INTERVIEW

【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員集合!

MUSIC 2023.10.26 Written By 柴田 真希

2020年コロナ禍の東京に誕生した、古今東西の音楽が好物のわんぱく集団「少年キッズボウイ」。アキラとこーしくんの男女混声ボーカルや、きもすの自由で解放感溢れるトランペット、ビブラスラップやタンバリンなどの打楽器も取り入れたポップな楽曲の魅力については以前コラム記事で明らかにした通り。そんな彼らが初の1stフルアルバム『少年キッズボウイ 1』をリリースするということで、話を聞かずにはいられない!

 

……ということで、メンバー7人が揃っての初インタビューを敢行。この7人、全員が社会人でそれぞれ仕事にも妥協しない、スーパーバイタリティを持ち合わせている。仕事終わりの月曜21時に集まってもらったにもかかわらずハイテンションでの取材となった。メンバー同士で撮り合った写真とご一緒に前編・後編でお楽しみください!

少年キッズボウイ

 

 

2020年結成、東京で活動する8人組のわんぱくバンド。メンバー全員がこよなくミュージックラバーであることから、音楽愛溢れるオマージュ&引用などを多用して“面白い曲”を日々製造中。またメンバー全員が社会人、さらに漫画やファッション、映画などカルチャーの接点が多く、様々なコンテンツをSNSに投稿し話題になるなど楽曲だけでなくそのスタイルにも注目が集めながら楽しく活動中。初となる全国流通CDアルバム「少年キッズボウイ 1」を10月25日にリリース。

 

Webサイト:https://shonenkidsboy.wixsite.com/website

X(旧Twitter):https://twitter.com/shonenkidsboy

Instagram:https://www.instagram.com/shonenkidsboy/

Tik Tok:https://www.tiktok.com/@shonenkidsboy

 

その他配信リンクはこちら

わんぱく集団は、どこから集まってきた!?

──

まずはみなさんのプロフィールを改めて伺えればと思います。みなさんはどこで出会ったのでしょうか?

GB(Dr)

最初は僕が19歳くらいの大学時代に、こーしくん(Vo)が先輩の知り合いだったので、紹介で出会いました。

こーしくん

「ラテンバンドをやろう」と言われたんですよね。

GB

大学の時は、ラテン音楽をやってたんですよ。

こーしくん

それで僕がギターで参加しました。

山岸(Gt)

あれ、でも二人って大学違いますよね?

GB

違う。でも隣の大学だからさ。

こーしくん

豊島区同士で近所でね。二人ともその辺をうろうろしてたので。

アキラ(Vo)

こわ(笑)

こーしくん

それで繋がって、彼といろんなバンドをやったりやめたりを繰り返していました。そんな中、アキラが加入する前の女の子と、新宿のゴールデン街で会ったんです。

GB

それ本当?

アキラ

適当に書いてるのかと思ってた。

こーしくん

これは本当。あれ、なんで俺そんな嘘つきみたいになってんの?

手前からこーしくん(Vo)、服部(Ba)、カツマタ(Gt)、山岸(Gt)、アキラ(Vo)、GB(Dr)
アキラ

ゴールデン街って言いたいだけかと思ってた。

GB

……その女の子と、地元が一緒だったんだよね。

こーしくん

そうそう。意気投合して「もうバンドやるしかないね」という話になりました。それでGBを連れてきて、ベースは大学の知り合いがやってくれていました。

GB

そのベースが連れてきたのが、かわいいかわいい山岸ちゃんです。

山岸

このタイミングで少年キッズボウイになったんでしたっけ?

こーしくん

いや、まだ少年キッズボウイじゃない。そこで僕の高校の時の部活の後輩と、同じ職場にいるやつを呼んでくるって話になったんですよ。

──

若干遠いですね。

こーしくん

そう(笑)。知り合いの知り合いくらいですね。僕は当時キーボードがいてほしかったのでいろんなところで探し回ってたんですよ。そしたらやってきたのが、きもす(Tp)でした。

──

キーボードを探していたら、見つかったのがトランペットだったと。

きもす

「ピアノ習ってたしな」と思って。

(一同爆笑)

きもす

キーボードは「やる?」って言われたら「まぁちょっとくらい弾けますよ」というくらいですね。一番演奏できるトランペットを持って行ったら、バカが来たと思われました。

こーしくん

全然人の話聞かねぇやついるな!と驚きました(笑)

きもす(Tp)
──

きもすさんが加入して、どんな変化がありましたか?

