EVENT

笑の内閣『ただしヤクザを除く』

ART PR 2019.11.20 Written By 児玉 泰地

上の画像はフライヤーの表面。写っているのは出演者であり演出も担当する髭だるマン氏。ヤクザでない。役者である。

笑の内閣の演劇作品『ただしヤクザを除く』が、11月27日(水)からTHEATRE E9 KYOTOで上演される。

笑の内閣は現代における数々の社会問題を、コメディとして上演することで風刺してきた時事ネタ劇団。 今作は2016年に初演された、「すべての国民が生まれながら持っているはずの権利が、ヤクザであるために保障されていない街を舞台に展開する人権啓発コメディ」だ。

日本では憲法第14条の通り、すべての国民に基本的人権が保証されている。しかし、関東地方を襲った台風19号では、「ホームレスの避難所への避難拒否」という事態が起こり様々な意見が飛び交った。またホームレス以外にも、公然のうちに基本的人権の埒外に置かれている人々がいるのではないだろうか。在日韓国人・朝鮮人を含む在日外国人、セクシャルマイノリティや障害者、生活保護受給者、そしてヤクザ……今作は「ヤクザと人権」および「ヤクザと排除」について問題提起を行うことで、顕在化を続ける差別について考える一つのきっかけに繋がることを願って再演される。

さて、あなたはこの作品を見て「ヤクザがピザを買う権利はない」と思うだろうか?

ストーリー

 

大手宅配ピザチェーン・ピザマッチョ広島地区エリアマネージャーの住吉は、呉署の組織犯罪対策課刑事の稲川に呼び出され、常連客である工務店への配達を断るように要請される。その工務店は表向きはカタギの建設会社であるが、ヤクザのフロント企業。ヤクザであると知りながらピザを配達すると、広島県暴力団排除条例違反になる恐れがあったのだ。 そもそもヤクザだと知らなかったし、商売としてピザを届けているだけなのに、釈然としないながらも警察には逆らえず、店に向かった住吉。しかし、そこで彼が見たものはその工務店からの注文。しかも、今日はテイクアウト。今から断ろうにも 10 分後には、ヤクザが直接取りに来る。目の前で断るのは怖過ぎるけど、注文を受ければ条例違反。 売っても地獄、断っても地獄。果たして呉店の運命は…?

笑の内閣とは

 

2005 年に京都で旗揚げ。実寸のリングで本当にプロレスをする『プロレス芝居』をしていたが、体力の限界を感じて路線転換。
現実に起こっている「ギャグのような社会のおかしさ」をあざ笑い批評するのが特徴で、これまで「福島に修学旅行に行こう」「女性差別する女性」「芸能と契約」などといった様々な社会問題・時事ネタを取り上げたコメディ芝居を創っている。風営法でダンスが規制されている問題を扱った 2013 年の作品では、来場した現職国会議員から「法案改正の説得材料のために他の議員に見せたい」と招かれ、「審議中の法案の可否を巡る芝居を永田町で公演する」という憲政史上初の快挙を成し遂げるなど、政治面は特に強さを見せている。 2019 年 2 月、前代表が京都市議会議員選挙に挑戦し、髭だるマンに代表を交代することとなった。

公演

笑の内閣『ただしヤクザを除く』

日時

2019年11月27日(水)~12月1日(日)
(全 8 ステージ)
11月27日(水)19:00
11月28日(木)19:00
11月29日(金)14:00 / 19:00
11月30日(土)13:00 / 17:30
12月1日(日)11:00 / 15:30
※受付開始は各回開演の45分前
※開場は開演の30分前

会場

THEATRE E9 KYOTO

(〒601-8013  京都府京都市南区東九条南河原町9-1 )

Google Map

出演

髭だるマン、和泉聡一郎(劇団道草)、熊谷みずほ、近藤珠理、杉田一起、田宮ヨシノリ(stereotype)、ファック ジャパン(劇団衛星)

スタッフ

脚本:高間響
演出:髭だるマン
舞台監督:玉井秀和(劇団 FAX)
照明:河口琢磨
照明操作(京都公演):御手洗幸助
音響:島﨑健史(ドキドキぼーいず)
舞台美術:岩崎靖史
フライヤーデザイン・写真:脇田友(スピカ)
制作:田中直樹(劇団ひととせ)
制作協力:吉岡ちひろ(劇団なかゆび)、齋藤秀雄(ISSO inc.)
広報協力(東京公演):月館森(露と枕 / 劇団ひととせ)
運営:葛川友理(劇団トム論 / 気持ちのいいチョップ)

料金

※税込み・全席自由席
当日 一般 3,500 円 / 25 歳以下 3,000 円
予約割 一般 3,300 円 / 25 歳以下 2,800 円
高校生以下 一律500 円

※未就学児同伴をご希望の方や、入場時に特別な配慮が必要な方は、予め笑の内閣までご連絡・ご相談ください。
※「25 歳以下・高校生以下」のチケットをご購入いただいた場合は、当日受付にて身分証のご提示をお願いいたします。

◎予約割について
公演当日の午前 0 時まで販売いたします。
※当日精算のみ

取扱

◆CoRich チケット!(インターネット予約)
https://ticket.corich.jp/apply/102741/
◆LivePocket
http://t.livepocket.jp/t/27yakuza_kyoto ※チケット原券は発行されません。チケット購入後に、LivePocket の web サイトにて表示される QR コードをご入場時に確認させていただきます。
◆THEATRE E9 KYOTO チケット窓口 https://askyoto.or.jp/e9/ticket/201919
◆笑の内閣
Mail:waraino.naikaku.ticket@gmail.com
Tel:050-6876-3174
※担当者がお電話に出られないことがあります。その場合は、折り返しご連絡いたします。
※お電話でご予約の際はメモをご用意ください。ご予約番号等をお知らせいたします。

共催

THEATER E9 KYOTO(京都公演)

提携

(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場(東京公演)
京都芸術センター制作支援事業

企画・製作・主催

笑の内閣

お問い合わせ

笑の内閣
Mail:waraino.naikaku.ticket@gmail.com
Tel:050-6876-3174
Web: https://warainonaikaku.wixsite.com/index

Twitter: @warainonaikaku
Facebook: @warainonaikaku

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 後編:ジャンルを融合させるパキスタンアーティストたち
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.6 前編:パキスタンの「文化の床」Coke Studio …
REVIEW
FNCTR – five
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ③大和郡山 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – folknia
INTERVIEW
京都みなみ会館
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ②役者でない 編-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -児玉泰地 ①靴屋のゴジラ 編-
REVIEW
谷澤ウッドストック – 無料の音楽

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…