COLUMN

【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2024.01.24 Written By 柴田 真希

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」

 

京都、大阪の音楽シーンを追ってきた連載に、ついに東京編が追加されました!今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

今月の紹介者は以下の方々です。

渋谷La.mama:三木郁也
下北沢BASEMENTBAR:
下北沢THREE:ならほのか

渋谷La.mama:三木郁也の注目アーティスト

illiomote (イリオモテ)

池袋出身のYOCO(ヨーコ / Vo,Gt)と MAIYA(マイヤ /Gt)からなる2人組ユニット。“HAPPY POP”というスタンスを掲げており、作り込まれたビート・USロックを彷彿させるギター・枠組みにとらわれない自由な歌が独特の世界観を演出してます。

 

単純な”楽しい”や”嬉しい”だけのHAPPYではなく、ネガティブな感情や思考も受け入れ本当の幸せを探しているリリックにも注目です。

 

バンドセットでのライブではギターサウンドがより一層引き立っており、完全なるロックバンドになります。ルーツにロックがあるからこそ、バンドセットでも楽曲が引き立ち、音源とは違った味わいが生まれます。

 

また、メンバーが毎週月曜日に楽曲をセレクトするSpotifyのプレイリストも2人のルーツが垣間見れておもしろいです。

 

幼馴染ならではの2人の兼ね合いにも注目しながらライブを観てください!

Webサイト

https://illiomote.amebaownd.com

X(旧Twitter)

https://x.com/nekonootiri

Instagram

https://www.instagram.com/illiomote/

浮現祭 𝗘𝗠𝗘𝗥𝗚𝗘 𝗙𝗘𝗦𝗧 𝟮𝟬𝟮𝟰

日時

2024年2月24日(土)2月25日(日)

会場

台中清水鰲峰山運動公園(Aofong Mountain Sports Park)

出演

ずっと真夜中でいいのに。[JP] / TRASH / Tilly Birds [TH] / ヤバイTシャツ屋さん [JP] / 麋先生 MIXER / Sorry Youth / Your Woman Sleep with Others / Nerd Connection [KR] / PAPUN BAND / GDJYB雞蛋蒸肉餅 [HK] / Daisy Jaine[JP] / ステミレイツ(STMLT)[JP] / VivaOla[JP] / and more……

三木郁也(みきふみや)

1999年1月生まれ。大阪府河内長野市出身。

La.mamaではオープンからスタートまでの間、ハッピーアワーやってます!一部商品を除いて1杯¥300です。

下北沢BASEMENTBAR:谷の注目アーティスト

luv

大阪で2023年6月に活動開始、全員20歳になったばかりの同い年5人組。

 

「ミヤケ武器」としてソロでも活動しているHiyn(Vo.)を中心に、幼なじみのDJ.Ofeen、

セッションをきっかけに出会ったBa.Zum、Key.Rosa、Dr.Shoで構成されています。

 

始動からわずか半年ばかりの現在、リリースした4曲はどれも多数のプレイリストに入るなど、話題となっています。

 

音源もライブも自然体で、ぜんぜんかっこつけてないのにかっこいい、そしてluvを聴いている自分もなんだかかっこいい気がしてきてきます。曲の良さはもちろん、歌詞も面白いので見ながら聴いてみてください!

 

最近たくさんのライブに出演していて、見るたびにライブも良くなっています。

セッション育ちの楽器隊のグルーヴとHiynの流れるような心地よいボーカルに、自然と踊らされるライブをぜひ体感して頂きたいです!

 

今年2月には東京でも4本ライブがあります!すぐに次のステージにいってしまうであろう彼らを、今間近で見届けるチャンスです。

 

一緒に目撃しましょう。

Webサイト

https://luv-band.studio.site/

X(旧Twitter)

https://twitter.com/luv_20221030

Instagram

https://www.instagram.com/luv_official2023

CONNECTION Vol.3

日時

2024年2月21日(水)open 18:30 / start 19:00

会場

新代田FEVER(東京)

出演

luv / Doona  / CheChe / 北村蕗

チケット

イープラス

1999年生まれ

心斎橋JANUSでブッキングをはじめて、現在は下北沢BASEMENTBARで『wan!』というイベントを開催しています。

 

https://toos.co.jp/basementbar/

下北沢THREE:ならほのかの注目アーティスト

Peggy-O

東京都葛飾区中心に結成の3ピースバンド『Peggy-O』

メンバーそれぞれの背景にあるのか、ルーツミュージックの影響を色濃く感じる楽曲が目立ちます。

 

2023年7月に1st Single 「Happy Day」のリリースに合わせて〈BASEMENTBAR〉でのリリースパーティーを開催、8月には〈HUB浅草店〉で40分×3ステージのワンマンイベントを開催と自主企画も精力的に行っています。

 

個人的に50-60年代のブルース、カントリーが好きなんですが、ここまでしっかりとルーツを感じつつ掴みやすさもあるバンド、ハマる以外の選択肢がなかった。

 

ライブでは片山(Vo)のソウルフルな歌声に重なるゴスペル調のコーラス、ブルースやカントリーを感じさせるメロディで、目を閉じるとそこはもう本場アメリカ南部テネシー州ですね。

 

歌詞は全て英語ですが邦楽しか聴かないという人も聴きやすい、というよりその場にいたら自然と身体がリズムをとって動いてしまうような、音全体で身体を動かしてくる、そんなライブです。

 

2月18日(日)には〈下北沢THREE〉で開催の『生活の礎』に出演します。

実際に体感したら虜になること間違いなし、楽しくなりたい方は是非遊びに来てください!

Apple Musicはこちら

X(旧Twitter)

https://x.com/peggyo_band

Instagram

https://www.instagram.com/peggyo_band

生活の礎 VOL.5

日時

2024年2月18日(日)開場18:00 / 開演18:30

出演

Peggy-O / Cycling In Marmalade / Blueberry Mondays / The Shiawase / Fruits

価格

¥2,400 +1ドリンク

ならほのか

秋田県秋田市出身
普段は看護師として働きながら下北沢THREEで企画制作をしています。
学生の頃からよく来ていた下北沢THREE、とても大切な場所です。

 

https://www.toos.co.jp/3/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…