EVENT

ナノボロフェスタ2020

関西音楽シーンにとって欠かせない夏の祭典、ナノボロフェスタ2020が8月29日(土)と30日(日)に京都のKBSホールにて開催される。

2007年から始まったナノボロフェスタは、10月に行われる本祭、ボロフェスタの前哨戦という立ち位置だ。関西で活動するインディーバンドを中心にブッキングされ、本祭にも引けを取らない熱いライブが京都の夏を盛り上げる。例年はサーキットフェスの形態を取り、Live House nanoを中心に小規模な会場で開催されることから、演者と客の距離の近さもイベントの醍醐味だったナノボロフェスタ。今年は昨今の状況を鑑み、ソーシャルディスタンスを確保した状態でライブができるよう、ボロフェスタの会場でもあるKBSホールへと開催場所を移した。

開催発表と同時に第1弾出演アーティストも発表され、今年も特色溢れるラインナップとなっている。来場予定の方は、ナノボロフェスタ2020の新型コロナウィルス感染予防策をチェックしていただきたい。

あらゆる困難を乗り越えた先に、きっと新たなる「好き」との出会いが待っていることだろう。愛と熱がこもったブッキングには、the McFaddin、CuBerry、さとうもかなど2020年注目すべきアーティストが揃っている。今年もナノボロフェスタ、そして10月に開催を予定しているボロフェスタから目が離せない。

ナノボロフェスタ2020開催によせて

 

ナノボロフェスタは、昨年までLive House nanoを中心としたサーキットイベントとして開催してきましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況をふまえつつ、直接ライブを見てもらいたい思いがあり、今年は会場をKBSホールに移し開催いたします。

 

京都府の感染拡大予防ガイドラインを遵守し、入場数を減らし、配信はせず、ソーシャルディスタンスを保ちながらの開催となります。最大限の注意を払い運営いたしますが、多くの協力を皆様にはお願いすることになるかと思います。どうか、今出来る音楽フェスを一緒に作ってください。

 

2020年夏、KBSホールのステージから放たれる音の塊が、皆様の体にぶつかり、会場を大きな笑顔で包みます! さぁ、皆で笑いましょう。ご来場心よりお待ちしております。

 

ナノボロフェスタ2020
ミノウラヒロキ

日時

2020年8月29日(土)、30日(日)

open 11:30 / start 12:00

会場

KBSホール
〒602-8588 京都府京都市上京区上長者町 KBS京都放送会館

出演

8月29日(土)

浪漫革命、愛はズボーン、オレンジスパイニクラブ、家主、WANG GUNG BAND、河内REDS、シンガロンパレード、踊る!ディスコ室町、the McFaddin、ネムレス、佐伯誠之助、尾崎リノ、ズカイ、東京パピーズ、the seadays、アフターアワーズ、ヤマトパンク
ス(PK shampoo)、ULTRA CUB、and more…

 

8月30日(日)

KONCOS、マンチェスタースクール≡、ワッツーシゾンビ、B玉、CuBerry、さとうもか(Band set)、キーマカリーズ、浦上想起、長谷川健一、湧、くぴぽ、ピアノ男、CeeeSTee、SNJO、Laxenanchaos、YUKITERO(空きっ腹に酒)、and more…

チケット予約

券種

1日券 前売り ¥3,300 当日 ¥3,800
2日通し券 前売り ¥6,000
※2日通し券は前売りのみの販売。

※すべてドリンクチャージ別。

 

販売スケジュール

7月16日(木)12:00〜8月28日(金)23:59
プレイガイドまたはボロフェスタ公式ホームページにて受付中。

《プレイガイド》
e+イープラス https://eplus.jp/borofesta

《ホームページ予約》
http://borofesta.jp/nanoboro/nanoboro_ticket/
※当日受付でのネームリストによる精算。

※販売受付は予定枚数に達し次第終了。

お問い合わせ

電話: 075-254-1930 ( Live House nano )
メール: info@borofesta.jp

HP

ナノボロフェスタ2020

WRITER

RECENT POST

REVIEW
the Loupes – ほゝのEP
REVIEW
The Shinkos Trio – Play Chimera
REVIEW
Barbara – Where Water Comes Together
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -辛川 光 ③はじめての夏フェス編-
REVIEW
友部正人 – 大阪へやって来た
REVIEW
Age Factory – EVERYNIGHT
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -辛川 光 ②作曲編-
REVIEW
Transit My Youth – Scrap and Build
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -辛川 光 ①野球編-
REVIEW
5kai – 5kai

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…