EVENT

MADAMADA ROOFTOP DJ PARTY

冬目前の10月、まだまだ遊び足りない気分に応えるイベント『MADAMADA』が札幌PARCOにて開催! 屋上の特設会場では、10月8日(日)、10月14日(土)、10月15日(日)の計3日間、ROOFTOP DJ PARTYが行われる。

 

初日の10月8日(日)をプロデュースするのは、オカモトレイジがキュレーションを手掛ける、グレイテスト・オブ・オール・タイムな『YAGI EXHIBITION』。出演するのは、ストリートとオタクカルチャーを融合させたパイオニア、JUN INAGAWA、昨年YAGIMADSの一員として『Boiler Room』にも出演したecec、多様な境界をクロスオーバーさせるパーティー『Nimbus』を主催するOnju、『NYLON JAPAN 19TH ANNIVERSARY PARTY』にも出演したDJデュオ、lucichi。東京のユースカルチャーの一端を肌で感じられる1日になるだろう。

 

10月14日(土)は、ライブもクラブイベントも幅広く開催する〈Sound Lab mole〉のプロデュースで、札幌が地元のBUDDHAHOUSEとPARKGOLFによる『O.O.T.C.』が開催。4年ぶりに札幌を訪れるtofubeatsと、2022年結成のtelecontraのメンバー、iichiro tayaも出演し、〈Sound Lab mole〉で過ごす楽しさを屋外に持ち出したまたとない機会になりそう。

 

そして最終日10月15日(日)は、以前からTOWER RECORDS、島村楽器とタッグを組み、同会場でのイベントを定期的に開催しているライブハウス〈PLANT〉によるプロデュース。ワンマンライブを控える札幌出身のシンガー、ざきのすけ。に、人肉アイテムでも注目を集める《CreativeDrugStore》のクルー、dooooも出演。ハッピーなバイブス溢れるchelmicoのライブも、自分を愛するパワーが湧き出るあっこゴリラのライブも楽しみだ。

 

冷たい空気が心地いい札幌PARCOの屋上で、冬が来る前に忘れられない週末をつくろう!

詳細はイベント特設HPから!

YAGI EXHIBITION presents ROOFTOP DJ PARTY

日時

2023年10月8日(日)
open&start 16:00 / close 20:00

会場

札幌PARCO屋上特設会場

出演

JUN INAGAWA / ecec / Onju / lucichi

料金

入場無料

Sound Lab mole presents ROOFTOP DJ PARTY

日時

2023年10月14日(土)
open&start 16:00 / close 20:00

会場

札幌PARCO屋上特設会場

出演

tofubeats / BUDDHAHOUSE / PARKGOLF / iichiro taya

料金

入場無料

整理券

https://t.livepocket.jp/e/mada1014

PLANT presents ROOFTOP DJ PARTY

日時

2023年10月15日(日)
open&start 16:00 / close 20:00

会場

札幌PARCO屋上特設会場

出演

chelmico / あっこゴリラ / doooo / ざきのすけ。

料金

入場無料

整理券

https://t.livepocket.jp/e/mada1015

WRITER

RECENT POST

REPORT
ワークショップ「視覚に障害のある人とめぐるKYOTOGRAPHIE」- 継ぎ目につまずき、言葉を重ね…
ART

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…