COLUMN

【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2023.08.16 Written By 柴田 真希

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」

 

京都、大阪の音楽シーンを追ってきた連載に、ついに東京編が追加されました!今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

今月の紹介者は以下の方々です。

渋谷La.mama:本莉音
TOKIO TOKYO:ニイムラ
下北沢BASEMENTBAR:髙橋智哉
下北沢THREE:はじめちゃん

渋谷La.mama:本莉音の注目アーティスト

Salmon Pink

私がオススメしたいのは東京が拠点のバンド、Salmon Pinkです!ビートルズが好きなリオさんとエディさんが2人で結成しているバンドで、ポップでキャッチーなサウンドとツインボーカルの歌声がとても魅力的です!

 

全曲が全編英詞でありながら、私たちの心に刺さる音楽性が素敵で、音源を聴くとワクワクと胸が高鳴る気持ちになります!2人の歌声の親和性と自然と身体が揺れる音楽がもっと沢山の方々に届いてほしいなと思います!

 

ライブではリオさんとエディさんの人柄で会場全体があたたかい雰囲気に包みこまれ、見ている人を魅了します。是非、今出会ってほしいバンドです!

配信リンク

https://linktr.ee/notpinksalmon

X(旧Twitter)

https://twitter.com/notpiinksalmon

Instagram

https://instagram.com/notpinksalmon

periwinkle

日時

2023年8月16日(水)18:30 OPEN / 19:00 START

会場
出演

グソクムズ / えんぷてい / O.A)Salmon Pink

価格

ADV ¥3,500+1D / DOOR ¥4,000+D

10代無料あり(要予約)

チケット

イープラス

本莉音(もとりのん)

11月22日生まれ。B型。今は大学に通いつつ、渋谷La.mamaで制作をやらせていただいています。食べることが好きです。

ラママは色々なジャンルのイベントが開催されているので、いつ来ても新しい発見が得られると思います!またU-19制度(10代チケット代無料)を導入しているイベントもあるので、沢山活用して気軽に音楽に触れに来ていただきたいなと思います◎

 

オフィシャルサイトはこちら

TOKIO TOKYO:ニイムラの注目アーティスト

WashiFura(ワシフラ)

JAZZ / ポップス / ロック / ヒップホップなど、あらゆるジャンルからの影響を昇華した3人組バンド。キャッチ―で耳馴染みの良いメロディーは一度聴くと頭から離れず気付いたときには永遠リピート、虜になって、心を鷲掴みにされています。

 

初めて“Dance!!”を聴いたときは、さわやかなポップスのイメージが強かったのですが、ライブでは、ゴリゴリのロックサウンドを鳴らしたり、浮遊感漂うメロウな空間をも生み出します。

 

WashiFuraを一言で誰かに伝えるなら、「とりあえずライブを見て、本当に」

 

ブッカーらしからぬ紹介で畏れ多いですが、本当にライブを見てほしい。会場を後にして帰路につくとき、きっと無意識に口ずさんでいることでしょう。多くの人が脳を乗っ取られてしまいます。

 

2023年1月バンド初のシングル『Dance!!』をリリースし、1月開催バンド初の自主企画、7月開催のフロアワンマンは共にソールドアウト、TikTok では『メーデー』が 15万回再生されるなど、着実に力を付けながら早耳リスナーの中で大注目されています。

 

様々な顔を魅せていく彼らは、今後より大きなステージで、より多くの人の前で、音を鳴らしていることは間違いなしです。是非、WashiFuraをチェックしてほしいです!

X(旧Twitter)

https://twitter.com/washifura2022

Instagram

https://www.instagram.com/washifura_band/

YouTube

https://www.youtube.com/@washifura2022

TikTok

https://www.tiktok.com/@washifura

PUNCH!

日時

8月31日(火)OPEN 18:30 / START 19:00

会場

下北沢BASEMENTBAR

出演

Footchy Cooks / HOT DOG LOVE / WashiFura / 石川颯人 (Kamisado)

価格

¥2,000 (ドリンク代込み) / 高校生以下無料

ニイムラ

1998年生まれ
話題のアーティストのツーマンイベント『【溶】-YOU-』やチケット無料の『FREE!!!』、
早耳リスナーから注目度の高いアーティストが出演する『LOOSE PLAY』等のイベントを
企画する。キンミヤとハイボールと炒飯が好きです

〈TOKIO TOKYO〉は、 2021年3月〈渋谷 PARCO〉真横に新設された伴走型スマートライブハウス。内装は、ライブハウスに行ったことがない現代の音楽ファンでも足が運びやすいようグレー調のカフェ風内装となっている。設立より2年、今や新進気鋭のアーティストが集まり切磋琢磨する、現代の音楽シーンの発火点となっている。主催イベントは『ONE WEEK WONDER』『FREE!!』『LOOSE PLAY』など。