こーしくん

それまでは活動したりしなかったり、ゆるくやってたんですよ。そこに彼(きもす)が入ってきて、トランペットを強めに出したちゃんとバンドっぽい方向になっていきました。

──

こーしさんの中では、トランペットを入れることは想定していなかったと。

こーしくん

してなかったですね。キーボードが欲しかったです。今もキーボードが欲しい。

──

バンドのプロフィールには、アキラさん、きもすさんがキーボードを弾くと書いてありますが……。

アキラ

やってないですね(笑)。やれって言われたらやりますけど……。

こーしくん

「やれ」っていうと二人とも苦笑いします。

──

積極的にキーボードをやるメンバーはいないと。

GB

積極的キーボード、欲しいね。

アキラ

確かに。

こーしくん

募集中です。

──

募集中って書いておきます(笑)。その後は?

山岸

急にボーカルの子がいなくなっちゃったんですよ。でもライブが決まってたから、大学の軽音サークルの同期で一緒にバンドをやってたアキラをサポートで誘ってみました。

アキラ

LINEが来ました。

山岸

2020年11月に1回サポートとしてライブをして、その日に入ってもらいました。

──

アキラさんはどういう感情だったんですか?

アキラ

嬉しかったです。「もう、居座ってやろう!」くらいの感じでした(笑)。コロナ禍で、楽しいことをやりたかったから。

山岸

それでアキラが入ってから次のライブに、服部(Ba)とカツマタ(Gt)がお客さんとして観に来てました。

アキラ

アンジュ(服部)も同じサークルで、カツマタはGBの舎弟みたいな感じ。

GB

僕が当時やってたバンドのローディーでした。

カツマタ

元々こーしさんがギターボーカルだったんですけど、重いから持ちたくないと言い出したんですよ。だからギターの新メンバーを入れようと。

こーしくん

ギターを運んでいると、肩のところにすごい汗染みができるんです。それがすごく嫌で。それでギターのメンバーを入れて欲しいという話をしました。

山岸

ろくにエフェクターも持ってこないのに何を言っているのか。

こーしくん

エフェクターはトートバックに入れて持ち運んでたんですけど、コードがぐちゃぐちゃに絡まるので「もういいや!」と思って。

アキラ

絡まってたね〜。

こーしくん

それでやってきたのが彼(カツマタ)でした。

アキラ

最初は「コーラスができる女の子がいい」って言ってたよ。

こーしくん

でもその夢は、服部で叶うという。

服部(Ba)

えへへ。

服部(Ba)
こーしくん

その前にいたベースのテツは、去年の年末くらいに「もうやらない!」と言ってきたので、パートが「フレンズ」に変わりました。それで代わりのベースとして加入したのが服部です。

服部

最初はレコーディングサポートって聞いてたんですけど「入らないの?」って言われて入れていただきました。既にこのバンドのファンだったので「女性ギター募集」という告知を見たときは、自分がベースなことが悔しくて「今からギター始めたら入れてもらえないかな?」って思ってたんですけど(笑)

こーしくん

それでも入れたと思う、少年キッズボウイは来るもの拒まないから。

服部

本当ですか(笑)

GB

去る者も追わないし。「寂しいなぁ」って言うけど。

服部がバンドのファンだった理由は?アキラの私生活は?GBはいつからドラムを始めた?メンバー徹底解剖!

──

ここまでのお話でおやすみ中のテツさんも含めた8人が揃いました!改めて「少年キッズボウイ」というバンド名の由来を教えてください。

こーしくん

「エキセントリック少年ボウイ」という『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコントがあるんですけど、そこから取ったとよく言ってます。

──

ダウンタウンが好きだったから?

こーしくん

それもあります。バンドのコンセプトをジャンルに絞りたくないと思っていて。ただコンセプトがないと飽きるので決めたかった。それでノスタルジーとか、少年、モラトリアムな感じのものにしたかったんですよね。これがメンバーにも今初めて言った、真面目な由来です。

アキラ

そうなんだー。

GB

僕らは「少年ナイフ」と「KinKi Kids」と「David Bowie」を集めたものだと聞いてました。

山岸

そこら辺の組み合わせをいろいろ言ってますね。「バレーボウイズ」もあった。

山岸(Gt)、こーしくん(Vo)
──

ここからはWebサイトのバイオグラフィーページを見ながら、お一人ずつご質問させてください。まずトランペットのきもすさんは、いつからトランペットを演奏してるんですか?

