COLUMN

【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2022.10.19 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • Live House nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

降之鳥 (こうのとり)

京都で産声をあげたばかりの5人組ロックバンド。ツインギター、ピンボーカルを遺憾なく発揮した本来オーソドックスであろうザ・バンドスタイルがすこぶるフィット。粗削りな中でもサウンドの配置や熱量にきらりと光るものあり。

 

ポストロックやエモといった洋シーンと日本語ロックを紐づけた一見ありそうながら、あこがれに留まらない自分らしさを探す様にとても好感が持て、もがきながらもストレートに放つ光景に心打たれる。

 

「コウノトリが住み着いた家には幸福が訪れる」という言い伝えのように、触れた人にグッとくる感情を芽生えさせる存在になって欲しい。

 

まだまだ始まったばかり、これから期待しかないバンドです。あー、覚醒の瞬間に立ち会いたい。

降之鳥「シアメ」 Live take at 京都GROWLY

Twitter

https://twitter.com/band_konotori?s=20&t=-jTSlqp9tkS9AjLF87pO4w

Instagram

https://www.instagram.com/band_konotori/

降之鳥 出演イベント:"wind up"

日時

2022年10月26日(水)

OPEN 18:00 / START 18:30

会場

京都GROWLY

出演

asayake no ato / ayatori / ナイトサファリ / サリバーン / 降之鳥

料金

前売¥2,000円 / 当日¥2,500円(共に+1drink¥500)

※GROWLYのLINE自動予約でも予約可能です!

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

Live House nano 店長:土龍の注目アーティスト

FNCTR

ここのコラムで過去に紹介されたこともあったかもだけど、彼らの「節」が今まで以上に炸裂する新曲がリリースされたタイミングで改めてこのバンドを。

 

京都で活動する4人組エクスペリメンタル・インダストリアル・インストバンド。いや、響きでエクスペリメンタルという言葉を使ってみたが、その本来の「実験的な」という意味合いよりは明らかに確信犯な匂いが強い。インダストリアルってワードとのコントラストも面白いな…。自分で書いといてだけど。

 

ドラムとベース、シンセサイザーにサックスというカルテットが織りなす音楽は、とてもミニマルな人力トランスと思わせておいて最終的にエクスプロージョンする音圧を誇る。エレクトロなニュアンスもありながらそれを全て生音で表現する様は、そのカテゴリーを「ジャズ」に当て嵌めることも容易にする。そもそも初めて出会った時にその音を聴いて感じたdcprgを連想させる所謂「菊地成孔感」(そう意味ではやはり「エクスペリメンタル」なのかもしれない)。パッと聴きで難解なフレーズの応酬に思わせておいて、しつこくループされる中でそれらがシンガロングできるアンセムのサビのようなスタジアムクラスのキャッチーさを覚え始めるのは、彼らの、音楽そのものへのリスペクトとそれを演奏するために鍛え上げられたフィジカルの賜物だろう。そういう意味でもカテゴライズするとしたら、やはり「ジャズ」だ。

 

普段は京都で働くエンジニアという4人。初めてステージを観た人にそれを伝えると「確かにエンジニア感ある!」と謎の興奮に繋がることも。ちなみに、新しいゲームソフトを購入する時に「これってどう?」とプライベートで相談することもあります(笑)

Twitter

https://twitter.com/fnctr_official?s=20&t=R1cfawRS_mbuuK-fiIGO0Q

Instagram

https://www.instagram.com/fnctr.official/

FNCTR 出演イベント:atuiso presents『cut my Lenz vol.6』FNCTR「L_2」リリース編

日時

2022年10月29日(土)

OPEN 17:30 / START 18:00

会場

Live House nano

出演

De Lorians(東京) / ユウレカ(徳島) / FNCTR / atuiso

料金

前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に+1drink¥500)

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

Live House nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
ボロフェスタ2022 Day4(11/6)- クリープハイプ、リベンジ。過去2年を取り戻す気概の最終日

〈KBSホール〉を訪れるのは昨年の本イベント以来ちょうど1年ぶり。観客として、もはや秋の恒例行事とな…

REPORT
ボロフェスタ2022 Day3(11/5)-積み重ねが具現化した、“生き様”という名のライブ

今年開催された『ナノボロ2022』から、『ボロフェスタ』では、ウクライナへの支援を積極的に行っている…

REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一歩

今年のボロフェスタは3年ぶりに実現できたことがたくさんあった。〈KBSホール〉の動線ど真ん中のロビー…