EVENT

Turntable Films presents「Welcome」vol.1 with スーパーノア

MUSIC 2017.09.02 Written By 安尾 日向

京都インディーシーンの中でも、その実力と音楽性の高さで安定した評価を得ているTurntable Films

近年はメンバーそれぞれのソロでの活動も盛んな彼らが、今秋、新たな企画を始動させる。それが「Welcome」である。

Turntable Filmsが大好きなバンドをゲストとして迎え、さらにはスペシャルフードも振る舞い、いい音楽とおいしいご飯やお酒をたのしもう、という企画。なんて素敵でしょう。

その第一回目のゲストは、こちらもご存知スーパーノア。スローペースな活動ながらも、質の高い作品群で人気を博している四人組バンドである。今年6月にSIMPO RECORDSより待望の1stフルアルバム『Time』をリリース。

1stフルアルバム『Time』収録「what light」

今回の会場は黄色いライトが印象的な京都UrBANGUILD。大人なバンドたちによる、大人な箱での、愉しい音楽。多幸感に包まれるような企画になることを期待している。

日時

2017年9月23日(土)

OPEN:18:00 / START:19:00
場所
京都UrBANGUILD
 
出演
 
料金
前売り¥3,000 / 当日3,500(税込、ドリンク代別)
※当日限定スペシャルフードメニューあり
予約
Turntable Films TICKET予約、または京都Urbanguildにて受付中。

WRITER

RECENT POST

SPOT
STUDIO MONAKA
REPORT
【SXSW2018】CHAI、DYGL、Superorganismから考える、世界と日本の音楽シーン
REPORT
【SXSW2018】SXSWが開催されるオースティンってどんな街?
REPORT
【SXSW2018】未成年でもSXSWは満喫できるのか!?
INTERVIEW
只本屋・アンテナ対談。 “3つの場所” をテーマに、フリーペーパーの価値を考…
REPORT
編み物の魅力は「人とのつながり」?——映画『YARN 人生を彩る糸』レポート
REPORT
【安尾日向が見たボロフェスタ2017 / Day3】ストロベリーパンティース / yahyel / …
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day2】CARD / キュウソネコカミ / Alfred…
REPORT
【安尾日向の見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / MOROHA / テンテンコ /…
REPORT
誰でもウェルカムな最高の夜—Turntable Films presents 「Welcome」vo…
INTERVIEW
HOLIDAY! RECORDS、この夏の新デザインTシャツ完成!ボツ案含めて全部見せますインタビュ…

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…