COLUMN

【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2023.09.20 Written By 柴田 真希

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」

 

京都、大阪の音楽シーンを追ってきた連載に、ついに東京編が追加されました!今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

今月の紹介者は以下の方々です。

渋谷La.mama:三木郁也
TOKIO TOKYO:ニイムラ
下北沢BASEMENTBAR:pei the machinegun(ぺいちゃん)
下北沢THREE:こっけ

渋谷La.mama:三木郁也の注目アーティスト

Acidclank

トラックメイカー / シンガーソングライターであるYota Moriによるソロプロジェクト。

 

ただのエレクトリックサウンドではなくマッドチェスター・シューゲイザーの要素が入り混じったサウンドに、どこかノスタルジックな空気を感じます。このノスタルジックな気持ちをエモいなんて言葉で片付けないで、それぞれの分析・解釈を持って向き合うことで音楽に対する理解度が上がると思います。

 

ライブではバンドセット・ソロセットと枠組みにとらわれず活動されており、この自由なスタンスが楽曲の幅広さに表れているように感じます。ループされる音に身体を委ね踊るもよし、潜んでいるルーツを探るのもよし、全てのミュージックラバーが愛せる音楽です。自由な音楽って面白いなと再認識させてくれました。

 

10月6日(金)にはAcidclank自主企画『ACIDPLEX』で〈新代田FEVER〉、11月16日(木)にはLa.mama主催イベント『日々 vol.9』に出演が決定しております。関西から関東にきた経歴が僕と同じなので共に切磋琢磨できればと思います!

配信リンク

https://lnk.to/h72Ydh

Webサイト

http://acidclank.tumblr.com/

X(旧Twitter)

https://twitter.com/ACIDCLANK

Instagram

https://www.instagram.com/y0ta1993/

ACIDPLEX

日時

2023年10月6日(金) open 19:00 / start 19:30

会場
出演

Acidclank(BAND SET)/ 80KIDZ (BAND SET)

価格

前売¥3,500 / 当日¥4,000

チケット

予約フォーム

日々 vol.9

日時

2023年11月16日(木)open 18:30 / start 19:00

会場
出演

Acidclank (BAND SET) / the engy / TAMIW

価格

前売¥3,500 / +1drink

10代無料 +2drink

チケット

イープラス

三木郁也(みきふみや)

1999年1月生まれ。大阪府河内長野市出身。

La.mamaではオープンからスタートまでの間、ハッピーアワーやってます!一部商品を除いて1杯¥300です。

TOKIO TOKYO:ニイムラの注目アーティスト

宇里(ウリ)

北海道、愛知県、東京都出身の3人が、ネット上で出会い、東京で結成されたスリーピースバンド、宇里。

 

オルタナティブとブラックミュージックが柔らかく交差する楽曲は、どこか懐かしさを感じさせながら身体の隅々にまで浸透していく。

 

彼らが奏でる音、紡ぐ言葉、呼吸、表情、ライブ中に魅せる一つ一つは見るものの体内時間を狂わせる。気が付くと演奏は終了している。どの瞬間も見逃がせない、心地の良い緊張感が漂う宇里のライブは、一本の映画を見たような満足感を受ける。

 

2021年に活動を開始してから、これまでリリースしたデジタルシングル作品はApple Musicトップページのベストミュージックへの選出や、Apple Music、Spotifyの公式プレイリストに選出されるなど、その楽曲のクオリティーは高く評価されている。

 

2023年、彼らの音楽に是非とも出会ってほしいです!

X(旧Twitter)

https://twitter.com/uriuri_official

Instagram

https://www.instagram.com/uriuri_official

YouTube

https://www.youtube.com/@uriuri_official

TikTok

https://www.tiktok.com/@uriuri_official_

LOOSE PLAY

日時

9月27日(水)open 18:30 / start 19:00

会場
出演

宇里 / 穂ノ佳 / 望月起市 / O.A. DeeDeeDee

価格

ADV ¥2500 /  DOOR ¥3000 + 1ドリンク

チケット

各アーティストまで

ニイムラ

1998年生まれ
話題のアーティストのツーマンイベント『【溶】-YOU-』やチケット無料の『FREE!!!』、早耳リスナーから注目度の高いアーティストが出演する『LOOSE PLAY』等のイベントを企画する。キンミヤとハイボールと炒飯が好きです

〈TOKIO TOKYO〉は、 2021年3月〈渋谷 PARCO〉真横に新設された伴走型スマートライブハウス。内装は、ライブハウスに行ったことがない現代の音楽ファンでも足が運びやすいようグレー調のカフェ風内装となっている。設立より2年、今や新進気鋭のアーティストが集まり切磋琢磨する、現代の音楽シーンの発火点となっている。主催イベントは『ONE WEEK WONDER』『FREE!!』『LOOSE PLAY』など。