きもす

中学1年の時で、吹奏楽部に入ってました。高校の音楽の授業でコピーバンドはやってましたが、オリジナルバンドに所属してたことはないです。

──

では少年キッズボウイに呼ばれた時に「トランペットだ!」と思ったのはどうしてでしょうか?

きもす

……(しばらく無言)

山岸

何も考えてないんじゃない?

きもす

まぁ「バンドに入っててもいいんじゃない?」と思いました。メンバーみんな面白いし。そんな感じです。

(一同失笑)

こーしくん

トランペットの方が吹けるからでしょ?キーボードとトランペットができるって、こまつ(音楽パフォーマー / 芸人)みたいな感じですね。

──

こーしさんは「全楽曲の生みの親、自称天才」と紹介されていますが…….。

GB、アキラ

よっ、天才!

──

(笑)。天才になったのはいつですか?

こーしくん

僕が2歳の時に……。

山岸

早熟!

こーしくん

いろんなところを動き回るタイプの、わんぱくな2歳だったんですよ。母親がベランダに出た瞬間に、鍵を閉めて母親を締め出したことがあって。その状態で、禁止されていたことを全部やり出したらしい。

アキラ

あ、私もお母さん締め出したことある(笑)

こーしくん

そこで我々は天才になったんです。

──

天才の共通点ってそこだったんですか!?

こーしくん

そうです。……あ、曲を作り始めたのは、高3の体育祭です。一発芸をする企画があって、学校に置いてあった友達のギターを使って「これで歌ネタをやろう」ということになったのが最初です。しょうもないオリジナルソングを作って、それがウケたんですね。そこから曲を作り始めました。

山岸

本当かよ。

こーしくん

これは本当なんだなぁ。

GB

ウケちゃったからこうなっちゃったんだなー。

こーしくん

当時の栄光を原動力に、今も曲を作っている。シャイなんですよ。かっこいいことを、カッコつけてできないんですよね。それで結局、ふざけているように振る舞っちゃう。

──

服部さんは少年キッズボウイのファンだったということなんですが、少年キッズボウイの何が好きでしたか?

GB

俺も聞きたい!

服部

当時からすごく楽しそうだったんですよね。それに山岸さんとアキラさんが、サークルでトップレベルに仲良くしてくれる先輩たちだったんです。

(山岸、アキラ:顔を見合わせて嬉しそう)

服部

だから、仲良しの人たちがわちゃわちゃしながらかっこいい曲を演奏しているのがすごく羨ましかったんです。曲単体で見てもカッコいいし、仲良い人が楽しそうにやっているし、羨ましさと悔しさでライブに行けなくなっちゃって(笑)

アキラ

そうだったんだー。

服部

それでレコーディングサポートで声をかけてもらった時は「一回関わっておけば、これからは素直にライブ行ける」と思ってたら……入ってました!!

山岸

今思うと、入る直前はあんまりライブ来てなかったね。

服部

自分は結構バンドを渡り歩いていたんですが、あんまりうまく行ってなかったのもあって、少年キッズボウイは輝いて見えすぎちゃって。

アキラ

ストイックだよね。

──

それまで色々なバンドで弾いてたのが、今は少年キッズボウイ一筋、ということですね。

服部

そうですねー(笑顔)

──

嬉しそうな笑顔!カツマタさんは、プロフィールに「信じられないほどおもんない」とありますが、そうなんですか?

(一同爆笑)

カツマタ

本当のことです。

カツマタ(Gt)
──

このプロフィール、そもそも誰が書いたんでしょうか?

(こーしくん挙手)

GB

カツマタだけフォローがないよね。

アキラ

かわいそう。

こーしくん

カツマタは『内村プロデュース』でいえばふかわりょうさんだし、『ガキ使』でいえば月亭方正さん。大事なポジションです。人前で褒めてはいけないんですよね。

山岸

人前じゃなくても褒めてないと思うけど。

カツマタ

私はカルマだけを背負って。

──

リードギターの山岸さんは、実質バンドリーダーということですが。

山岸

それもホームページを見たらそう書いてあったので「そうなんだ」と。一番ちゃんとしているからじゃないですか?

