EVENT

kott presents special party

MUSIC 2023.11.29 Written By 竹内咲良

2023年6月に京都〈CLUB METRO〉から始まった、ピアノトリオkottの1stアルバム『kott』リリースツアーが、12月19日(火)に〈京都GROWLY〉でのライブをもって、ついにファイナルを迎える。記念すべき今回は、kottと同じく京都発・同世代のインストゥルメンタルバンドであるjizue、NABOWAを迎えたスリーマンだ。

 

 

kottにとって、1stアルバムを引っ提げて駆け抜けた今年は、より特別な1年になったことだろう。さらに『FUJI ROCK FESTIVAL ’23』への出演や、Spotifyの約20万人のフォロワーがいる海外ジャズプレイリスト『Fresh Finds Jazz』に“wind sound”が選出されるなど、彼らの音楽は国内外にも響き渡った。

 

その一方で、jizueにとっても2023年は大きな躍進の年であった。今年10月からTBS系日曜劇場にて放送中の鈴木亮平主演『下剋上球児』の劇伴を担当。テレビドラマの劇伴を担当するのはバンド史上初とのこと。険しい坂道を駆け上がっていくような力強いメインテーマや球場の熱い雰囲気を彷彿とさせるような曲の数々も、このライブで聴くことができるかも!

 

NABOWAも、今年6月からnoteにて「出来立てほやほやの音源を文章とともにお届けしよう」と新企画を始動。山本啓(Violin)がかねてよりSNSで発信していた雑感のような文章と、出来立ての音源をセットで発表していくという取り組みである。また、今年はバンドだけではなくメンバーそれぞれのソロ活動も多かった。メンバーそれぞれの多才さを表現してきたNABOWAの1年間が表れる演奏にも注目だ。

出演する3組それぞれにとって、新たな挑戦も多く充実していた2023年。およそ半年間に及ぶkottのロングツアーが終わってしまうのは寂しいが、「ガッツリ忘年会も含めたスペシャルな一夜」と称するツアーファイナルは、その少し切ない気持ちをも吹き飛ばしてくれるに違いない。

kott presents special party

日程

2023年12月19日(火)open 18:00 / start 19:00

会場

京都GROWLY

出演

kott / jizue / NABOWA

料金

前売り ¥3,800 / 当日 ¥4,300(+1drink)

チケット

https://growly.net/schedule/detail.html?id=6779

WRITER

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…