 

オフィシャルサイトはこちら

下北沢BASEMENTBAR:髙橋智哉の注目アーティスト

D.B.Inches(デッドバイインチーズ)

叫ぶように唸るギターが印象的なので初めはシューゲイザーバンドという印象を受けますが、よくよく聴いていくと楽曲のアプローチはオルタナティブロックやポストロックに近いのではないかなと思います。

 

歪んだギターや激しいドラムプレイから感じる泥臭さと深くリバーブのかかったギターによる浮遊感、堅実でありながら時にエモーショナルに動くベース、とアンバランスなようで気持ちよく噛み合ったサウンドと空気感は彼らにしか作れないものだと思います。

 

そしてそのサウンドに乗っかるミアイ(Vo.)の歌声がすごくかっこいいです。バンドサウンドの中でも埋もれずしっかりと聴こえてくるのに、ふっとどこかへ消えていってしまうような、不思議な儚さを感じます。日本語詩と英詩の曲がどちらもあり、その聴こえ方を楽しむのも面白いと思います。

 

そんな彼らは8月に1st EP『Instinct, Filter Bubble』をリリース!昨年からリリースしてきたシングルと最近のライブで披露している楽曲をまとめた6曲入り。またリリースパーティーも企画中とのことなのでSNSをチェックしてみてください。

配信リンク

https://dbic.lnk.to/ifb

X(旧Twitter)

https://twitter.com/inches_b

Instagram

https://www.instagram.com/inches_jpn/

under the lab

日時

2023年10月3日 

会場

下北沢BASEMENTBAR

出演

D.B.Inches / and more

価格

前売 / 当日 ¥2,000( +1Drink ¥600)

髙橋智哉

1998年4月15日生まれ。
オルタナティブバンドarugaのベーシストととして活動しながら、〈下北沢BASEMENTBAR〉ではブッキングを担当。アンダーグラウンドな匂いのするバンドを集めたイベント「under the lab」やポップでありつつも独自の感を貫くバンドを集めたイベント「SCREW!!!」などを企画。

https://toos.co.jp/basementbar/

下北沢THREE:はじめちゃんの注目アーティスト

Simmer Pine(シマーパイン)

Vo. ミツマサ
Ba. イブキ
Dr. アツシ
Synth. Cho. アミ
Support Gt. マム

2021年12月結成 活動拠点は東京(下北沢多め)

 

どこか靄がかったような煙たい空気感の中に浮遊感のあるサイケなギターと独特なサウンドとメロディのシンセ、タイトなベースとドラムに気怠いボーカル、この文字情報だけでもこれは絶対好みかも!と思う人もいるんじゃないでしょうか。自分で書いておいて僕もこんなプロフィールのバンドがいたらウキウキでチェックしてしまう人間の一人だと思います。

 

カナダやオーストラリアのインディーロックやサイケ、フォークなどが好きな人には絶対ピンとくるバンドです。

 

ノスタルジックでロマンチックなサウンドが好きでこだわっているポイントと語る彼らですが、さらに注目すべきは歌です。みっつーの歌のキャッチーなメロディと日本語詞なのに日本語っぽく聞こえない感じがたまらなく癖になります。

 

軽快な踊れる曲から溶けてしまいそうなくらいメロウな曲まであるSimmer Pineですがまだまだ活動は浅く曲数も多くないので、各種サブスクリプションなどでチェックの上ぜひライブに遊びに来て欲しいです!

配信リンク

https://t.co/2b2JzmUtWR

X(旧Twitter)

https://twitter.com/simmer_pine

Instagram

https://www.instagram.com/simmerpine.official/

wink

日時

8月16日(水)OPEN / START 19:00

会場

渋谷LUSH

出演

Simmer Pine / futures / DJ UP&UP

はじめちゃんpresents 最高な日!!

日時

2023年9月28日(木)OPEN 18:30 / START 19:00

会場

下北沢THREE

価格

TICKET FREE!!(2drink¥1200)+投げ銭

※投げ銭はすべて出演アーティストに還元されます

出演

GRASAM ANIMAL / すなお / Simmer Pine / and more…!

はじめちゃん

1992年9月28日生まれ、てんびん座のO型。
2015年から下北沢mona recordsで働き始めブッキングを始める。
2021年より下北沢THREEに移りブッキングを担当、ジャンルに拘らず自身が良いと思うアーティストを集め日々イベントを開催。
平日のニューカマーピックアップ的イベント『開花』、DJも交えたパーティー『BALANCE
』、特大ピックアップイベント『最高な日!!』などを企画。
自身がGt / Voを務めるバンド、三つ峠としても活動中。

https://www.toos.co.jp/3/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
黒沼英之「Selfish」- 息苦しい時は、ただ環境が変わるのを待つだけでいいんだよ
COLUMN
【2024年3月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…