GB

ちゃんとしてるね。

こーしくん

彼がいなかったら終わりです。彼だけで成り立っています。

アキラ

こんなにいるのに?(笑)

こーしくん

烏合の衆なんですよ。

──

アキラさんは趣味が「映画とガーデニング」と書いてありますね。

アキラ

最近ガーデニングはやってないです……。

こーしくん

これ書いた1年前はやってたよ!

アキラ

コロナ禍はみんな植物育ててたじゃないですか。だから話題の一つとして話してたら、こーしくんがいじってきた。今も家に草はありますけど。

GB

そんな言い方しなくても(笑)

GB(Dr)、アキラ(Vo)
──

ではアキラさんにとって今熱いものはなんですか?

アキラ

映画かもしれないです。映画会社に勤めているんですけど、休みの日も映画を観ていて、月に3回から5回は映画館に行きます。

──

最近面白かった映画はありますか?

アキラ

『オオカミの家』かな〜。

──

普段映画の話、メンバーにしたりしないんですか?

アキラ

誰も分からないから……。

(他メンバー「知ってる?」「知らない」「細田守のやつ?」「それじゃないらしいよ」)

GB

ほぼプライベートに干渉しないんですよ、うちのバンド。誰が昨日何したとか、休みがいつとか全然知らないんですよ。あって練習して、ちょっと一缶だけビール飲んで、バイバイってするだけ。

──

ビール一缶と音楽の関係。

GB

淋しい関係なんですよ、僕らは。

山岸

希薄な。

服部

会社っぽいですよね。ワークライフバランスがいい。仕事も尊重です。

──

ホワイト企業バンド。

服部

そうです。でも重役に仕事が偏るのはどこの企業も同じということで……こーしさんは忙しそうです。

こーしくん

だから実際のマネジメントを彼(山岸)に分散してるんです。実質、お前がリーダーだと言ってたら、いろいろやってくれるようになりました。言い続けることが大事。

服部(Ba)、山岸(Gt)
──

では最後にGBさん、ドラムはいつから始めましたか?

GB

中1ですね。元々はめちゃくちゃハードロックが好きで、バンドをやっていて大学時代も週3本くらいライブをやってたんですよ。ラテンは大学のサークルでやりながら、外でこーしくんとバンドをやってました。

──

いろんなバンドをやられていた中で、少年キッズボウイのドラムはどんなところが楽しいですか?

GB

今まで、本当に怪獣みたいなボーカルのバンドしかやったことなかったんですよ。60歳を超えていて、ギブソンSGのツインネックの本物を持っているようなおじさんと一緒にやっていて。その後のバンドのボーカルも、声が大きかった。でもアキラは小洒落た女なので(笑)。だからそれに合わせてドラムを叩くのは面白いです。

バンド結成前からある曲から、ライブで演奏したことない新曲まで詰まった『少年キッズボウイ1』

──

今回リリースされるアルバム『少年キッズボウイ1』のことをお聞きしたいと思います。初めてのアルバムパッケージということで、率直にご感想を。

山岸

すごく嬉しいです、こんなちゃんとしたCDになるなんて。

GB

嬉しいですね。いいジャケ。

服部

棺桶とかに入れて欲しいですね。

アキラ

アルバムって死んでも残るじゃないですか。だからすごく憧れがあって、感慨深いです。

山岸

収録曲の中で一番古いのは“僕らのラプソティ”で、2022年の夏。そこから4ヶ月後に“最終兵器ディスコ”リリース。「アルバムを作る」という感じではなく、とにかく1曲1曲作っていたら、いつの間にかアルバムになっていた、という感じです。

GB

2年前は「アルバム作って解散しよう」と言ってたんです。

アキラ

その時に今のレーベルのスタッフから声かけてもらって、再スタートして今があります。

──

アルバムを作って辞めようとしてたのはどうしてですか?

山岸

仕事もやりながらだし、コンスタントに活動できるわけでもないからバンドが停滞してたんですよね。

GB

単純にモチベーション低下だよね。

山岸

それで「じゃあもう終わりにしようか」ということで、最後にアルバムを作ろうって話になったんですよ。それでガーッと曲をレコ―ディングして、出そうとしたタイミングで、今のスタッフから「一緒にやりませんか?」と連絡もらったんです。「え、辞めなくて良くない?」ってなった(笑)。“僕らのラプソティ”が繋ぎ止めてくれた曲です。

アキラ

すごくポジティブなエネルギーを感じる。

山岸

いろんな人にどんどん聴いてもらえるようにもなりました。

──

作詞作曲のクレジットはこーしさんが多いですが、“僕らのラプソティ”は山岸さんもクレジットされています。一緒に作ったんですか?

