COLUMN

【2023年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2023.02.15 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • livehouse nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

Year After Year

先日、京都で結成。ほんとにまだ生まれたばかりのバンドです。メンバーは知らないひと、あぶく宇宙、eurekaといったコロナ禍前に活発に活動していたバンドから成るので、サウンドの予想はつく。と思いきや、確かに予想したオルタナティブロック感はありつつも、奥行きとエモーショナルさは想定外の仕上がり。

 

1度出演しただけ、しかも4曲だけの演奏でしたが、その1曲1曲のキャラクターが違い「あーはいはい、それね」と言うことができない懐の広さもあり。USインディー、ブリットポップ、EMO、Shoegazer、エクスペリメンタル、Dance、様々な要素を混ぜすぎず曲ごとに平行に放つもんだから掴みどころのない不思議な、でも強い印象。

 

中毒性の原点にあります。このまま放射状に進み虹色になるのか、混ざり合い複雑な1色に向かうのか、そのパレットでどう調色されていくのかがとても楽しみです。

Twitter

https://twitter.com/terminal_yay?s=20&t=cDUGDj5qLPzBFdJxENN2lQ

Year After Year 出演イベント:Narotic Japan Tour in Kyoto

日時

2023年3月4日 (土)

OPEN 17:00 / START 17:30

会場

京都GROWLY

出演

Narotic(韓国) / Three Ring Circus / Mömoku / LEEVE ROSELYN / Year After Year / Yoctopolis

 

DJ:kiong(ODDLY)

料金

前売¥2,400 / 当日¥2,900 

(共に+1drink¥500)

※GROWLYのLINE自動予約でも予約可能です!

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

livehouse nano 店長:土龍の注目アーティスト

風希

京都を中心に活動してきたシンガーソングライター。「活動してきた」と書くのは春から就職の都合で上京するため。つまりは活動拠点を東京に移すことが決定済み。

 

出会いは来場客として。控えめで大人そうな彼女が「私も歌を唄っているので出演したい」と伝えてくれた時に想像したのは緊張して自分の表現をし切れない若いミュージシャンの姿。が、その不安をよそに、初出演時からその堂々とした立ち居振る舞いに驚いた。歌やギターが特別上手かというとそうじゃない。自分のできる範囲でそのベストを尽くすのみ。その中で自分の見せたい風景を共有したい一心の丁寧な演奏に痺れた。

 

一般的な所謂女性弾き語りのアーティストであるが、おそらく想像されるそれとは一線を画したアーティストだ。何がそうさせるのか言うと、それは彼女の詩作。風希は言葉を綴ることにとにかく長けている。本もたくさん読んできただろうし、言葉でもって表現された幾多のパンチラインに出会いその度に感嘆してきたのだろう。そうでなくては、あんなにロマンチックな詩は綴れない。

 

しかも余白を残す。それも彼女の作品の魅力だ。手の届く範囲の風景をモチーフに、簡単な言葉を紡いでいくが、決して全てを語らない。これは聞き手にとってのためではなく、彼女自身のためのものなのだろう。自ら答えを導き出そうとはせず、自然と答えは生まれるはずと、自分の立ち位置が決してブレないように、自分を見失わないように生きてきた今までの彼女の歴史がそうさせるのだろう。そう思うと、初出演時のあの力強い姿にも納得がいく。

 

(ちなみに風希は日常でも多くを語らない。それはきっと言葉を大切にするあまり、瞬発力高くそれを口にしないだけなんだろう。とにかく言葉を大切に扱いたい人間なんだと思う。見習わなければ。笑)

 

風希はまだ24歳。まだまだ続く生活の中で、人とも言葉とも様々な出会いをこれからも繰り返すのだろう。その度に自分を見失わないように振る舞うのだろう。でも、たまには周りの何かに振り回されたっていいんだよ。失敗もまた自分を成長させるし、それが良い方に転がるきっかけになることだってある。臆さず人生を楽しんで。

 

風希に幸あれ。

Twitter

https://twitter.com/_fkknn_?s=20&t=dpcFmoDyM0WX-YCGIHzbXg

風希 出演イベント:nano19周年&風希上京前ラスト企画『BREEZE of LIBERATION』

日時

2023年2月25日(土)

OPEN 16:30/ START 17:00

会場

livehouse nano

出演

風希 / the seadays / 竹崎彰悟 / No Fun / 永尾蕗子 / Jagg Keen

料金

前売¥2,300 / 当日¥2,800 (共に+1drink¥500)

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

livehouse nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日
COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Summer Whales “Burden” – 新しい兆しを感じる、スローバラード
COLUMN
【2023年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
HOT UP MUSIC 2023 ニューカマーPICK UP
REPORT
2日目の『京都音博』に感じた“らしさ”の理由 -『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay2
REPORT
邂逅の先に芽吹いた、 新しい景色-『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay1
REPORT
ボロフェスタ2023 Day3(11/5)- 違う景色を“DO IT YOURSELF”で描く。それ…
COLUMN
【2023年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
この先もCHAINSとしてバンドを続ける決意の1枚 ー『decades on』インタビュー&全曲解説
COLUMN
【2023年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ナノボロ2023 Day1(8/26)‐ 4年振りに体感した熱量、これが『ナノボロ』
INTERVIEW
“捨てる”は、あの場所にかえる動機になる? 集う人と『森、道、市場』をつなぐ…
COLUMN
【2023年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ターニングポイントは『るろうに剣心』。映画のまち京都で、時代劇のつくり手と奮闘する映画祭のはなし
COLUMN
【2023年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
自由な即興と枠組みの楽曲。三者三様の即興アーティストが矛盾を昇華させるバンドkottをはじめた理由と…
COLUMN
【2023年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
くるりの原点に戻れる場所〈拾得〉でみせたバンドとしての最新型
COLUMN
【2023年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
3年越し、初の磔磔のワンマンでCuBerryが開いた未来への扉
COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
COLUMN
【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
人と人をつなぎ価値を創る。『京都音楽博覧会』を起点に拡がる、足立毅が目指すまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…