COLUMN

【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2022.04.15 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • Live House nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

Gue

Gue "魂のありか"

今回紹介させてもらうのは京都では名刀の1つとして知っている人も多いであろう、4ピースロックバンドのGueです。メンバーチェンジを経て現在、谷(Gt / Vo)、宇宿(Gt)、清水(Ba)、稲毛(Dr)の盤石な体制で活動中。(清水、稲毛はULTRA CUBのメンバーとしても活動しています。)

 

「京都のTravis」との呼び声も高くアノラックサウンドを経由し、谷の力強くも優しい唄とリンクしたパノラマでメランコリックな楽曲を量産。勝手な話ですが僕自身、彼らと出会いグラスゴーへの憧憬が激烈に再燃されたのを覚えています。

 

ロックバンドにたまに見受けられる、真摯且つ凛としたオーラが彼らには確実にある。ライブは美しくもどこかかわいい、心鷲づかみにされること必至です。名刀から至宝へ、その道中をともに歩める幸せを感じております。

 

GROWLYの10周年で久しぶりにパフォーマンスしに来てくれるので、ぜひお見知りおきを!

Twitter

https://twitter.com/guekyoto_gue

Gue出演イベント:GROWLY 10th Anniversary!! 『Super G.W 3』

日時

2022年5月3日 (火・祝)

OPEN 18:00 / START 18:30

会場

京都GROWLY

出演

Gue / 水平線 / 七燈ときんや / Sammy Adjei

 

food:すずみん食堂

料金

前売¥2,000円 / 当日¥2,700円(共に+1drink¥500)

※GROWLYのLINE自動予約でも予約可能です!

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

Live House nano 店長:土龍の注目アーティスト

GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE

GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE - ABRAXUS (Live20200911)

関西のバンドじゃないけど、久々に来るから紹介せずにおれないのです。

海外フェスでの活躍経験もある、関東で活動を続ける3ピースの激烈?超絶?爆発?インストバンド。

 

1曲の長さは10分を切ることはないかな?が、長いといっても飽きさせない。矢継ぎ早に鳴らされ続けるフレーズの応酬は、こちらに息つく暇を与えない。楽譜に起こすとするなら黒玉で埋め尽くされてそうで、次から次へと連続で鳴らされまくる一つ一つの音にはスキルに約束された確かな重みがあり、それが3〜40分投げつけられ続けるから観てる方もとにかく消耗する笑 なんとかついていかなきゃ!理解したい!いや、違うな(理解なんて求めてちゃ心も脳も持たない笑)、受け取りたい!全身全霊で!ってなっちゃうから。

 

なんで観てる側聴いてる側がそうなっちゃうかというと、ステージ上にその理由が。音楽がそんなだからってのももちろんあるけれど、もう必死なんだよな、3人とも。演奏に集中する姿がというより、体力勝負ってのがありありとわかるステージング。動きが派手でってそれじゃなく、「楽器を鳴らすってことは身体を使うってことだ」ってアドバイスは僕もよくするけど、まさにそれ。だってさ、ドラムのAちゃん(えーちゃん)に至っては、ライブ中に筋肉がパンプアップするのよ。ドラムは筋肉で叩くものじゃないってのは前提でその上ででかい音を出し続けるためにはって結局身体を酷使することになるわけ。

 

「僕らのツアーに帯同して欲しいのは、マネージャーでも音響スタッフでも物販要員でもなく、『トレーナー』です」って言うとかどんなバンドやねん!とも突っ込みたくなりますが、gmftpoはそういう観覧型のアトラクション。

 

ぜひ体験しにいらしてください!

Twitter

https://twitter.com/gmftpo?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE出演イベント:『ガリレオの憂鬱』 *投げ銭制配信あり

日時

2022年5月8日(日)

OPEN 17:30 / START 18:00

会場

Live House nano

出演

GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE / rapid trigger happy / FNCTR

料金

前売¥2,500 / 当日¥3,000(共に+1drink¥500)

投げ銭制配信

配信URL
https://www.youtube.com/c/livehousenanosince2004

 

投げ銭リンク
https://livehousenano.stores.jp
https://paypal.me/nanosince2004

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

Live House nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
対等な協力者たちが歴史をつむぐ。 ーー京都国際ダンスワークショップフェスティバルと京都芸術センターが行き着いたイベントを続けるための最適解

組織が何かを続けていくために必要なものはなんなのか。改めてそんなことをダンサー / 振付家の野村香子…

INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー

『アイム・スティル・ヒア』を最初に聴いた時に、筆者が真っ先に思ったキーワードは「失意からの再生」であ…

INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方

外資系レコード店のバイヤーからキャリアをスタートし、インディーズ系流通会社を経て、2006年にディス…

COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…