EVENT

〈livehouse nano〉19周年記念ファイナル『LOVEFESTA2023』

19周年を迎える〈livehouse nano〉。恒例となっている周年パーティーの最終日に『LOVEFESTA2023』と称したライブが開催される。

 

パーティーというものは大抵一晩で終わる。でもnanoの周年パーティーはそうではないらしい。周年月間と呼ばれ、例年2月の下旬頃から4月初旬の約1ヶ月半にもわたって渾身のブッキングライブが連日開かれるのだ。フライヤーにはアーティスト名がびっしりと並んでおり、これほど多くの出演者がその場所の節目を冠した周年パーティーに参加していることはnanoが京都の音楽シーンを支え、広げてきたライブハウスであることを物語る。

livehouse nano 19周年月間フライヤー
引用:https://twitter.com/mogura_nano/status/1626060417461256192?s=20

周年パーティーの最終日を飾る『LOVEFESTA』、今年の出演アーティストは全9組。京都を拠点とした馴染みのメンバーだが筆者のように遠方に住んでいていては知る機会がなかったアーティストも多く出演し、地域に根ざして活動するアーティストの多さに京都のインディーシーンの層の厚さを再認識した。

 

ブッキングをしているのは店長の土龍さん。livehouse nanoのウェブページには「最終的にはバンドの味方でいたい」と表明されていて、数多く出ている彼のどのインタビューを読んでも一つひとつのブッキングに全力で向き合ってきたことが伺える。

 

その姿勢は全てのライブを配信していることからも垣間見えるだろう。たとえば京都から離れた土地にいたり現場にはなかなか足を運ばなくなったり、さまざまな理由でnanoと距離がある人々がいる。その距離に関わらずどのライブにも触れられる配信は、関係をつなぐ接点として出演者、nano、そしてシーンにとって重要な役割を果たすだろう。

 

すでに今年の周年月間は2月18日(土)からスタートしているが、最終日の『LOVEFESTA2023』まではまだ複数のライブが開催予定。いままできっかけがなかった遠方の方もこの機会に京都のシーンを覗いてみてはいかがだろうか。

INFORMATION

日時

2023年4月2日(日)

open 13:30 / start 14:00

会場

livehouse nano

出演

Lainy J Groove / nayuta / 幽体コミュニケーションズ / Amsterdamned / Ribet towns / ゆ~すほすてる / Jagg Keen / Wee Small Hours / EnnU

料金

前売り ¥2,500(+1ドリンク代別途)

ご予約

https://livehouse-nano.com/reserve1.php

WRITER

LATEST POSTS

INTERVIEW
「大阪を代表するバンドになりたい」ショーウエムラ(アフターアワーズ)が語る、地元に育てられたバンドマンとしての自負

アフターアワーズのライブを初めて観たのは2017年5月6日の『祝春一番』。〈服部緑地野外音楽堂〉の大…

REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Release Party』ライブレポート

5月17日に大阪・梅田のライブハウス〈シャングリラ〉で開催された『“ ステエションズ ” 2nd A…

REPORT
【SXSW2023】移りゆくアジアの重心と、裏庭に集う名もなき音楽ラバーたち

2年ぶりとなった昨年のSXSWに引き続き、今年も3月に2023年もオースティンでイベントを楽しむこと…

COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ

2022年4月に結成した、大阪を拠点に活動する4人組バンドoOo(オー)。結成1年余りではあるが、2…