COLUMN

【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2022.08.17 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • Live House nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

SHELTER PLAN

京都で活動する2ピースユニット。Vo.らもはNo Funにも所属、Gt.田中はyobit、spare human名義で、またENSメンバーとして多岐にわたり活動中です。

 

放たれる本格派なエレクトロサウンドは驚くほどに完成度が高い。Underworldにecho & the bunnymenのウィル・サージェントのギターが乗ったような、硬質と軟質の絶妙なコントラストが最大の魅力で、タイムトンネルをズバッと潜り抜けるような懐かしくもあり先鋭的でもある楽曲をポップ且つ狂気に仕立て上げていく。(サブスクはこちら→ https://big-up.style/wbORieMLDz)これは膨大な音楽をインプットしてるからこそできる説得力と遊び心溢れるアウトプット。

 

そして一見すると相当奇抜でぶっ飛んでる感あふれるVo.らもと、職人レベルにタッチを落とし込んだGt.田中の2人にしか表わせない、エレクトロの仮面をかぶった確信犯的インテリパンクだと思っています。

 

今回なんと自主企画。とにかく上がるのそのライブ、必見です。

SHELTER PLAN 「Tomorrow Never Knows」

Twitter

https://twitter.com/SHELTER_PLAN?s=20&t=MCM2jX8UkQQGxXhooxE_Dg

Web

https://shelterplan.bandcamp.com/

SHELTER PLAN 出演イベント:SHELTER PLAN Presents "鉄球"

日時

2022年9月1日(木)

OPEN 18:00 / START 18:30

会場

京都GROWLY

出演

SHELTER PLAN / enu & the oriental animal  machines / MELTME / MoritaSaki in the pool

料金

前売¥2,000円 / 当日¥2,500円(共に+1drink¥500)

※GROWLYのLINE自動予約でも予約可能です!

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

Live House nano 店長:土龍の注目アーティスト

blondy

大阪を中心に活動する3ピースロックバンド。プライベートを赤裸々に語る叙情的な歌詞と、それを煽る美しいメロディーとコーラスワーク、出すとこは出し切る音圧がとてもかっこいい。nanoの推しメン。

 

よくいるバンドといえばそれまで。オルタナティブやシューゲイザーといった音楽をベーシックにして日本語で感情豊かな言葉を唄うバンドなんて数え出すとキリがない。(それらは飽くまでアウトプットの形に過ぎない。)では数あるバンドの中でなぜ「推せる」のか。

 

それは音に「素直さ」を感じることができるから。blondyの3人は、ロックバンドのパフォーマンスとしてカッコをつけている部分もあるだろうが、それに何も嘘が感じられない。自分たちのバンドという存在とその行動には間違いがないと信じている。これはもしかすると彼らのまだ若い年齢とキャリアがそうさせているのかもしれないが、そうならばそうで背伸びしたくなるもの、そうじゃない真っ直ぐさが眩しい。ひたすらに眩しい。これはかなり稀有な例なんだ。

 

今回リリースされたアルバムに収録されている「blue sky」という曲のサビでは「blue sky 迷いのない青い空」と自分たちがそうなりたいという憧れの意味を込めて唄われているが、blondyの音楽とライブは、「迷いのない青い空」そのものだと、僕は思うんだ。

 

そう、眩しいくらいのね。

blondy 「環状線に乗って 」

Twitter

https://twitter.com/blondy__jp?s=20&t=PgHm9QCgWxJgH2iGHpv0rw

Web

https://blondy.amebaownd.com/

blondy 出演イベント:blondy 2nd mini album「noise and you」リリース記念『Summer Noise Tour 2022』

日時

2022年8月26日(金)

OPEN 18:30 / START 19:00

会場

Live House nano

出演

blondy / FATE BOX / グッド・バイ / the seadays

料金

前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に+1drink¥500)

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

Live House nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…