COLUMN

【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追ってきた連載に、大阪編が追加されました!

今月も、今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です(五十音順)。

  • LIVE HOUSE Pangea 店長:吉條 壽記
  • 寺田町 Fireloop ブッキングマネージャー:安井 卓也
  • 心斎橋FANJ ブッキングマネージャー:ミブリュウヤ

LIVE HOUSE Pangea 店長:吉條 壽記の注目アーティスト

ワンダフル放送局

ワンダフル放送局
ワンダフル放送局Twitter

今回紹介するのは大阪の「ワンダフル放送局」です。

バンド名の印象通り、ポップで爽やかなロックバンドです。

青春を感じさせてくれる楽曲と、観ている人を全肯定してくれるライブは痛快です。

 

ボーカルwanくんは出会ったのは最近ですが、秘めた野心に比例して会うたびに逞しくなっていくのがほんと嬉しい。精力的にストリートでの弾き語りなども行っているということなのでぜひチェックしてみてください。

 

ハンブレッダーズなどが好きな人に今、おすすめしたいバンドです。

Twitter

https://twitter.com/wonder_ho

HP

  https://www.ultrakiteru.com/

Instagram

https://www.instagram.com/wonder_ho/

吉條 壽記

バンドRAZORS EDGEのドラムを叩く傍ら、2011年3月26日に心斎橋Pangeaを立ち上げ。2019年8月23日にはPangeaのキャパを一回り大きくしたライブハウスANIMAをオープン。オーナー店長という立場でありながら生涯一バンドマンでいたいと思っています。

LIVE HOUSE Pangeaでは売り上げがライブハウスの運営費なるオフィシャルグッズをオンラインストアにて販売中。

 https://pangeaosaka.thebase.in/

LIVE HOUSE PangeaのYoutubeチャンネルも開設されているので、ぜひチャンネル登録を!

 https://www.youtube.com/channel/UC9t1h2pciGIeDJg9p_JJQVQ

寺田町 Fireloop ブッキングマネージャー:安井 卓也の注目アーティスト

衝動革命

衝動革命 Twitter

フィードバック、轟音、切り裂く唄声。

そんな表現が良く似合うスリーピースロックバンド、衝動革命を知ってますか?

 

誰しもが当たり前のように人と接する事が出来るわけでは無くて、自分の内側と相対して戦い続けている人間にしか鳴らせない音は確かにあって、それを昨今流行りの「エモい」だの「ギターロック」だの、そんな浅い言葉で表現することは無粋だと思うのです。

 

例えば、最近復活したART-SCHOOLのような。

はたまた、関西で一世を風靡したuremaのような。

重たく、冷たく、その先にある人の本質のような彼らの混じり気ない音楽を、是非とも早く知って欲しい。

 

探して見つけて好きになったものが正義ですから、これを見つけた君やあなたは直接観に来るように!頼みます!

Twitter

 https://twitter.com/kakumeisichauyo

安井 卓也

大阪環状線寺田町駅、徒歩2分の距離にあるライブハウス、寺田町Fireloopのブッキングマネージャーです。ソウルフードというバンドのベーシストでもあり、寺田町ローカルに火を灯すべく、今夜も酒を片手にミッドナイトをクルーズしています。

寺田町Fireloopではラジオ配信や、グッズ販売等を行なっています。詳細は下記ツイートよりご確認ください。

心斎橋FANJ ブッキングマネージャー:ミブリュウヤの注目アーティスト

aiwo

aiwo Twitter

今回紹介するのは、大阪aiwo!

全ての生活に寄りそってくれる歌詞を、熱い、熱い、熱い、ライブで背中をおす、精力的なライブ活動で、少しずつ知名度をあげている彼ら!

今の世の中が求めているのはaiwoのようなバンドなのかもしれない!是非チェックを!

Twitter

https://twitter.com/aiwo__official

日時

2022年7月8日(金)

OPEN / START TBA

会場

心斎橋FANJ

出演

aiwo / Un feminine / ivory iris / 衝動革命

料金

前売り / 当日 TBA

ミブリュウヤ

神戸でthe ciboというバンドもやっております。どちらかというと精神論派。頑張りたいバンドと頑張っております。宜しくお願い致します。

心斎橋FANJはドリンク代金前払いプロジェクト『SAVE THE LIVEHOUSE』に参加しています。詳細は下記URLにてご確認ください。

https://savethelivehouse.com

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
対等な協力者たちが歴史をつむぐ。 ーー京都国際ダンスワークショップフェスティバルと京都芸術センターが行き着いたイベントを続けるための最適解

組織が何かを続けていくために必要なものはなんなのか。改めてそんなことをダンサー / 振付家の野村香子…

INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー

『アイム・スティル・ヒア』を最初に聴いた時に、筆者が真っ先に思ったキーワードは「失意からの再生」であ…

INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方

外資系レコード店のバイヤーからキャリアをスタートし、インディーズ系流通会社を経て、2006年にディス…

COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…