COLUMN

【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2023.11.21 Written By 柴田 真希

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」

 

京都、大阪の音楽シーンを追ってきた連載に、ついに東京編が追加されました!今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

今月の紹介者は以下の方々です。

渋谷La.mama:本莉音(もとりのん)
下北沢BASEMENTBAR:片山翔太
下北沢THREE:ならほのか

渋谷La.mama:本莉音の注目アーティスト

HALLEY(ハレー)

東京を拠点に活動している早稲田大学のサークルをきっかけに結成されたバンド。
音楽性としてはR&B / ソウル、ジャズの色が強く、ブラックミュージックの要素を感じつつも現代風に昇華し独自の音楽を生み出しているなと感じます。

 

彼らのライブパフォーマンスも魅力的で、曲中や繋ぎ、一瞬一瞬に繊細なアレンジが加えられていて、遊び心がかっこよくてたまらないです。どの楽曲も音源とは一味違う雰囲気で展開されていく様子に心奪われます。

 

テヒョンさん(Vo)の自由でソウルフルな歌声と楽器隊・登山晴さん(Gt)、西山心さん(Key)、高橋継さん(Ba)、清水 直人さん(Dr)の一体感・安定感が抜群で、個々のクオリティーの高さに圧倒されます。さらに音楽に対して愛をもって楽しんでいるのが伝わってくるので、聴く度に胸が高鳴ります。音が鳴った瞬間、自然と身を任せて踊り出せる、そんな音楽です。

 

要するにHALLEYってめちゃくちゃ最高って話です。

 

私のボキャブラリーでは魅力を伝えきれないので、いち早くライブを見に行ってほしいです。きっと終わってしまうことが惜しくなるはずです。もうすぐ自主企画もあるみたいなので、ぜひ一緒にHALLEYの音楽に揺られましょう〜!

配信リンク

https://lit.link/halley

X(旧Twitter)

https://x.com/halleyellah

Instagram

https://instagram.com/halley.is.the.new.black

HALLEY presents 2-man Live with HALLEY & Friends 『Am I Dreamin’?』

日時

11月26日(日)open 18:30 / start 19:00

会場

月見ル君想フ

出演

HALLEY / HALLEY & Friends. / DJ:Judgeman, rocky nakashio.

価格

前売¥2,500 / 当日¥3,300 +ドリンク代

チケット

イープラス

本莉音(もとりのん)

11月22日生まれ。B型。今は大学に通いつつ、渋谷La.mamaで『periwinkle』を企画しています。食べることが好きです。

下北沢BASEMENTBAR:片山翔太の注目アーティスト

theトラウツ

湘南の5人組・theトラウツ。ライブをみたのがきっかけで好きになったバンドです。

 

なにせ曲がめちゃくちゃいい!今年3月にリリースされたEP『Twist And Trouts!』をさらーっと聴いていただけたら伝わるかなと思うのですが、往年のロックやポップスからの影響を色濃く感じさせながらも嫌味なくキャッチーに落とし込んでおり、このバランス感覚は天才的だなと。

 

誰もが懐かしさや親しみやすさを感じるような、気づいたら口ずさんでしまうような、そんな楽曲がずらりと並んでいます。そのうえ歌詞までいい。大好きです。

 

ライブもどんどんパワーアップしてますので、ぜひ注目してもらいたいです!

配信リンク

https://friendship.lnk.to/TwistAndTrouts

X(旧Twitter)

https://twitter.com/the_trouts_info

Instagram

https://www.instagram.com/the_trouts_info/

YouTube

https://www.youtube.com/@the9070

片山翔太

下北沢BASEMENTBARブッキング。群馬県の野外フェスMACHIFES.、exPoP!!!!!制作、FRIENDSHIP.キュレーター、DJとしても活動してます。ボードゲームが趣味です。

 

https://toos.co.jp/basementbar/

下北沢THREE:ならほのかの注目アーティスト

NALUCK(ナーラック)

名古屋発3ピースガールズバンド、NALUCK(ナーラック)。
KAWAII Cultureを掲げ名古屋からインディロックを掻き鳴らしています。

 

2023年4月に発売した2nd demo『Sweet Dreams』はアートワークからもドリーミーさがひしひしと伝わってきます。収録曲の”Sweet Dreams”はイントロのアルペジオから続くコード進行が曲の艶を引き出しているように感じます。シンプルなサウンドの中にある艶やかさとにしお あやか(Vo)の繊細かつ儚げな歌声、ローファイなサウンドから温かさやどこか懐かしさを感じられ、情景が映し出される。聴き手に感情を伝えつつ、優しく包み込むような彼女たちの音楽は日常に寄り添ってくれる、他にない魅力です。

 

ライブではそんな彼女たちの世界観に包まれながら、ダイレクトに魅力を感じることができます!一度ライブ会場で体感してみてはどうでしょうか。

配信リンク

https://www.tunecore.co.jp/artists?id=665068

X(旧Twitter)

https://twitter.com/_naluck_

Instagram

https://instagram.com/_naluck_

YouTube

https://youtube.com/@NALUCK

ならほのか

秋田県秋田市出身
普段は看護師として働きながら下北沢THREEで企画制作をしています。
学生の頃からよく来ていた下北沢THREE、とても大切な場所です。

 

https://www.toos.co.jp/3/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
黒沼英之「Selfish」- 息苦しい時は、ただ環境が変わるのを待つだけでいいんだよ
COLUMN
【2024年3月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

REPORT
【SXSW2024】再起や復活とは距離をおく、中堅バンドと継続のすごみ

毎年、アメリカのテキサス州・オースティンで行われる世界最大の音楽・映画・ITの祭典SXSW。恒例とな…

REVIEW
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代 – 加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録

加藤和彦がトノバンらしく生きた時代の記録 加藤和…

COLUMN
【2024年5月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…