こーしくん

“僕らのラプソティ”はラスト2行を山岸くんが作ってくれました。ここでストーリーが生まれるんですけど、僕はどうしたらいいかずっと迷っていて。彼(山岸)がすごくおしゃれなラスト2行を出してくれて、やっと曲がまとまった。

──

主に曲を書いているこーしさんは、このアルバムをどう捉えていますか?

こーしくん

やっぱり7曲それぞれバラエティが豊かなんですよね。ただ、全部暗い人が書いた歌詞になっていて。ただ明るいだけだと、元気な人しか聴けない。でもこのバンドの曲だったら、辛い人も暗い人も楽しめるし、ついに老若男女が聴けるアルバムが生まれました。

山岸

全体的にこーしさんが作る曲は、こんな明るいのに、言っていることはめっちゃ暗い。でも曲としてはスッと聴けるし、言葉も入ってくる。あんまりメンバーに歌詞の詳しい意味とか言わないんですけど、なんとなく曲を聴いていると「これ実はこういうことを歌っているんじゃないか」と感じることはありますね。

──

GBさんはどの曲が一番好きですか?

GB

イン・ザ・シティ”ですね。

──

即答!

GB

この曲は少年キッズボウイがまだできる前から、こーしくんと二人でやってたんですよ。ライブハウスのオープニングアクトに出たりしてね。

──

できた順番としてはこの曲が一番古いんですね。

こーしくん

この曲、バンド名の由来にも通じるんですよね。「聞いてくれ、チャーリー・ブラウン / 俺はずっと大人になりたかった筈さ」って歌詞があって。この「大人になりたかった少年が大人になってしまってから、少年時代を想っている」曲が既にあったので、このバンド名にしたんですよ。

GB

当時ずっと「この曲をリリースするときは解散だ」って言ってたけど解散しなかったね。

こーしくん

最終回っぽい曲だな、と思ってたんですけど、まだ続くみたいですね。

──

この曲はアキラさんではなく、こーしさんがメインボーカルなのも腑に落ちました。きもすさんは、トランペットの視点でこだわったのはどの曲ですか?

きもす

一番こだわって新境地になっているのは“最終兵器ディスコ”ですね。ただ単に自分の考えだけで音を重ねるだけでは、今までと同じものができてしまうので、管楽器専門の方にデモ音源を聴いてもらって、アドバイスをもらいました。トランペットはサックス、トロンボーンなど他の管楽器と三管を組むのが一般的なんですけど、それぞれの役割をトランペットだけでやることで、自分のスタイルを確立したいと思いました。

──

ボーカルの後ろでさりげなく存在感のあるフレーズが魅力ですね。

きもす

こーしさんとアキラのボーカルが一番前に出てて欲しいので、その周りで囃し立てる立ち位置だと思ってます。

後編はこちら

少年キッズボウイ 1

 

アーティスト:少年キッズボウイ

価格:¥2,000(税込)
仕様:CD / デジタル
リリース:2023年10月25日(水)

 

収録曲

01. 君が生きる理由
02. 最終兵器ディスコ -Album ver.-
03. なんてったっけタイトル
04. イン・ザ・シティ
05. 中野シャンゼリゼ -麦酒大学のテーマ-
06. ぼくらのラプソディー

[Bonus track]
07. この街のすべて
※7曲目はCDのみ収録のボーナストラック

少年キッズボウイのお楽しみ会

日時

2023年11月25日(土)open 18:00 / start 18:30

会場

Shibuya Milkyway

出演

少年キッズボウイ / 板歯目 / インナージャーニー

料金

前売り¥3,000 / 学割¥2,000

チケット

イープラス

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
黒沼英之「Selfish」- 息苦しい時は、ただ環境が変わるのを待つだけでいいんだよ
COLUMN
【2024年3月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

REPORT
【SXSW2024】再起や復活とは距離をおく、中堅バンドと継続のすごみ

毎年、アメリカのテキサス州・オースティンで行われる世界最大の音楽・映画・ITの祭典SXSW。恒例とな…

REVIEW
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代 – 加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録

加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録 加藤和…

COLUMN
【2024年5月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…