NEWS

ラッキーオールドサンが映画『街の上で』の主題歌を含む両A面シングル『街の人 / マークⅡ』配信&7インチでリリース

MUSIC 2020.05.31 Written By 出原 真子

男女デュオ・ラッキーオールドサンが、2020年7月15日(水)に映画『街の上で』の主題歌を含む両A面シングル『街の人 / マークⅡ』を7インチでリリースすることが決定。それに先駆けて、5月27日(水)より配信を開始した。彼らは結婚、そして地元への移住を経て、2019年4月にバンド・サウンドをメインに据えたサード・アルバム『旅するギター』を発表して以来、約1年ぶりの新作となる。

『愛がなんだ』や『アイネクライネナハトムジーク』などを手がける今泉力哉監督は、かねてよりラッキーオールドサンのファンを公言しており、『街の人』はそんな今泉監督からのオファーを受け、映画『街の上で』の主題歌として書き下ろされた。映画本編の映像を今泉監督自身が再編集したMVは、下北沢の街の情景がちりばめられ、映画の空気感はそのままに本編とは違う一面も垣間見ることができる。

ナナ(Vo)が制作を手がけ、既にライブでも披露されている名曲『マークⅡ』にも注目。サポートメンバーには、the circusの楠 敦志(Ba)、渚のベートーベンズの西村中毒(Dr)、1983の高橋三太(Tp)を迎え、京都・東京の2ヶ所で録音された。ぜひ、近日の公開が予定されている映画『街の上で』とあわせてチェックしたい。

作品情報

 

 

アーティスト:ラッキーオールドサン
タイトル:『街の人 / マークⅡ』
仕様:7インチ / デジタル
発売:2020年7月15日(7インチ)
   2020年5月27日(デジタル)
価格:¥1,300(税抜)(7インチ)

 

収録曲

 

SIDE A
01.街の人
SIDE AA
02.マークⅡ

映画情報

 

映画『街の上で』(近日公開)
下北沢を舞台に紡ぐ、古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語
映画公式サイト:https://machinouede.com
出演:若葉竜也 , 穂志もえか, 古川琴音 , 萩原みのり , 中田青渚 , 成田凌(友情出演)
監督:今泉力哉
脚本:今泉力哉 , 大橋裕之
(c)『街の上で』フィルムパートナーズ

ラッキーオールドサン

 

 

ナナ(Vo)と篠原良彰(Vo / Gt)による男女二人組。二人ともに作詞/作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2014年12月にkitiより1st mini album『I’m so sorry,mom』でデビュー、2019年2月にはApple社イメージ広告『Macの向こうから』TVCMソングを担当。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。

Webサイト:https://luckyoldsun2013.tumblr.com/

Twitter:https://twitter.com/luckyoldsun_tw/>

SoundCloud:https://soundcloud.com/lucky-old-sun-1

WRITER

RECENT POST

COLUMN
MEET ONE’S LOOK – 北欧ライフスタイルマガジン a quiet day…
COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – Standart Japan &…
COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – 旅と文化をテーマにした本 …
INTERVIEW
店主の人生を味わえるレシピ。『recipe for LIFE』発起人・會澤健太さんが言葉にかける信念…
INTERVIEW
〈菓子屋のな〉の店主・名主川千恵さんに聞く、お菓子と人をつなぐ言葉の力とは
COLUMN
往生際が悪いなぁ|魔法の言葉と呪いの言葉
INTERVIEW
“心が動く”を追い求める旅。カフェ・モンタージュ 高田伸也さんが考える感性の…
SPOT
HOTOKI
SPOT
murmur coffee kyoto
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ③FUJI ROCK FESTIVAL ’18と “サ…
SPOT
Kaikado Café
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ②十二国記編-
REVIEW
いちやなぎ – naked.
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -出原真子 ①カメラ編-
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:出原 真子】Roan Yellowthorn:流麗な調べに潜むス…
REVIEW
Special Favorite Music – TWILIGHTS

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…