EVENT

命の渚コンサート2018

命の渚(いのちのなぎさ)コンサートとは、ブルースシンガーの栗田裕希と大阪のブルースデュオ歌屋BOOTEEのカサスリムが発起人となり、関西を中心に活動する実力派アーティストを集めた音楽フェス。2014年に発足して以来、毎年秋の恒例イベントとなっている。今年は若手ブルーグラス・カントリーバンド ”れいじーぴっかーず” が出演したり、アイリッシュなどルーツ感あふれる音楽を奏でるPirates Canoeの男性メンバーによる ”PiCas” が歌屋BOOTEEの楽曲を彩るなど、見どころも盛りだくさん。

 

テーマに掲げている言葉は、「輝き」だ。一見素朴なテーマに思えるが、このフェスの空気感を十分に示している。音楽ファンは音に目を輝かせながら、カップルはベンチに座って寄り添いながら、家族連れはブルーシートの上でお弁当を食べながら、みんな音楽を聴いている。日々命に火をともして生きている人々が、社会・時代の流れにもまれながら、たどり着く終着点のようなもの、それこそが太陽に輝く ”命の渚” なのだ。

命の渚

日時

2018年10月28日(日)開場 11:00 / 開演 11:00 / 終演  18:30

会場

服部緑地野外音楽堂

出演

TriQ(クンチョウ、篠原裕、和田八美) / The RedCastanets(AKIRA、静沢マキ、中島かつき、夢ミノル) / まえだけんた&ジ・アッシュトレイズ / FUNKY MOVE / ハニカムズ / 栗田裕希BAND / 松本誉臣 / 川中本田 / 大阪FUNKASTIC / 河野圭佑 / 歌屋BOOTEE with PiCas / Ra’con / れいじーぴっかーず / れ・みぜらぶるず / 宿六兄弟 / 村治進トリオ

料金

予約 ¥3,500 / 当日 ¥4,000

※中学生以下無料

チケット

イープラス

チケットぴあ

公式HP

命の渚コンサート

WRITER

RECENT POST

COLUMN
京酒場の音楽論
SPOT
菊しんコーヒー
INTERVIEW
日本でスウィングが流行るには – Clap Stomp Swingin’イン…
REVIEW
Teenage Fanclub – Bandwagonesque
COLUMN
【2018年8月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Swing Side / Sing Side – Clap Stomp Swingin&…
REVIEW
真夏の目撃者 – GOING UNDER GROUND
REVIEW
星の王子さまたち – Beautiful
COLUMN
【2018年1月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
立ち呑み キセノン
REVIEW
Hicoband – あお
COLUMN
【2017年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
台風クラブは「ロックンロール」か?

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…