらゆっくり往来しつつたゆたってしまう不思議な感覚で、まさにモノクロ映画を見てるような錯覚にさせられます。

 

サウンドはドリームポップを掲げつつも、4AD周辺の耽美的ローファイ・インディーから京都が誇るthe brilliant greenまで、あくまでポップでメロディーの際立った京都らしいアンサンブルが特徴。メンバーも気さくで人間味にあふれ、まさにミュージックラバーによるミュージックを堪能しているところがとても好感が持てます。

 

現在はそれぞれ遠方に居を構えたりでライブの頻度は少なくなってきてますが、鋭い眼光でしっかりシーンの形成を狙っているtip top nap。

 

がんばれあとむ!

tip top nap - Hum - live at GROWLY 2022.2.19

Twitter

https://twitter.com/tip_top_nap?s=20&t=qCWogrLpyFBIMrde04kRWg

Webサイト

https://tip-top-nap.jimdofree.com/

tip top nap 出演イベント:Drowning sound of Kyoto × wowdow "really nice POP" tour

日時

2023年1月28日 (土)

OPEN 17:30 / START 18:00

会場

京都GROWLY

出演

wowdow(名古屋) / tip top nap / ユキドケハイツ / MoritaSaki in the pool / the loquisea

 

food: pug (curry)

料金

前売¥2,200 / 当日¥2,700 

(共に+1drink¥500)

※GROWLYのLINE自動予約でも予約可能です!

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

livehouse nano 店長:土龍の注目アーティスト

Viewtrade

京都を中心に活動する4人組ギターロックバンド。平均年齢は二十歳を超えたか?くらいの若い成長株。

 

ブッキング希望のメールに添付された音源は、一度聴いて、そのエッジの効いたギターの音色とタイトなリズムや捲し立てるような歌いまわしから「山田亮一(ハヌマーン、バズマザーズ)イズム」を感じたが、ギターの佐々木から「(山田の)弾き語りワンマンの画面に映ってない人の声の人ですか?」と訊かれ、なんともコロナ禍以降に出会ったバンドとの会話だなと妙に自分の置かれた時代の解像度が上がった気がした。

 

さて。Viewtrade。

 

勿論山田亮一の音楽だけでなく、我々が好きなタイプである所謂「オルタナティブ」な文脈にある音楽全般に興味があり、前述のような演奏スタイルはそこからの影響が多分にあることは容易に想像できるが、決してシリアスで感情的ではないソングライティングこそが彼らの楽曲の魅力といえ、それに説得力を持たせるために必要なフィジカルを鍛えている真っ最中。そして、その鍛錬はライブを見させてもらう度に実を結んでいることは確か。かつ、同時に「演奏さえかっこよければ何をやっていても成立する」という音楽という存在に大きな信頼を置いているところも好感が持てる。

 

昨年夏にまさかのKOGA RECORDSから電撃デビュー。これから一気に伸びていくこと必至の期待の新人。どんどん調子に乗って、ライブハウスで傍若無人な態度をとって、喧嘩しておいで。そしてそのエピソードを聴かせておくれ。指差して笑ってあげるから。

Viewtrade “チェイサーの最終戦”

Twitter

https://twitter.com/viewtrade_band?s=20&t=C3F4NPyPQcIQ58tgz00fPw

Viewtrade 出演イベント:『E.D.G.E』

日時

2023年1月25日(水)

OPEN 18:30/ START 19:00

会場

livehouse nano

出演

VANQULLWAR’S / THEドイ / Anomaly / Viewtrade

料金

前売¥2,000 / 当日¥2,500 (共に+1drink¥500)

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

livehouse nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
COLUMN
【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編

シンガーソングライター石指拓朗の一年の活動を総括するインタビュー『年鑑 石指拓朗』。2018年に開始…

REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を

等身大の歌詞と力強い歌で聴いた人の背中を押す、東京を拠点に活動するシンガーソングライターの鈴木青。2…

COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #6

ANTENNAライター陣の近頃おもしろかったもの・ことを週替わりでざっくばらんに紹介する、『ANTE…