COLUMN

【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2024.02.19 Written By 柴田 真希

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」

 

京都、大阪の音楽シーンを追ってきた連載に、ついに東京編が追加されました!今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

今月の紹介者は以下の方々です。

渋谷La.mama:本莉音(もとりのん)
下北沢BASEMENTBAR:クックヨシザワ
下北沢THREE:ならほのか

渋谷La.mama:本莉音(もとりのん)の注目アーティスト

Nezumi Coo(ネズミクー)

今回紹介させていただくのは、東京を拠点に活動しているNezumi Cooです。

 

音楽性はR&B・ジャズやネオソウルの要素が繊細に組み込まれており、バラードからダンサンブルなサウンドが魅力的です。また様々なアーティストとコラボしている楽曲もそれぞれのカラーが特徴的で素敵な作品ばかりです。

 

ライブはとにかく艶やかで、落ち着きと遊び心のバランスに心酔してしてしまいます。リズム隊の安定感が心地よく、透き通った芯のある歌声が会場全体をNezumi Cooの色で包み込みます。

 

初めて生音で聴いた時は思わず立ち尽くしてしまうほど圧倒されました。その後は伸び伸びと開放感のある空気感に完全に虜になっていました。(個人的には〈BLUE NOTE〉などが好きな方にも刺さるのではないかと思います…!)

 

ライブの頻度は多くはないのですが、ぜひ機会があれば足を運んでみてください!!片手にお酒を持ちながら音に身体を預けて心地いい音楽体験を味わえること間違いなしです!!◎

X(旧Twitter)

https://x.com/coonezumi

Instagram

https://www.instagram.com/nezumicoo

本莉音

11月22日生まれ。B型。今は大学に通いつつ、渋谷La.mamaで『periwinkle』を企画しています。食べることが好きです。

下北沢BASEMENTBAR:クックヨシザワの注目アーティスト

Togoz

ロックバンドThe Flying Videotapeのボーカル、福岡トーゴによるソロ・プロジェクト。2023年よりソロ音源制作開始。作詞作曲から録音までを自宅で行い、発信する。ジャンルに縛られない幅のある表現を目指し、今日も新しい音楽を作る。

彼がまだ10代で、バンドを始める時に出会いました。その時すでにそのソングライティングの技術が完成されていることに驚いたのを今でも覚えています。

そうくるのかあ!と、思わぬ角度から飛び出る言葉やメロディーにいつもワクワクさせられます。録音の音の質感がとても心地良く、自作のこだわりを感じさせてくれます。

 

出会ってからずっと活動を応援しているのですが、最近なかなかバンドでのライブが観られない時期が続き(本人もおそらく)やきもきしていたところ、いよいよ今年から心機一転ライブ活動も再開するとのこと!

 

ということで3月20日(水祝)にオススメイベント(下記参照)では、”The Flying Videotape”のメンバーの渡米中で一時帰国中のTakuro(Ba)と”ろくようび”で活躍中の椿三期(Dr)も参加します。このメンバーでのライブを観られることがなかなかないのでぜひ観て欲しいです。

 

Togozの音楽の中へ、一緒に迷い込みましょう。

配信リンク

https://togoz.lnk.to/tangerine

X(旧Twitter)

https://twitter.com/togoz99

Instagram

https://www.instagram.com/togoz99

JINRIKI DISCO ~ Vernal Equinox Day ~

日時

2024年3月20日(水祝)open / start 18:30

会場

下北沢BASEMENTBAR

出演

【ACT】

The Dixie Trucks Band / The Gumboyz / ArTwins / Togoz

 

【DJ】

Kömu / natsuki

 

【FOOD】

crews curry spot

価格

前売り:¥2,400 / 10代:¥1,400 +1ドリンク代

クックヨシザワ

バンド”ミートザホープス”のキャプテン&ボーカルと下北沢BASEMENTBAR店長の二足の草鞋で日々を暮らす、自称サザンシモキタソウルマン。VAMOS!川崎フロンターレ!

 

https://toos.co.jp/basementbar/

下北沢THREE:ならほのかの注目アーティスト

Ewoks(イヲーク)

東京の4人組、Ewoks(イヲーク)

 

初めてライブを観た時、あまりの心地良さに言葉の紡ぎ方を忘れた記憶があります。

メンバーはそれぞれSUMMERMAN、shuto、Japanese Football、chieなどのバンドでも活動しています。

 

力の抜けた柔らかい歌声に、繊細なギターサウンドとアンサンブル。
鳥の囀りなんかも聞こえてきて、曲全体の細やかなニュアンスが際立ちます。

インテリアやファッションでも抜け感が肝と言いますが、音楽でもそうなんだなーと感じました。

 

耳に入ると聴き手の中に世界を作り出し、だんだんと色をつけていく、彩りに溢れた音楽が堪りません。かと思えば力強くエネルギッシュだったり、ストレートで親しみやすい一面もあったり、その緩急がまた良いんです。
こういうバンドが増えてほしいし、こういうバンドに出会いたいと切に思います。

 

そんな最高バンド・Ewoksですがなんと、3月17日(日)〈下北沢THREE〉で開催の『RESFEBER vol.4』に出演します。現在ライブ数は多くない印象なので、この機会に必ず観ることをおすすめします!

気になる方は是非、足を運んでみてください〜。

配信リンク

https://friendship.lnk.to/ep1

X(旧Twitter)

https://x.com/ewoks_band

Instagram

https://www.instagram.com/ewoks_band/

RESFEBER vol.4

日時

2024年3月17日(日)open 18:00 / start 18:30

出演

Ewoks / Qoodow / ラッキーオールドサン(band set)

価格

¥3,400 +1ドリンク

昼夜通しチケット:¥5,000+1ドリンク

チケット

Livepocket

ならほのか

秋田県秋田市出身。
2023年7月から〈下北沢THREE〉の制作を開始。
2024年2月から制作以外の業務も本格的に開始することになりました!
遊びに来た際には気軽に話しかけてください!

 

https://www.toos.co.jp/3/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
黒沼英之「Selfish」- 息苦しい時は、ただ環境が変わるのを待つだけでいいんだよ
COLUMN
【2024年3月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…