COLUMN

【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2022.07.27 Written By 柴田 真希

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追ってきた連載に、大阪編が追加されました!

今月も、今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です(五十音順)。

  • LIVE HOUSE Pangea 店長:吉條 壽記
  • 寺田町 Fireloop ブッキングマネージャー:安井 卓也
  • 心斎橋FANJ ブッキングマネージャー:ミブリュウヤ

LIVE HOUSE Pangea 店長:吉條 壽記の注目アーティスト

Kruglyy(クルグリ)

文学的な匂いを感じさせてくれるミドルの効いた甘く抜けてくる独特な歌声がクセになります。
それに加え疾走感のあるリズム隊とフックの効いたギターフレーズで、単にポップバンドと括るには勿体無い懐の深さを感じます。
この季節、天気の良い日はKruglyyを聴きながら小説片手に公園にでもいかがでしょうか。

Kruglyy「ガーベラ」Official Music Video

Twitter

https://twitter.com/Kruglyy_pop

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCMbzO3n9AHaGeklj3iEop8g

吉條 壽記

バンドRAZORS EDGEのドラムを叩く傍ら、2011年3月26日に心斎橋Pangeaを立ち上げ。2019年8月23日にはPangeaのキャパを一回り大きくしたライブハウスANIMAをオープン。オーナー店長という立場でありながら生涯一バンドマンでいたいと思っています。

LIVE HOUSE Pangeaでは売り上げがライブハウスの運営費なるオフィシャルグッズをオンラインストアにて販売中。

 https://pangeaosaka.thebase.in/

LIVE HOUSE PangeaのYoutubeチャンネルも開設されているので、ぜひチャンネル登録を!

 https://www.youtube.com/channel/UC9t1h2pciGIeDJg9p_JJQVQ

寺田町 Fireloop ブッキングマネージャー:安井 卓也の注目アーティスト

SALVAGE

ステージに立っている時間はもちろん、降りて煙草吸ってる姿が様になるアーティストが僕は好きで。

SALVAGEという4人組は、立ち振る舞いも音楽も全部がビシッと様になるんですよね、知ってましたか?

ガレージロック好きには堪らない、しゃがれて色気のある歌声に、ブルース・ロックンロールを感じるギターのリフが乗っかって、ドラムとベースがギュッと締めてひとつの「格好良い音楽」を鳴らしているバンドです。

RIZEやDragon Ashを聴いて育って来た世代の、音楽をひとつのジャンルに絞らない寛容な楽曲たちも彼らの魅力です。

ステージに立っている人間は格好良くないといけないっすよね!って事で今月のプッシュアーティスト、これを機に知って貰えたら幸いです。

SALVAGE「チョコレート」

Twitter

https://twitter.com/SALVAGE2021

安井 卓也

大阪環状線寺田町駅、徒歩2分の距離にあるライブハウス、寺田町Fireloopのブッキングマネージャーです。ソウルフードというバンドのベーシストでもあり、寺田町ローカルに火を灯すべく、今夜も酒を片手にミッドナイトをクルーズしています。

寺田町Fireloopではラジオ配信や、グッズ販売等を行なっています。詳細は下記ツイートよりご確認ください。

心斎橋FANJ ブッキングマネージャー:ミブリュウヤの注目アーティスト

アサモドキ

今回紹介するのが、

大阪「アサモドキ」。

長い活動休止を経て、この夏大復活を遂げる彼ら。

淡く切ない楽曲につい自分を重ねてしまう。

活動が止まっててもなお、「必ず戻ってきます」の言葉を守れる、歩き続けることができる彼らの今後に大注目です!彼らの青春も、僕の青春もまたここから動き始めます!

アサモドキ「炭酸少女」

Twitter

https://twitter.com/asamodoki

FANJ pre.「歩き続けること、FANJ夏の陣」 おかえりアサモドキ

日時

2022年8月15日(月)

open 17:30 / start 18:00

会場

心斎橋FANJ

料金

前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500

出演者

アサモドキ / 水になれば、 / less / THE HINC / Cleo

ミブリュウヤ

神戸でthe ciboというバンドもやっております。どちらかというと精神論派。頑張りたいバンドと頑張っております。宜しくお願い致します。

心斎橋FANJはドリンク代金前払いプロジェクト『SAVE THE LIVEHOUSE』に参加しています。詳細は下記URLにてご確認ください。

https://savethelivehouse.com

WRITER

RECENT POST

REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波

「波」と聞くと、始めに思い浮かぶのは海で砂浜に打ち付ける波だ。時に津波ともなり、人が及ばない程大きな…

REVIEW
kiss the gambler “ベルリンの森” – 自分の心の居場所はどこにある?

シンガー・ソングライター kiss the gamblerの音楽は自身に立ち昇った感情をただ歌にする…

COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift

DJだけでなくそこに集まった様々な「楽しい」がきっかけとなり、あらゆる人が気持ちよく過ごせる場所『G…

REVIEW
KiQ『FuU』ー多彩な仲間と共に漂着した、退屈な日々を彩るフォーク・ロック

名体不離で名詮自性。まるで気球(KiQ)が浮遊(FuU)していくような、涼しげでのんびりとした時間が…