COLUMN

【2024年3月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

MUSIC 2024.03.19 Written By 柴田 真希

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」

 

京都、大阪の音楽シーンを追ってきた連載に、ついに東京編が追加されました!今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

今月の紹介者は以下の方々です。

渋谷La.mama:山田安莉
下北沢BASEMENTBAR:水野駿佑
下北沢THREE:ならほのか

渋谷La.mama:山田安莉の注目アーティスト

The Shiawase

The Shiawaseは2017年9月、名古屋芸術大学の同期である仲井(Vo / Gt)、木村(Ba)により結成。ブルース、ロック、ポップなどをルーツとした仲井が生み出す楽曲は、遊び心満載なメロディと真っ直ぐな歌詞が魅力。

 

ライブではキーボード、パーカッション、コーラスなど様々なサポートメンバーを交えて、賑やかで厚みのある演奏を魅せてくれます。全員の呼吸が合った演奏、毎回新しいアレンジや即興のセッションなど、自由でパワフルなステージは見ていて凄くワクワクします。

 

初めて彼らを見た時、音楽を、ライブを心から楽しんでいるのが伝わってきて、本当に良い表情で、良いライブをしていたんです。
私の中で「音楽とはこれだ」、というひとつの答えみたいなものを見つけたような気がしました。

 

今年は関東でも更に勢力的に活動すべく、〈渋谷La.mama〉にて年間企画『めっちゃしあわせやん 2024』を開催します。
たくさんの人に、彼らの音楽と出会って欲しいです。
是非ライブに足を運んでいただけないでしょうか。
The Shiawaseが必ずあなたを幸せにします!

X(旧Twitter)

theshiawase

Instagram

@theshiawase.official

『めっちゃしあわせやん 2024 - 春編 -』

日時

4月19日(金)open 18:30 / start 19:00

会場

渋谷La.mama

出演

The Shiawase / DENIMS

価格

¥4,000 /¥4,500 +1ドリンク
学割 ¥3,000+1ドリンク(学生証ご提示でキャッシュバック!)

チケット

https://eplus.jp/sf/detail/4049380001

山田安莉

千葉県出身。『sprout』というイベントの主催です。

渋谷 La.mama 各種リンクはこちら

下北沢BASEMENTBAR:水野駿佑の注目アーティスト

wowdow

2021年夏に名古屋で結成の4人組。ポップスやロック、ファンク等の幅広いジャンルを自由自在に操る「ソフトミクスチャー・グループ」である。昨年は3枚のシングルをリリースし、初の野外フェスの出演を果たした。勢いそのまま、年明けには地上波ドラマ主題歌「ブルーステップ」を発表。今年はどんな景色を見せてくれるのだろう。とても楽しみである。

彼らはとにかく活動形態が面白い。

グッズやジャケットのデザインはソブエ(Vo)が担当し、マルモトタクミ(Vo)はフードや振る舞い酒を提供したりする。ニシオタクミ(Gt)の作る曲はとにかくメロが良い。MCではボソッとめちゃくちゃ面白いことをぶち込む。りょう(Ba / T)は毎日の筋トレにより築きあげた安定感により、楽曲の土台を支える。

 

この4人に加え、ライブやレコーディングをサポートする楽器隊、リリースや運転を手伝う数名を加えた「team wowdow」として活動している。そんな彼ら「team wowdow」、次の東京でのライブは3月28日(木)に〈下北沢BASEMENTBAR〉にて行われる『HOTEL PACIFIC』だ。幅広い音楽性と絶妙なトークによって構成されるライブを是非とも目撃してもらいたい。

 

楽曲の良さについては私が語るより読者の皆さんに聴いてもらった方が早い気がするので、オススメ曲を紹介します。(記事を書く立場として如何な物かと思うが)少しでも気になったらライブに遊びに行ってみてください。私が”最高”を保証します。

Webサイト

https://tap.bio/@wowdow

X(旧Twitter)

@_wowdow

Instagram

@wowdow

HOTEL PACIFIC

日時

2024年3月28日 open 18:30 / start 19:00

会場

下北沢BASEMENTBAR

出演

<LIVE>
アポンタイム / wowdow / KiQ / Cosmic Mauve

 

<FOOD>
bebebe

価格

前売り:¥2,900 / 10代:¥3,400 +1ドリンク代

学割 ¥1,400+1ドリンク代 ※要学生証提示

水野駿佑

下北沢BASEMENTBAR所属

名古屋にて野外イベントのブッキングを担当

主催イベント”HOTEL PACIFIC”をライブハウスや商店街にて開催

 

https://toos.co.jp/basementbar/

下北沢THREE:ならほのかの注目アーティスト

Fruits

今回紹介するのは、東京を拠点に活動中のバンド《Fruits》

 

ブラックミュージックのルーツを感じさせる雰囲気とポップな感じがちょうどよくマッチして、また曲によってはサイケデリックな一面をみせたり、レゲエっぽい雰囲気もあったり、聴いていて飽きないバンドなんです。ボーカルの深みのある抒情的な歌声と、日常を描いた歌詞がとても良いです。

キャッチーで思わず口ずさんでしまうようなフレーズやリズミカルなテンポ感で、ライブを観る人は自然と踊ってしまいます。編成にあるコンガの存在がまた、更に助長させます。ライブも積極的に行なっているようですので、要チェックです。

3月31日(日)には〈下北沢THREE〉にて、『Crimson Blue』というイベントに出演します。お時間ある方はぜひ遊びにきてくださいね。

X(旧Twitter)

@fruits_band

Instagram

fruits_jpn

Crimson Blue

日時

3月31日(日)open 11:45 / start 12:00

出演

Fruits / ササキコウジ / 湧 / コレオグラフィー

価格

¥2,000 +1ドリンク

ならほのか

秋田県秋田市出身。
2023年7月から〈下北沢THREE〉の制作を開始。
2024年2月から制作以外の業務も本格的に開始することになりました!
遊びに来た際には気軽に話しかけてください!

 

https://www.toos.co.jp/3/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
黒沼英之「Selfish」- 息苦しい時は、ただ環境が変わるのを待つだけでいいんだよ
COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…