 

オフィシャルサイトはこちら

下北沢BASEMENTBAR:pei the machinegun(ぺいちゃん)の注目アーティスト

Bambi club

2022年に結成された、田渕冬也(Vo / Gt)、小川ミロ(Dr)、まるやまりゅう(Ba)からなる高円寺発ロックンロールバンド。来年の夏も飛べなかったらくたばる魚

 

懐かしさを感じるメロディと、優しさや儚さも感じられる音楽。ライブでの熱い演奏姿は見る人をその世界に惹き込む力がある。Gt / VoとDrの2人体制だったが、Baを含めた3人体制での活動になりより一層音に厚みが出て迫力のあるライブが期待できるとても楽しみなバンド。

 

イチオシなBambi clubが〈BASEMENTBAR〉に出演します✴

Apple Musicはこちら

配信リンク

https://linkco.re/q2Vga0r1

X(旧Twitter)

https://twitter.com/Bambiclub2022

Instagram

https://www.instagram.com/bambiclub/

GIFT OF LOVE

日時

2023年10月2日(月)open 18:30 / 19:00

会場

下北沢BASEMENTBAR

出演

Newdums / Bambi club / STRAM / Daisy Jaine

価格

前売 ¥2,300( +1Drink ¥600)

チケット

各出演者、または koto.pei7@gmail.com まで

Bambi club Pre. 1st EP release party

日時

10月8日(日)open 19:00 / start 19:30

会場

東高円寺 U.F.O.CLUB

出演

Act:
Bambi club / GRASAM ANIMAL / The Winklicks

 

DJ:
Oha Yaman(KIQ) / Andre(paddy isle)

 

Shop:
cuonacuao

価格

予約 ¥2,500 / 当日 ¥2,800 +1ドリンク

チケット

各演者 または bambiclub2022@gmail.com まで

pei the machinegun(ぺいちゃん)

カメラマン・写真家として活動しています。デヴィッドボウイが大好きです。

〈BASEMENTBAR〉は下北沢の端の方にありますが、毎日音楽が鳴っていて、どの日に来ても良いイベントがある箱だと思います!一回訪れると居心地が良く、音楽だけじゃなくふらっと訪れて、その場のいろんな人達と交流できる場としても本当に大事な場所だし、とにかくいろんな出会いがある場所。

https://toos.co.jp/basementbar/

下北沢THREE:こっけの注目アーティスト

からくりごっこ

東京を中心に活動中の4人組遊園地的バブルガムロックバンド。

 

彼らと出会ってからはもうずいぶん経つんですが、今のからくりごっこが一番かっこいいです。まあ今が一番かっこいいっていうのも当たり前かもしれませんが、それを更新し続けるのって、バンドだけじゃなくても難しいことですよね。それを、なんと、彼らはやってるんですよね。

 

一番の推しポイントは、澤 亮良(歌とギター)の歌詞の世界観。

 

日本語の持つ独特のリズムを、本人自身も面白がってそれを乗りこなしていくような言葉選び。ポップな表現の中に隠れる、物事の核心をつくようなメッセージ。俺は大好きです。

 

メンバー全員が作詞作曲に携わっていて「作った人が歌う」という面白さも魅力のひとつ。フカイショウタロウ(歌とドラム)のドラムボーカルは必見です。しっかりとした演奏力に基づいた、ジェットコースター的な感覚で楽しめるライブを、ぜひあなたも体験してみませんか?

配信リンク

https://lit.link/karaqurigocco

X(旧Twitter)

https://twitter.com/karaquri_gocco

Instagram

https://www.instagram.com/karaquri_gocco/

YouTube

https://www.youtube.com/@user-ov9mz9xq2q

Tik Tok

https://www.tiktok.com/@karaquri_gocco

3 SIDES vol.2

日時

2023年9月21日(木)open 18:30 / start 19:00

会場

THREE

出演

LIVE:
The Relaxins
からくりごっこ
LOBSTER
+オーディションアーティスト

 

DJ:
星原喜一郎(New Action!)
Kensei Doi(Getting Better)

価格

一般:¥2,000 +1ドリンク

学割:¥1,500 +1ドリンク(大学生以下、要学生証)

Free for people from overseas

チケット

ticket3@toos.co.jp まで、お名前と枚数をご連絡ください

こっけ

1989年1月19日 東京都日野市生まれ
2019年までBASEMENTBARの副店長として勤務。
2021年まで下北沢HALFの店長の経験を経て、同年4月からTHREEの店長に就任。

「音楽は言語」
「音楽最高、音楽楽しい」
「バンドって合奏だから」

が最近の口癖です。

https://www.toos.co.jp/3/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
黒沼英之「Selfish」- 息苦しい時は、ただ環境が変わるのを待つだけでいいんだよ
COLUMN
【2024年3月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…