COLUMN

【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2024.02.15 Written By 乾 和代

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です。(五十音順)

  • 京都GROWLY 店長:安齋智輝
  • livehouse nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

EASTOKLAB

2018年より名古屋で活動するバンド。個人的には京都にしょっちゅう来てくれるので京都のバンドとも思っています。前身バンドから言えばとても付き合いが長く、同士のような弟のような、愛すべきバンドです。

 

エレクトロやポストロックのアプローチを基盤にしつつ、深くて美しい、泡のように脆い、心拍が上がり興奮する、をすべて備えたこれぞミュージシャン、これぞアーティスト、と思わされる先進性とポップさを毎度更新してくる日本有数のバンドです。

ほんとに洗練されてる。

 

どの曲を聴いてもモノクロやカラフルを縦横無尽に往来し、何色かわからない泡がふつふつと湧く感覚。身を寄せたくなるどこかで共感してしまう詩世界。世界とリンクしたサウンドで、ポップでロックとはまさにEASTOKLABではないかとさえ思います。

 

普段は人懐っこく緩やかな4人、集まれば鬼才集団。スマパンやピクシーズに出会ったときのような興奮を。今回はnew album『泡のような光たち』を引っさげて京都に来ます。まさしく文字通り泡のような光をぜひ浴びてください。

EASTOKLAB - Dawn for Lovers (MV)

X(旧Twitter)

@eastoklab

Webサイト

https://eastoklab.com/

EASTOKLAB 関連イベント:『EASTOKLAB “泡のような光たち” RELEASE TOUR 2024』

日時

2024年3月10日 (日)

open 17:00 / start 17:30

会場

京都GROWLY

出演

EASTOKLAB / MoritaSaki in the pool / ズカイ / 水平線

料金

 前売り ¥2,800 / 当日 ¥3,300(共に+1drink)

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

livehouse nano 店長:土龍の注目アーティスト

愛はズボーン

通称「愛はズ」。大阪の4人組、エキセントリックなロックバンド。今月頭にニューアルバムをリリース。今までの愛はズを全てぶち込んだような内容に各方面から絶賛の声が届いている。

 

僕はボロフェスタというフェスを毎年秋に主宰している。このフェスの面白いところを一つ上げるのであれば「Too Much」なところ。音楽イベントしてのブッキングの内容にもそれはみることはできるけど、それ以外にも思いついたアイデアで「これおもろいやん」と思ったことをできるだけ全て具現化しようとする。話が変わるようだけど、クエンティン・タランティーノの映画が好きで過去に観たものであっても何度も観る。その代表作である「PULP FICTION」を数年前に大人になって初めて映画館で観る機会があり、集中して観るシチュエーションだからこそ、その内容の多さや濃さ、つまり「Too Much」さ加減に心底感動した。同時にそれに対して「ボロフェスタと一緒やん!」と感じて心強くなった。

 

そういった経験から(これだけではないけど)いつしかこの感覚が僕を感動させる基準の一つとなっており、愛はズボーンの今回のアルバムにもそれを感じた。ボロフェスタならばインディーなニュアンスがありながら「音楽フェス」と胸を張って言える内容であること、映画ならばB級と呼ばれるテイストと超一流の役者の演技が同居しエンタメとして完成していること、そんな相反するとまではいかないが、それらが並び立った結果「超ド級」と呼べる作品になる仕上がり、今回の愛はズボーンのアルバムにも間違いなくそれがある。

 

音や言葉への遊び心ありきで、それを鉄壁のフィジカルでもって演奏される作品。10年以上前に初めて観たときに感じた彼らの「ふざけた」印象。悪い意味では決してなく間違いなくパーティーバンドとしての輪郭は見えた。でもそれだけ。が、時を経て、現場主義の経験値でもって高い表現力(高い演奏スキル他)を身に着けた愛はズが鳴らす音楽は、なんだか音楽の在り方や歴史、ライブハウスなど音楽の鳴る場所の匂い、その隣にあるファッションや絵画などのカルチャー、他にもたくさんあるけど、それらを全部飲み込んで一気に吐き出したような、そんな強く、情報量の多い「Too Much」なエネルギーを持っている。

 

その吐き出したものってのが「愛」だった、みたいな、雑だけど感動しちゃう昔のハリウッド映画のような強引さ、大好きだぜ。

 

やっぱ、オチが「POWER OF LOVE」なの、鉄板だもんな!

X(旧Twitter)

@iwasborn_band

Webサイト

https://iwzbn.com/

愛はズボーン 関連イベント:ナノ20周年月間第29夜 愛はズボーン『MAGICAL CHEMICAL MIRACLE TOUR』

日時

2024年3月17日 (日)

open 17:00 / start 17:30

会場

livehouse nano

出演

愛はズボーン / ナードマグネット / ULTRA CUB

料金

前売り ¥3,500(+1drink¥500)

※チケットはぴあにて
問い合わせ:ATFIELD inc 03-5712-5227 info@atfield.net

土龍

1976年京都府生まれ。
二条城の東側にある全国でも稀に見る小ささのライブハウス、livehouse nanoの店長兼音響兼照明兼制作兼雑用。毎年秋には仲間と共にロックフェスティバル「ボロフェスタ」を主催。派手好きの単純思考のパリピの一種。

livehouse nanoではドネーショングッズをオンラインストアにて販売中。新グッズも日々入荷中!

https://livehouse.thebase.in/

Youtubeチャンネルでは無観客ライブも日々開催しています。ぜひチャンネル登録を!

https://www.youtube.com/channel/UCV904VJscUg3jr9guSXf_-w

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日
COLUMN
【2024年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Summer Whales “Burden” – 新しい兆しを感じる、スローバラード
COLUMN
【2023年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
HOT UP MUSIC 2023 ニューカマーPICK UP
REPORT
2日目の『京都音博』に感じた“らしさ”の理由 -『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay2
REPORT
邂逅の先に芽吹いた、 新しい景色-『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay1
REPORT
ボロフェスタ2023 Day3(11/5)- 違う景色を“DO IT YOURSELF”で描く。それ…
COLUMN
【2023年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
この先もCHAINSとしてバンドを続ける決意の1枚 ー『decades on』インタビュー&全曲解説
COLUMN
【2023年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ナノボロ2023 Day1(8/26)‐ 4年振りに体感した熱量、これが『ナノボロ』
INTERVIEW
“捨てる”は、あの場所にかえる動機になる? 集う人と『森、道、市場』をつなぐ…
COLUMN
【2023年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ターニングポイントは『るろうに剣心』。映画のまち京都で、時代劇のつくり手と奮闘する映画祭のはなし
COLUMN
【2023年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
自由な即興と枠組みの楽曲。三者三様の即興アーティストが矛盾を昇華させるバンドkottをはじめた理由と…
COLUMN
【2023年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
くるりの原点に戻れる場所〈拾得〉でみせたバンドとしての最新型
COLUMN
【2023年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
3年越し、初の磔磔のワンマンでCuBerryが開いた未来への扉
COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
COLUMN
【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
人と人をつなぎ価値を創る。『京都音楽博覧会』を起点に拡がる、足立毅が目指すまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…